意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「謙虚」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

謙虚という言葉はよく使われることが多いです。

謙虚という言葉についてですが、日本では褒め言葉として使われることが多く、かなりポジティブな意味となっています。

特に日本国内では、謙虚さが好かれるというところもあり、この言葉が活用されることは多いです。

謙虚という言葉は、さまざまなシーンで使われますが、人を評価する際に使うことが近年では増えていると言えるでしょう。

そこで、謙虚の正しい意味や、その使い方についてみていきましょう。

Meaning-Book
「謙虚」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!>


目次

  • 「謙虚」の意味とは?
  • 「謙虚」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「謙虚」の言葉の使い方
  • 「謙虚」を使った例文と解釈
  • 「謙虚」の対義語
  • 「謙虚」の英語
  • 「謙虚」を使用した言葉・使っているサービス・小説の解釈


「謙虚」の意味とは?

謙虚にはどのような意味があるのでしょうか。

まず謙虚は、自分を偉いものと思わず、すなおに他の人だったり、他の事柄から学ぶ気持があること。

という意味合いがあります。

しかし、それ以外にも、最近では、偉そうにしないというその態度そのものをこのような謙虚な態度という形を意味して使うこともあります。

また、自分を大きく見せず、常に低姿勢であるということをこの謙虚という言葉で表現することも多く、従来の意味よりも幅広く使われることが増えてきていると言えるでしょう。

