意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「マイノリティー」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

「マイノリティー」の意味や類語を紹介します。

さらに「マイノリティー」の使い方や例文を紹介して行きます。

Meaning-Book
「マイノリティー」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!>


目次

  • 「マイノリティー」の意味とは?
  • 「マイノリティー」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「マイノリティー」の言葉の使い方
  • 「マイノリティー」を使った例文
  • 「マイノリティー」の対義語
  • 「マイノリティー」を使った言葉や映画など関連するもの


「マイノリティー」の意味とは?

「マイノリティー」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

テレビやネットニュース、新聞などで見たり聞いたりしたことがあるのではないでしょうか。

身近な事柄について、あるいは社会的な大きな問題についても説明する事ができる言葉が、「マイノリティー」です。

そんな知っておきたい「マイノリティー」の意味を紹介します。

  • 「マイノリティー」の英語表記と意味
  • 「マイノリティー」の二つ目の意味

「マイノリティー」の英語表記と意味

「マイノリティー」を英語で表記すると、“minority”になります。

この言葉は、そもそも「小さい」という意味がある“minor”(マイナー)という言葉が形容詞化したものです。

そのため「マイノリティー」の意味は、「少人数」または「少数派」となります。

例えば学校で多数決を取る時に、人数が少ない方は“minority”となり、少数派になります。

「マイノリティー」の二つ目の意味

そもそも「少数」「少数派」という意味がある「マイノリティー」ですが、そこから意味が広がって、最近では「社会的少数派」「社会的少数グループ」などという意味があります。

