意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「諦念」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

諦念には、諦めるという良識があります。

諦めることはよくないこととする考え方もありますが、この諦念には、その方が生きることに対して良い知恵となるという意味が含まれます。

つまり、権限に対する上を出ない心持ちであったり、欲得にからむ不正には一切手を染めない方策でもあるのです。

この諦念をわきまえさせるのに、学校では厳しい指導がありますし、人間社会ではこれを学んでいて晴れて社会人のひとりと言われます。

自分自身の欲求に従って歩いている人は、大人になりきれないアンチ社会人です。

諦念

Meaning-Book
「諦念」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!>


目次

  • 「諦念」の意味とは?
  • 「諦念」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「諦念」の言葉の使い方
  • 「諦念」を使った例文と解釈
  • 「諦念」の語源や由来
  • 「諦念」の英語
  • 「諦念」を使用した似た言葉の解釈


「諦念」の意味とは?

諦念とは、諦めることと、念じることをやめることになります。

諦めるというのは、それ以上を思うことを控えることで、必要以上の観念をもたいないことです。

必要以上の観念の中に、欲得や、それを越えたいとおもうことも含まれます。

そして、諦めることを肝要とする考え方を取り入れることで、自分が執着している何かを、取り去ることです。

  • 「諦念」の読み方

「諦念」の読み方

諦念は「ていねん」と読みます。

会社員の定年の文字とは違いますが、人生を生きるにあたって、これ以上は越えられないという領域で何かを悟ることに似ています。

定年では諦めることをよしとするなにかの領域があります。

諦念では、自分の想念を諦めるなにかの出来事を受け入れる体勢で出来上がるものです。



「諦念」の類語や言い換え・似た言葉

諦念の類義語では、「諦め」という言葉があります。

若く、まだ壮年であるうちは、なかなかこう思うことが困難です。

そして、体力にあまりあるときには、そのような諦めるということに関して、憂慮とするような雰囲気もあります。

若い段階では、それは未来に期待する力みなぎる世代とされますが、諦念ではその想念事態も、諦念すると言います。

他にも「お手上げ」などが類義語にあたります。

「諦念」の言葉の使い方

諦念の言葉の使い方は、これ以上求めてもしょうがないという、良い意味での諦念が有り、諦念を薦める場合の指導でもあります。

そして、諦念を否応なしに認めるその世界が有り、自分自身の限界を認める達者の見識でもあるのです。

諦念を思うことに、何かのきっかけがありますが、それは、未来を諦めることとは違っています。



「諦念」を使った例文と解釈

諦念を使用する例文では、諦念を想うことで、自分自身に余裕をもたせようとする良い哲学としての分野があります。

そして、諦念を迫るという相手の為をおもう世界が有ります。

自分自身の領分を守るという言い方では、諦念は自分の上に対する良識として認識されます。

つまり、諦念というのは、完璧に諦めるということではなく、自分自身の過度な欲求を諦める行為に等しいものです。

  • 「諦念」の例文1
  • 「諦念」の例文2
  • 「諦念」の例文3

「諦念」の例文1

「諦念をわきまえることで、自身の生活を考え直します」

諦念ということは、それ以上のうえがないことなのかという考え方もあるかもしれません。

しかし、諦念というものはこれ以上のうえがない状態での感想かもしれないのです。

つまり、達者となった世界で、これ以上のスタイルが想起できない状態の話です。

それは、自分の方向先を考え直すことになり、自分自身に余裕ある良識をもたせてくれます。

「諦念」の例文2

「諦念をしなくては、会社勤めなどは無理でしょう」

諦念ということは、これ以上の会社での昇格はないという意味に捉えると良いです。

これは、昇格に対する欲求という意味でも良好になります。

ただし、諦念したとしても、周囲からの評価に依って昇進することもありますので、一概に諦めたら終わりという意味でもありません。

会社づとめでの過分な欲求はあえて毒だとする理論になります。

「諦念」の例文3

「自己の反省をすることで、諦念はリラックスする観念となります」

自分の方向転換を余儀なくされる事態というのは、人生で起こりえます。

ですので、その都度の軌道修正が必要です。

これは、人生の中での運転技術と目されるやり方で、ここまで来たら、方向転換をして、自分自身への優しさへ変えようとする働きにも似ています。

諦念はがむしゃらに働いてきた生きようを、自分にも周囲にも、安定的にリラックスを与える瞬間でもあります。

「諦念」の語源や由来

諦念の語源としては、諦念を迫るという意味で、争いの現場に対し、頭を下げることを共用する場面であったろうと思われます。

これは、上位に対する礼儀としてのことでもありますし、波乱の場では、諦念することで、もっと落ち着いた生活をするようにとの指導の現場でもあります。

諦念では、叱りつけることより、本人に反省を促す作用のあることですので、自分自身の立場と限界を知るようにとの達しになります。

「諦念」の英語

諦念 meaning in english

諦念の英語は、“resignation”です。

「諦念」を使用した似た言葉の解釈

諦念を使用した言葉に、付け加えるとするなら、諦念によりどんな作用があるかを補足として説明しましょう。

つまり、人生を賭け事で奪われているひとには、諦念することによって、まともな生活ができることを促すことが可能です。

そして、諦念により精神的な作用が落ち着くのであれば、この時期を乗り越えられればという表現もセットにすると良いです。

また、諦念での自分自身や家族への配慮であるなら、がむしゃらをリセットする必要もあるのです。

  • 「諦念を考えなくては、貯金は貯まりません」
  • 「病院に入院したことで、人生の諦念を考えました」
  • 「走り続けることの中でも、一旦休養を取ることを自分への諦念としました」

「諦念を考えなくては、貯金は貯まりません」

諦念するというのは、無理な欲求を排除することです。

つまり、限界点を知っておくことが、ある種の人生に対するかしこさとなります。

これは、自分自身はどうやってもここまでだろうというあきらめです。

賭け事ではいい加減な諦めが必要ですが、それは、ちゃんとした生活のほうがお金が貯まりますよという言い方でも、ジャストフィットです。

「病院に入院したことで、人生の諦念を考えました」

病院に入院するという事態は、人生に対する執着心を捨てるという意味では、良好な見識を本人に与えてくれます。

それは、自分の限界と範囲を痛烈に認識するときです。

そこにあるのは、人並みの生活で充分であるという境地です。

諦念というのは、家族を顧みる瞬間でもあります。

そして、自分の働き方でさえ優先順位が変わってくるのです。

「走り続けることの中でも、一旦休養を取ることを自分への諦念としました」

走り続けることは重要とされます。

もし彼がトップランナーになってしまったら、それ以上の加速は必要ありません。

それは競争原理と呼ばれます。

ですので、休養と取るという言い方ができるのは、トップに達した人の発言になります。

アグレッシブな生き方に対しても、自分への優しさという観点を加えるなら、人間性を豊かにする方に、シフトするのが最良です。

icon まとめ

諦念という観点は、諦めることが悪いこととする場合もあります。

そして、諦念しなくては、やってられないという社会的な抑圧状態もあるのです。

また、本当の意味で人生に諦念することは生きている以上不可能でしょう。

諦念にはさまざまな言い方があります。

そして、それぞれのスタンスに従って、諦念の心持ちを判断すると良いのです。

自分自身に優しく生きるというのは、必要以上を求めないというレベルも有るのです。