意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「スキーム」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

カタカナ語のひとつ「スキーム」の意味や類語を紹介します。

さらに「スキーム」の使い方や「スキーム」という言葉を使った例文を紹介して行きます。

スキーム

Meaning-Book
「スキーム」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!>


目次

  • 「スキーム」の意味とは?
  • 「スキーム」の悪い意味
  • 「スキーム」の言葉の使い方
  • 「スキーム」を使った例文
  • スキームを使った言葉や意味を解釈


「スキーム」の意味とは?

「スキーム」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

会社などに勤めている人は、「最近、良く聞く」という感想を持っている人もいるかもしれません。

とはいえ、「どのような意味か?」と聞かれたら、返答に困る人も多いでしょう。

このようにビジネスシーンなどで頻繁に使われる「スキーム」は、聞いたことがあるものの、意味や使い方が良く分からないカタカナ語の代表的なもののひとつです。

そこで、知っておきたいカタカナ語「スキーム」の意味を紹介します。

  • 「スキーム」の英語表記
  • 「スキーム」の意味

「スキーム」の英語表記

「スキーム」は英語表記にすると、“scheme”となります。

英語の“scheme”の意味は「枠組みがある計画」「計画の枠組み」などという意味があります。

まずは「スキーム」は英語がもとになって作られたカタカナ語で、英語の“scheme”にも似たような意味があるという事を知っておきましょう。

「スキーム」の意味

カタカナ語としての「スキーム」も似たような意味があります。

「計画」「基本計画」「基本構想」などを「スキーム」と読んだり、「ビジネスモデル」という意味で「ビジネススキーム」という言葉を使ったりします。

また「仕組み」という意味で、「スキーム」という言葉を使う事もあります。

「ビジネススキーム」「事業計画」という意味で使われたり、「ビジネスモデル」という意味で使われたりします。

「計画」「モデル」「方法」「仕組み」「枠組み」など、様々な意味が含まれる「スキーム」は、便利な言葉ですが、それぞれの言葉の意味を読み取るのが難しい言葉と言えそうです。



「スキーム」の悪い意味

「スキーム」は日本では、「計画」「モデル」「枠組み」など、様々な場面で使われる言葉で、基本的にポジティブな意味で使われています。

ただし海外では、「悪だくみ」「謀略」「陰謀」などの悪い意味で使われる事が多いようです。

例えば「ねずみ講」という法律に触れるようなビジネスモデルを、「スキーム」と呼んだりします。

このような事実を知っておけば、海外で仕事をする時に、安易に「スキーム」という言葉を使わずに済みます。

あくまで「スキーム」は、カタカナ語として、日本国内でだけ使うようにしましょう。

「スキーム」の言葉の使い方

「スキーム」には計画や枠組み、ビジネスモデルなどの意味があります。

事業計画や、ビジネスモデルの説明をしたい時、あるいは計画を提出する時などに、「スキーム」という言葉を使ってみましょう。

また「スキーム」には「プラン」「フレーム」などのカタカナ語よりも、使う側の覚悟がある、継続的して行こうという意思があるという意味が含まれています。

単なる「事業プラン」よりも、「事業スキーム」という言葉を使った方が、同僚や取引先の相手に「本気さ」を感じさせる事ができます。

そこでここぞという事業計画やビジネスモデルを提示したいと思った時に、「スキーム」という言葉を使いましょう。



「スキーム」を使った例文

次に「スキーム」を使った例文を紹介します。

含まれる意味が多い「スキーム」はどのような場面で使えばよいか分かりにくいと思います。

「スキーム」を使った例文を見て、「スキーム」の言葉の意味や使い方を知りましょう。

  • 「スキーム」の例文1
  • 「スキーム」の例文2

「スキーム」の例文1

ビジネスシーンで「スキーム」を使った例文を見て行きましょう。

「計画」「モデル」「枠組み」などの意味で「スキーム」という言葉が使われています。

「取引先に提出する『スキーム』を作りましょう。今から始めないと打ち合わせの期日に間に合わなくなってしまいます」とか、「考え抜いた『スキーム』ですので、今度のプレゼンは自信があります」などです。

