意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「躊躇」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

躊躇とはよく使う言葉の一つです。

主に、小説や、文章中にも使うことが多いです。

普段から会話などコミュニケーションで使うことはそれほど多くはありませんが、さまざまなシーンで、この言葉を使い、戸惑う気持ちなどを表すことが多いです。

そこで、躊躇の意味や、使い方を正しく知っておられるでしょうか。

具体的な意味やその読み方についてみていきましょう。

Meaning-Book
「躊躇」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!>


目次

  • 「躊躇」の意味とは?
  • 「躊躇」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「躊躇」の言葉の使い方
  • 「躊躇」を使った例文と解釈
  • 「躊躇」の対義語
  • 「躊躇」の英語
  • 「躊躇する」と「躊躇う」の違い
  • 「躊躇」を使った言葉と解釈


「躊躇」の意味とは?

躊躇の意味は、躊躇う、ためらって行動をすることが出来ない、という意味を表します。

高い障壁があり、どうしても行動に移すことが出来ず、迷っているという意味があります。

また、決心ができず最終的にぐずぐずと揺れてしまったり、戸惑うことなどを意味しています。

ためらう、そして行動できないという意味もありますが、最終的に決心をすることが出来なかったり、決断をすることが出来ないという意味も示しています。

  • 「躊躇」の読み方

「躊躇」の読み方

躊躇に関してはとても難しい漢字になりますが、読み方は「ちゅうちょ」と読むことになります。

言葉の意味自体はとても有名ですが、漢字を見るとどういう漢字なのか、読み方を悩んでしまうこともありますので、言葉として頭に入れておく必要があります。



「躊躇」の類語や言い換え・似た言葉

躊躇の類語、言い換え方にはどのようなものがあるのでしょうか。

迷う、決断できないという意味があるのですが、どのような意味があるのか知っておきたいものです。

そこで、類語や、言い換えることが出来る言葉などを具体的にみていきましょう。

  • 「戸惑う」
  • 「先延ばしにする」
  • 「二の足を踏む」

「戸惑う」

戸惑うは、躊躇とほとんど同じ意味があります。

戸惑うは、何かに悩んでしまっていたり、魔導という意味があります。

このため、躊躇という意味があります。

しかし、戸惑うの場合には、躊躇とは違い、とにかく考えを巡らせているという意味合いがあります。

躊躇のほうが行動をすることができず、決心できない意味が大きいです。

「先延ばしにする」

戸惑うは、決定をすることが出来ず揺らぐ気持ちや、またしっかりと決断できないという意味があります。

従って、「先延ばしにする」という意味が大きいです。

このため、言い換えることも出来ます。

しかし、躊躇とは違い、先延ばしは、あまり悩んでおらず、あえて先送りするという意味もありますので、シーンによって使い分けることが大切となります。

「二の足を踏む」

二の足を踏むというのは、行動に実際に移せずに戸惑っているという様を表します。

何かをすることに対して、優柔不断な気持ちを持っていて、行動が出来ないということになります。

躊躇と似ていますが、こちらはやる前に慎重に考えるという意味合いも持っているので、少々意味が異なるので、使い分けるように心がけましょう。

「躊躇」の言葉の使い方

躊躇の言葉の使い方にはどのような言葉があるのでしょうか。

躊躇の言葉の使い方についての基本ですが、躊躇という言葉は、基本的には、ためらうという意味があります。

従って、何かの行動をする際に、使いますので、文章にもそれらの行動に関することが記載されています。

たとえば、「話しかけることを躊躇する」という風な形で使うことになります。

基本的には戸惑うという意味がありますので、物に対して使うことはありません。

人間が何か行動を起こす際に使われることになります。



「躊躇」を使った例文と解釈

「躊躇」を使った例文にはどういったものがあるのでしょうか。

具体的にみていきましょう。

  • 「躊躇」の例文1
  • 「躊躇」の例文2
  • 「躊躇」の例文3

「躊躇」の例文1

「行動を起こすことに躊躇する」

行動を起こすことにためらいや戸惑いがあり、決断をすることが出来ないというさまをいいます。

行動することにためらっているため、解決のしようがありません。

いくつかの行動を起こそうとしていますが、迷ったり優柔不断な態度をとっているという意味で使われます。

「躊躇」の例文2

「躊躇することを止めよう」

このように、行動を躊躇している方がいたり、躊躇している人に対して、それを止めようという文章にも当てはめることが出来ます。

戸惑ったり、結論を出すことが出来ない人に対して、それを辞めよう、決断をしようという形で、このような働きかけをすることは多いです。

「躊躇」の例文3

「話しかけることに躊躇する」

誰かにコミュニケーションを取ったり、話しかけることに対して、躊躇するという意味合いで使います。

行動だけではなくて、話したり、会話をする際に躊躇するという意味でも使うことになります。

自分よりも偉い立場の人や、初対面の方に話しかけることを戸惑うという形で使うことも多いです。

決心が鈍り、戸惑っているという意味を指します。

「躊躇」の対義語

躊躇とは、決断を出来ずに悩むことだったり、決心を付けることが出来ないという意味合いがあります。

このため、躊躇の対義語は「決断」となります。

躊躇をする反対の意味は決断であり、決断をしっかりとするという意味がまったくの反対になります。

躊躇は決断できないという意味合いが最も大きいのです。

この反対語は覚えておくようにしましょう。

「躊躇」の英語

躊躇の英語はどのように使うのか気になるところです。

躊躇の英語に対してですが、基本的には“hesitation”という単語を使うことになります。

これには「不決断」という意味合いがあります。

もう一つの英語についてですが、これは、“indecision”となります。

これは躊躇するという意味があります。

「躊躇する」と「躊躇う」の違い

躊躇するという言葉と、躊躇うという言葉は漢字もほとんど同じですので、迷ってしまうことも多いと言えるでしょう。

ほとんど意味なども同じになりますが、躊躇するという言葉は、あまり会話では使うことはありません。

一方で「躊躇う」という言葉は会話など話し言葉で使うことが多いです。

〜することを躊躇うという会話口調で使うことも多いので、この点での違いになります。

同じ意味合いですが、会話言葉と会話言葉で使わないという意味合いがありますので、注意をしましょう。

「躊躇」を使った言葉と解釈

躊躇を使った言葉にはいくつもの言葉があります。

躊躇という言葉に何かを組み合せることで少々異なった意味になりますので、これらを覚えておきましょう。

  • 「一刻の躊躇も」
  • 「思わず躊躇」
  • 「躊躇逡巡」

「一刻の躊躇も」

躊躇という言葉を使う時に「一刻の躊躇も許さない」という意味で使うことになります。

これはどういった意味なのかというと、躊躇は躊躇う意味ですが、少しでも躊躇うことを許されない、また時間に追われているというさまを表します。

従って、躊躇う時間は許されていないという意味で使います。

「思わず躊躇」

これは、躊躇しようと思っておらず、すぐに行動に移せるだろうと予測していたのが、思ってもみず、ある事情によって決心が鈍ってしまうことを指します。

「躊躇逡巡」

これは四字熟語の一つとなっています。

決心がつかず、ためらってぐずぐずするということを指しますが、「躊躇」はためらう、「逡巡」はしり込みする意味があり、より一層これが強調されていることを示しています。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

躊躇にはこういった躊躇うという意味がありますが、いくつかの言葉もあります。

会話言葉で使われることはあまりありませんが、躊躇うという言葉で使うことになります。

似たような言葉もあり、組み合わせの方法だったり、使い方についても気をつけるようにしておきましょう。