意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「アイキャッチ」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

「アイキャッチ」の意味や類語を紹介します。

さらに「アイキャッチ」の使い方や「アイキャッチ」を使った例文を紹介して行きます。

アイキャッチ

Meaning-Book
「アイキャッチ」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!>


目次

  • 「アイキャッチ」の意味とは?
  • 「アイキャッチ」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「アイキャッチ」の言葉の使い方
  • 「アイキャッチ」を使った例文
  • 「アイキャッチ」と「サムネイル」の違い
  • 「アイキャッチ」を使った言葉と解釈


「アイキャッチ」の意味とは?

「アイキャッチ」という言葉を知っているでしょうか。

ほとんど聞いたことがないという人の方が多いかもしれません。

「アイキャッチ」はIT文化が広まるにつれて一般的になった言葉です。

そのためネット関連の情報に詳しい人や、仕事にしている人は、「アイキャッチ」という言葉が身近かもしれません。

そこで、これから社会人になる人、IT系の道に進みたい人は知っておきたい、「アイキャッチ」の意味や使い方を紹介します。

  • 「アイキャッチ」の意味
  • 「アイキャッチ」の効果

「アイキャッチ」の意味

「アイキャッチ」にはどのような意味があるでしょうか。

比較的新しいカタカナ語なので、知らないという人が多いと思います。

「アイキャッチ」は、英語表記だと“eyecatch”となります。

直訳すると「目を捕まえる」という意味で、「目を引く」「目を奪う」という意味があります。

テレビ番組のCMやネットの画面などに、「目を引く映像」「目を奪うような動画」を挿入する事を「アイキャッチ」を入れるといいます。

「アイキャッチ」の効果

「アイキャッチ」は、テレビ番組やネット動画、ネットニュースなどで、「とにかく視聴者の目を引く」「興味を繋ぐ」ために作られた動画や映像、イラストなどの事を指します。

作品を作る人は、「良い作品を作る事」を目指しますが、広告を担当する人は、「その作品をどうやって見てもらうか」を考えます。

「アイキャッチ」は、視聴者に注目してもらうために、欠かさない素材です。

そのためすべての広告は、「アイキャッチ」がしっかりと盛り込まれているかどうかが検討されています。

作品そのものや商品やサービスの質よりも、「アイキャッチ」が重要なケースがある、そのくらい広告業界や、ブロガー、ユーチューバ―などが注目されているのが「アイキャッチ」です。