また「新しい『スキーム』を用意しないと、現在の事業が破たんしてしまいます」「この『スキーム』なら、永続的に利益を得る事が可能です」などという感じです。

「計画」「枠組み」「仕組み」などはすべて「スキーム」という言葉を使う事ができます。

「スキーム」の例文2

政治家が使うような、大きな場面で使う「スキーム」を見て行きましょう。

「国が保有する『スキーム』は、他の国でも利用可能なはずだ。今後発展が見込まれる国々に、わが国の『スキーム』を紹介しよう」とか、「A国が発案した発電『スキーム』は、電気が届いていない地域に恩恵をもたらす。ぜひ導入すべきだ」「世界で最も優秀なビジネス『スキーム』を採用すれば、長く続いている不景気も解消できるはずだ」という感じです。

「計画」「枠組み」という意味で「スキーム」を使えば、その規模が大きくなったとしても問題なく使う事ができます。

スキームを使った言葉や意味を解釈

「スキーム」はその他の言葉と組み合わせて使われる事が多くなっています。

その代表的な言葉をいくつか見て行きましょう。

どのように「スキーム」という言葉を使えば良いのかが、理解しやすくなるかもしれません。

  • 「事業スキーム」
  • 「作業スキーム」
  • 「カラースキーム」

「事業スキーム」

「スキーム」という言葉を使った複合的な言葉として、代表的なのが「事業スキーム」です。

「事業」に関する「計画」を意味する言葉で、「事業計画」という言葉に置き換える事ができます。

企業などが「事業スキーム」という言葉を使う事が多く、今後も継続的に計画を実行するという意思が強い時に、「事業スキーム」という言葉が採用されやすい傾向があります。

「作業スキーム」

「作業スキーム」という言葉も、ビジネスシーンで良く使われます。

企業内の作業の効率化を図るための「枠組み」という意味で使われる事が多くなっています。

タスク管理の方法や、パソコンで使用するビジネスツールの使い方、関係者への連絡方法などが「作業スキーム」に使用されています。

人の入れ替わりが激しい、バイトの仕事の仕方などにも、「作業スキーム」という言葉が使われる事があります。

新卒社員として会社で働き始めた人などが、見る機会が多いかもしれません。

「課金スキーム」 「課金スキーム」という言葉も一般的に使われています。

例えばフランチャイズ事業などは、ビジネスモデルや課金モデルを、個人事業主に売ったり、レンタルする事で成り立っている事業です。

フランチャイズの事業主が新しいオーナーに、どのような仕組みでお金儲けができるかを説明したり、あるいは本部にお金を収める必要性について説明をする時などに、「課金スキーム」をまとめた小冊子などを渡す事があります。

「カラースキーム」

「カラースキーム」という言葉もあります。

これはウェブ上のホームページなどを設計する時の「色設計」という意味があります。

例えば様々な商品を扱うサイトがありますが、扱う商品によって配色の設計を変えて行く必要があります。

飲食物を扱うなら、消費者が安心できるホームページの「カラースキーム」が必要になりますし、エステなどの高級なイメージが欲しいホームページにも、独自の「カラースキーム」が必要になるからです。

このような色に関する専門的な知識を「カラースキーム」と呼びます。

icon まとめ

「スキーム」は、使用範囲が広い言葉ですが、ハッキリとした意味が分かりにくい言葉です。

そのため「スキーム」という言葉が使われている文章を読み、文脈から「スキーム」の意味を探るのが良いでしょう。

「スキーム」には「計画」「枠組み」「設計」などの様々な意味がありますが、主に「お金に関する仕組み」という意味だと覚えておくと良さそうです。