また、控えめで慎ましい態度なども指します。

日本ではこの謙虚は素晴らしいということで評価されることも多いのです。

  • 「謙虚」の読み方

「謙虚」の読み方

「謙虚」の読み方ですが、こちらは「けんきょ」という読み方になっています。

少々難しい言葉ですが、言葉そのものは、とても有名ですので、間違えて読むことはそれほどありません。

ただし漢字を書く際には難しい漢字になりますので、間違えないようにしましょう。

また、謙遜とは似ていますが、読み方は「けんそん」と異なりますので、注意をしましょう。



「謙虚」の類語や言い換え・似た言葉

謙虚という言葉は控えめで、偉そうにしないというような意味合いがありますが、類語や似た言葉、言い換えられる言葉にはどういったものがあるのでしょうか。

具体的にみていきましょう。

  • 「謙遜」
  • 「慎ましい」
  • 「低姿勢」

「謙遜」

謙虚の類語として、「謙遜」があります。

これは、主に、自らをへりくだることという意味合いがあります。

謙虚と同様に使われることが多く、慎ましく、控えめである様子などをみて、謙遜した態度という風に態度を示す際に使われることになります。

しかし、謙虚とは異なり、謙遜の場合は、その場の状況や言葉に謙遜するという使い方もあります。

常に謙遜しているという形では使わないので、シチュエーションに合わせて使うようにしましょう。

「慎ましい」

こちらの慎ましいは、謙虚さがにじみ出ていたり、慎ましやか、柔らかという意味合いで使われます。

また、控えめなさまなども指しています。

謙虚な人というのは控えめで柔らかな印象がありますので、この慎ましいという言葉と置き換えることが出来ます。

謙虚は、言葉や態度などもそうですが、性格を表しますが、慎ましいは主に態度などを示すことが多いと言えるでしょう。

「低姿勢」

低姿勢とは腰が低いという意味があります。

誰を相手にしても物腰が低く、偉そうにしたり、上から目線になることがないというさまを示しています。

相手の立場で態度を変えるような真似をしないという姿勢を示しています。

この低姿勢は、謙虚と類語であり、同様に態度ということで、言い換えることも可能となっています。

「謙虚」の言葉の使い方

謙虚の言葉の使い方ですが、主に謙虚は人に対して使うことになります。

「謙虚な人である」だとか「謙虚な態度である」と、人だったり、その態度、対応について使うことになります。

つまり、前部分に人や、態度などを追加することが一般的です。

しかし、一方で、謙虚という言葉については、事象や、ものにたいして使うことはありません。

謙虚な天気であるというような言い方はせず、あくまでも人に対して使うことが特徴となっています。

また、基本的には人を評価する言葉でもありますので、自分自身に「自分は謙虚である」という使い方をすることは間違った使い方であり、誤解が生じることもあります。

しかし、「謙虚な姿勢が必要である」と反省をする使い方なら使うことは多いです。



「謙虚」を使った例文と解釈

  • 「謙虚」の例文1
  • 「謙虚」の例文2
  • 「謙虚」の例文3

「謙虚」の例文1

「彼女は素晴らしい人物であるにもかかわらず、非常に謙虚な人だ」

彼女は謙虚な人だと人に対して使っているのと同時に、彼女は非常に素晴らしい人物であるけれど、偉そうに振る舞うことはなく慎ましやかであることを示しています。

このように、素晴らしい人物だけれど、上から目線にならないような対応について謙虚を使うことが多いです。

「謙虚」の例文2

「もう少し謙虚な姿勢が必要である」

謙虚は、このように謙虚な○○という形で、使うことも多く、姿勢や態度などを指摘する場合にも、使います。

誰かの態度や姿勢について述べる際に使いますが、自分自身にもこれは使うことが可能となっています。

「謙虚」の例文3

「謙虚さが何事も大切である」

謙虚という言葉は、謙虚な人、謙虚な態度という意味合いの他にも、「謙虚さ」という言葉で使うことがあります。

これは、謙虚な姿勢で生きていたり、謙虚な態度で望むことなどを謙虚さという形で表します。

謙虚さが大切、謙虚さが重要だという風に一つの目標として使われることが多いです。

「謙虚」の対義語

謙虚の対義語ですが、いくつかの対義語が存在します。

まずは「高慢」です。

高慢は、謙虚の対義語であり、非常に偉そうで、自信に満ち溢れており、上から物を言うさまを表しています。

また、態度が大きく、無遠慮であるという「横柄」なども対義語の一つとして、知られています。

また、同じように「傲慢」なども謙虚の対義語です。

いくつかの対義語がありますので、注意をしましょう。

「謙虚」の英語

謙虚を英語で言い表す場合には、形式的に、“Humility”という言葉を使うことが多いです。

また“unassumingly”という表現で使うこともあります。

いくつかの英語表現がありますので、注意をして使うようにしましょう。

「謙虚」を使用した言葉・使っているサービス・小説の解釈

謙虚を使用した言葉にはどのような言葉があるのでしょうか。

具体的に知っておく必要があります。

謙虚を使用した言葉には、いくつかの言葉がありますが、その意味を正しく知っておきましょう。

  • 謙虚な人
  • 謙虚すぎる
  • 謙虚、堅実をモットーに生きております![小説]

謙虚な人

謙虚な人は、謙虚さを常に忘れない人という解釈で良いでしょう。

謙虚な態度を心がけていて、謙虚な姿勢が見えたという意味ではなく、常日頃から謙虚で、それを忘れない人であるという意味合いで使われることが多いです。

低姿勢で、控えめな性格の人という意味で使われています。

謙虚すぎる

謙虚すぎるというのは、低姿勢すぎるだとか、自分の評価よりもへりくだりすぎているという意味を表しています。

謙虚すぎるというのは少々行き過ぎた謙虚さであることも示しており、使い方には要注意が必要となります。

謙虚、堅実をモットーに生きております![小説]

これは、自分自身に謙虚であること、堅実であることをモットーにして生きていることを表しています。

謙虚と堅実というのはセットで使われることも多いです。

謙虚というのは日本人に好かれる姿勢ですが、堅実も日本人に好かれる態度であり、性質です。

謙虚で堅実というと、日本人のあるべき姿ということで、これを目標に掲げている人は非常に多いと言えるでしょう。

icon まとめ

謙虚という言葉は、使われることが多いですが、主に低姿勢の人、慎ましい人に使われることも多く、態度や、目標として掲げる人も多いです。

知識として知っておきましょう。