「アイキャッチ」の類語や言い換え・似た言葉

「アイキャッチ」の類語や、他の言葉への言い換えを見て行きましょう。

似た意味の言葉を知る事で、「アイキャッチ」をより深く理解する事ができそうです。

  • 「人目につく」
  • 「目立つ」
  • 「キャッチフレーズ」

「人目につく」

「アイキャッチ」の目的は「目を引く」事ですが、「人目につく」という言葉は、まさにそのような意味を持つ言葉です。

「人目につく」は、他人が見た時に、つい目が行ってしまうようなものを指します。

例えばスタイルの良い男性や、美しい女性は、自分が見てもらおうとしなくても、「人目につく」ものです。

「アイキャッチ」を作る時も、「人目につく」事を目指して作られます。

街角に立っているだけで「人目につく」人のように、ネット上にあるだけで「人目につく」、そのような「アイキャッチ」は優秀な「アイキャッチ」となります。

「目立つ」

「目立つ」という言葉は、誰でも知っている一般的な言葉です。

「目立つ」という言葉には「他とは違っているために、人の注意を引く」「際立って見える」という意味があります。

「アイキャッチ」を作る時も、「目立つ」事を意識します。

意味が似ているので、二つの言葉は言い換える事もできます。

また「彼女は目立つ存在だ」という時は、美しいなどの良い意味で「目立つ」ケースもあれば、さわがしいなどの悪い意味で「目立つ」ケースもあります。

このように「目立つ」にはポジティブな場合と、ネガティブな場合があります。

「キャッチフレーズ」

「アイキャッチ」「キャッチ」を使った言葉のひとつに、「キャッチフレーズ」があります。

短いフレーズで、視聴者や利用者の興味を引く事を目的に作られています。

広告や宣伝で使用される事が多く、目立って印象に残るように作られた謳い文句の事です。

また「キャッチコピー」という言葉もあり、コピーライターや広告関係者が、消費者の印象に残る謳い文句を作ります。

いずれにせよ、「人目を引く」「目立つ」ために作られるフレーズやコピーを意味します。

広告や媒体の宣伝の軸になる大切な部分なので、いちばん目立つ場所に置かれる事が多いでしょう。

「アイキャッチ」の言葉の使い方

「アイキャッチ」は広告に関する仕事をしている人や、ネット上のサイトやブログなどを運営している人が使う機会が多い言葉です。

特にブログやサイトを運営している人は多く、本業ではなくても、趣味や副業にしている人は多くなっています。

このような人が、自分のブログやサイトに、たくさんお客さんが訪れて欲しいと思った時に、「アイキャッチ」という言葉を使います。

「人目につく」「目立つ」ブログやサイトを作りたい時は、「アイキャッチ」になるような画像や動画、イラストなどを用意する事になります。

このように「アイキャッチ」という言葉を使うのは、一部の広告関係者を除けば、ネット上のコンテンツを作る人、運営する人になります。

ブログやサイトを目立たせるための画像や動画、イラストを、「アイキャッチ」という言葉で表現してみましょう。



「アイキャッチ」を使った例文

「アイキャッチ」を使った例文を見て行きましょう。

どのような場面で「アイキャッチ」という言葉を使えばいいかなど、使い方のコツが見えてくるかもしれません。

「このコマーシャルの『アイキャッチ』には、今が旬のアイドルを起用しよう」「このサイトの『アイキャッチ』は弱いから、もっと人目を引く画像に取り換えよう」「このイラストは『アイキャッチ』要素が高いから、どんどん使っていこう」という感じです。

「目を引く」「目立つ」ためにはどうすればいいかと考える場面では、「アイキャッチ」という言葉が自然に登場するでしょう。

「アイキャッチ」と「サムネイル」の違い

「サムネイル」とは“thumbnail”という英語表記をする、「親指の爪」という意味の言葉です。

ネット上では「縮小された画像」という意味があります。

「サムネイル」は、「アイキャッチ」用に作られた、人の目を引く画像を、縮小したものを指す事が多く、リンク先に飛ぶための目印などに使われる事もあります。

またプロフィール画像などを「サムネイル」と呼ぶ事があります。

「アイキャッチ」「サムネイル」は、同じ画像を指す事が多いですが、「サムネイルは縮小された画像」と覚えておきましょう。

「アイキャッチ」を使った言葉と解釈

最後に「アイキャッチ」を使った言葉と、その解釈を紹介します。

「アイキャッチ」はネット上で使われる事が多いので、ブログやサイトに関連する言葉が多くなっています。

  • 「アイキャッチ画像」
  • 「アイキャッチ動画」

「アイキャッチ画像」

「アイキャッチ」の中で、もっとも使われる事が多いのが「アイキャッチ画像」です。

ブログやサイトなどに掲載され、人目を引くような画像が配置されます。

文章やキャッチフレーズだけでは分かりにくい場合でも、「アイキャッチ画像」があれば、視聴者の興味を引く事ができます。

「アイキャッチ画像」は、ブログやサイトの内容と合っている事も大切で、かけ離れている場合は、視聴者や利用者の興味が離れてしまうかもしれません。

「アイキャッチ動画」

ネット環境が良くなり、動画がサクサク動くようになった現在では、「アイキャッチ」に動画を設定する事も可能になりました。

人は動いている物を見てしまう習性があるため、「アイキャッチ動画」は効果が抜群です。

動画が重すぎると使いにくいサイトになるなどの問題はありますが、適切な重さの動画を使用すれば、ブログやサイトを見てくれる人が増えそうです。

icon まとめ

「アイキャッチ」という言葉の意味や使い方について知りました。

これからブログやサイトを運営しようと考えている方は、「アイキャッチ」という考え方を知っておくと、後で役に立ちそうです。