「マイノリティー」というだけで、社会的に少人数で不利な立場に置かれている人たちの事を指す事があります。

代表的な例では、同性愛者の方々は「マイノリティー」と呼ばれますし、アメリカなどに住む少数民族の人々も「マイノリティー」と呼ばれます。

さらに身体障害者の方々も「マイノリティー」になります。

左利きの人も、右利きの人に比べて圧倒的に人数が少ないため、「マイノリティー」です。

少数派の人々は多数決で負けてしまいやすく、差別を受けやすい環境にいます。

そのような問題を訴える人々も「マイノリティー」という言葉を使います。



「マイノリティー」の類語や言い換え・似た言葉

「マイノリティー」の類語や、言い換えられる言葉を見て行きましょう。

どのような言葉が「マイノリティー」と言い換えられるのかを確認し、言葉の理解に役立てましょう。

  • 「少数派」【しょうすうは】
  • 「非主流派」【ひしゅりゅうは】

「少数派」【しょうすうは】

「少数派」「マイノリティー」と言い換えられる言葉です。

多数決を取ったら必ず負けてしまうような、グループの中で少人数な人々の事を言います。

どのような点で「少数派」になるのかは様々で、生まれつきの特徴から、後天的に持った特徴、意見や好みなどがあります。

特に生まれつきの特徴が「少数派」という場合、社会的な弱者になりやすいという問題があります。

「非主流派」【ひしゅりゅうは】

「非主流派」という言葉も、「少数派」に似た意味を持つ言葉です。

ある程度の力は有していても、「多数派」ではないので、グループのトップになる事はありません。

政治の政界では、総理大臣を生み出すような「多数派の派閥」以外の勢力を、「非主流派」と呼ぶ事があります。

「マイノリティー」の言葉の使い方

「マイノリティー」という言葉を使う時は、自分が発言する場所がどのような状況かを考える事が大切です。

「マイノリティー」には、単純に「少数派」「少人数」という意味がありますが、同時に「社会的少数派」という意味もあるからです。

LGBTの方や、少数民族の方がいる場面では、「マイノリティー」という言葉を使う事を、慎重にする必要があります。

「マイノリティー」という言葉を、冗談っぽく使う場面ではないからです。

そうでない場面では、「少数派」という意味で、気楽に「マイノリティー」という言葉を使う事ができます。

友達同士でランチに行くお店を決める時に、少数派になってしまったら、「『マイノリティー』だから、行きたいお店に行けないよ…」などと嘆いてみるのもよいでしょう。



「マイノリティー」を使った例文

「マイノリティー」を使った例文を見て行きましょう。

どのような場面で「マイノリティー」という言葉を使えばいいのか、具体的な例を見て確認してみましょう。

  • 「マイノリティー」の例文1
  • 「マイノリティー」の 例文2

「マイノリティー」の例文1

「マイノリティー」という言葉を、単なる「少数派」として使うケースの例文を紹介します。

「私はクラスでA君がいちばんカッコいいと思うけれど、どうやら『マイノリティー』らしい。同じ意見を持つ人に会ったことがない」「社員旅行で登山をする事になったけど、参加者が極端に少ない。私は登山が大好きだが、どうやら『マイノリティー』らしい」「家庭内で私は常に『マイノリティー』だ。私の意見が多数決で通った事がない」などという文章ができます。

特に友達同士や家族の間で、多数決を取って敗れた時に、使いやすい言葉です。

「マイノリティー」の 例文2

「社会的少数派」という意味で、「マイノリティー」を使ってみましょう。

「『LGBT』の人たちは『マイノリティー』なので、する必要のない苦労をしている。社会から偏見や差別がなくなるといい」、または「少数民族の人々は常に『マイノリティー』なので、自分たちの意見が世の中に反映されない」「世界のリーダーになる人は、『マイノリティー』の意見をもっと聞くべきだ」などという文章になります。

「マイノリティー」の対義語

「マイノリティー」の対義語は「マジョリティー」となります。

大きいという意味がある「major(メジャー)」が形容詞化したもので、「多数」「多数派」「大人数」という意味があります。

また「マイノリティー」の持つ「社会的少数派」に対して、「社会的多数派」という意味を持ちます。

「マジョリティー」は、同じ意見を持つ人々が多いため、様々な面で優遇されやすい傾向にあります。

右利きの人は左利きの人に対して「マジョリティー」ですが、ドアや駅の改札のタッチパネル、ハサミや家電などの生活用品などは、基本的に右利き用に作られているので、あらゆる場面で優遇されているといえます。

「マジョリティー」になると、何でも多数決で押し通そうとしがちですので、「マイノリティー」と呼ばれる少数派の意見にも耳を傾けるようなバランス感覚が必要です。

「マイノリティー」を使った言葉や映画など関連するもの

最後に「マイノリティー」を使った言葉や、映画について紹介します。

どのような言葉や映画に「マイノリティー」という言葉が使われているか、確認してみましょう。

  • 「性的マイノリティー」
  • 「マイノリティリポート」

「性的マイノリティー」

「性的マイノリティー」の事を「LGBT」と呼びます。

“lesbian”(レズビアン)、“gay”(ゲイ)、“bisexual”(バイセクシャル)、“transgender”(トランスジェンダー)の頭文字を取って作られた言葉です。

「LGBT」と呼ばれる人々は、社会的な差別を受けていますので、そのような差別がなくなるように働きかけています。

世の中から偏見がなくなる事、さらには同性愛者同士の結婚が法律的に認められる事など、「性的マイノリティー」にいる人々が望むものはまだまだたくさんあります。

自分の性的な傾向を隠さずに堂々と暮らせる社会が訪れたら、「LGBT」「性的マイノリティー」と呼ばれる事もなくなるかもしれません。

「マイノリティリポート」

「マイノリティリポート」は、2002年に公開されたアメリカのSF映画です。

主演は「トップガン」「ミッションインポッシブル」などで知られるトム・クルーズ、監督は「E・T」「ジョーズ」のスティーブン・スピルバーグという豪華な組み合わせとなっています。

3人の予知能力者が作る殺人予知システムのおかげで、殺人発生率が0になった近未来のアメリカを描いた作品です。

icon まとめ

「マイノリティー」は日常的に使える便利な言葉でありつつ、「社会的少数派」を意味する使う場面を慎重に選ぶ必要がある言葉でもあります。

言葉の意味をきちんと覚えて、使っていい場面を選べるようにしましょう。