意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「オリエンテーション」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

「オリエンテーション」の意味や類語を紹介します。

さらに「オリエンテーション」という言葉の使い方や例文を紹介して行きます。

オリエンテーション

Meaning-Book
「オリエンテーション」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!>


目次

  • 「オリエンテーション」の意味とは?
  • 「オリエンテーリング」との違い
  • 「オリエンテーション」と似た意味の言葉
  • 「オリエンテーション」を使った例文
  • 「オリエンテーションの」具体例や目的


「オリエンテーション」の意味とは?

「オリエンテーション」という言葉は、ほとんどの人が聞いたことがあると思います。

学校に入学する時、会社に入社した時に、「オリエンテーション」が開かれるからです。

そのため何となく「オリエンテーション」のイメージがあるものの、具体的に言葉の意味を説明しろと言われれば、難しい言葉かもしれません。

そんなみんなが知っているけれど、説明をするのが難しい「オリエンテーション」の意味を紹介します。

  • 「オリエンテーション」の英語表現
  • 「オリエンテーション」の意味

「オリエンテーション」の英語表現

「オリエンテーション」は英語表記すると、“Orientation”となります。

英語で“Orientation”と言った場合、適応や順応という意味があります。

カタカナ語としての「オリエンテーション」にも、学校や会社に入った直後に「適応や順応を目指す」という意味があります。

まずは、英語にも「オリエンテーション」という言葉があるという事を知っておきましょう。

「オリエンテーション」の意味

「オリエンテーション」にはどのような意味があるのでしょうか。

まず、「仕事や勉強の最初に、およその展望を与える」という意味があります。

「方向性を示す」という言葉に言い換える事ができるかもしれません。

さらに「進路や方針などを定められるようにする」という意味もあります。

こちらは新入生や新入社員が「方向付け」ができるように導いてあげるという意味になります。

このように「オリエンテーション」には、入学した学校や、入社した会社での方向付けに役立つ情報を与えるイベント、という意味があります。

これから自分が学校でどのように成長していくのか、会社でどのように努力をして成長するのかを決めるためのヒントが、「オリエンテーション」で与えられます。



「オリエンテーリング」との違い

「オリエンテーション」という言葉は、「オリエンテーリング」という、似た言葉と混同されてしまいがちです。

そこで「オリエンテーリング」との違いに注目してみましょう。

「オリエンテーリング」とは、スポーツのひとつです。

コンパスや地図を渡されて、目印を探しながら山や川沿いの道などを歩きゴールを目指します。

日本ではリクリエーションの意味合いが強いですが、世界的にはスポーツとして認知されています。

「アドベンチャーレース」などと呼ばれて、極寒のエリアを三日三晩寝ないで駆け抜けるような過酷な「オリエンテーリング」もあります。

つまり「オリエンテーション」「オリエンテーリング」は全くの別物です。

ただし「オリエンテーション」の一環で、「オリエンテーリング」が行われる事があるので、その場合はややこしいかもしれません。

「オリエンテーション」と似た意味の言葉

次に「オリエンテーション」と似た意味の言葉を紹介します。

「オリエンテーション」のような、新しい場所での方向付けに役立つ言葉が登場します。

  • 「ガイダンス」
  • 「説明会」

「ガイダンス」

「オリエンテーション」と並ぶように登場する、似た意味の言葉が「ガイダンス」です。

「ガイダンス」とは、教育上の指導や、就職のための助言を与えられる場所という意味です。

入学時の説明会も「ガイダンス」と呼ばれるので、「オリエンテーション」との違いが分かりにくいかもしれません。

「ガイダンス」の方が初歩的な内容を教えてくれるイベントなので、もし二つのイベントが同時期に開催されるなら、「ガイダンス」「オリエンテーション」という順番で開催されると覚えておくと良いでしょう。

「説明会」

「オリエンテーション」「ガイダンス」を分かりやすい日本語にすると、「説明会」になるかもしれません。

特に「ガイダンス」「説明会」に言い換えやすい言葉です。

新入生や新入社員が知らない事を教えてくれるイベントといういみがあります。



「オリエンテーション」を使った例文

次に「オリエンテーション」を使った文章を見て行きましょう。

「オリエンテーション」という言葉を、どのように文章に組み込めばいいのかを紹介します。

  • 「オリエンテーションの例文1
  • 「オリエンテーションの例文2

「オリエンテーションの例文1

まずは学校に入学した時の、「オリエンテーション」を使った例文です。

「念願の高校に入学する事ができた。初日に『オリエンテーション』があり、学校の歴史を知る事ができた」「入学初日は『オリエンテーション』に参加した。この学校の一員になれたのだという実感がわいた」「『オリエンテーション』で、同級生と初対面した。これから仲良くなれるかどうか心配だ」という感じです。

学校に入学した後、始業式の前などに、「オリエンテーション」が開催されるケースが多いでしょう。

右も左もわからずに、ドキドキした経験と共に、「オリエンテーション」に参加した事を覚えている人も多いかもしれません。

「オリエンテーションの例文2

次に会社に新入社員として入社した時に開かれる、「オリエンテーション」を使った例文です。

「入社してすぐに『オリエンテーション』に参加した。改めて会社の歴史を知り、身が引き締まるような気持ちになった」「入社後の『オリエンテーション』で、同期と挨拶をした。これから切磋琢磨して一人前のビジネスマンになりたいと思う」「最初は『オリエンテーション』に参加をする事を、気が重いと思っていたが、途中から楽しくなった」という感じです。

同期社員との出会い、そして「オリエンテーション」を通じて少し仲良くなれたりすると、とても救われる気持ちになります。

こちらの「オリエンテーション」も、忘れられない思い出になっているかもしれません。

「オリエンテーションの」具体例や目的

最後に「オリエンテーション」で具体的に何をしているのか、「オリエンテーション」の目的は何かなどを見て行きましょう。

仕事編と学校編を紹介します。

  • 仕事編
  • 学校編

仕事編

新入社員は、入社してすぐに「入社オリエンテーション」に参加する事になります。

会社の歴史や概要についての説明が行われ、人事制度について、給料体系についてなどの説明があります。

またトラブルが起こった時の身の処し方なども、「オリエンテーション」を通じて教えてもらう事ができます。

さらに「同期社員との顔合わせ」という目的も「入社オリエンテーション」にはあります。

研修後に別の部署に配属される事になりますが、「オリエンテーション」あるため、「同期社員」という思いが強くなります。

学校編

高校や大学に入学した直後には「新入生オリエンテーション」が開かれます。

「建学の精神を知る」「同級生と仲良くなる」などの目的で開催されます。

建学の精神は用意されたビデオなどを見て学び、さらに教室や施設の使い方なども学びます。

さらにクラスの同級生が協力してゲームをするなどして、仲良くなる事を目指して行きます。

「オリエンテーション」をした後、スムーズに学園生活に入れるよう、自分が通っている学校に誇りを持てるようにする事が、「オリエンテーション」の狙いとなります。

icon まとめ

「オリエンテーション」という言葉の意味や使い方を、あらためて知る事ができたのではないでしょうか。

学校や会社に入って直後に行われるため、記憶に残らないくらいドキドキするイベントですが、何となく懐かしく、楽しかった思い出になっているかもしれません。

すでに会社員として活躍されている方は、今後は「オリエンテーション」を開催する側や協力する側になるかもしれません。