意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「インスパイア」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

今では、カタカナ語も色々なシーンで使われることが多くなっています。

その中で「インスパイア」という言葉もたまに使われる言葉ですか、その意味を理解して使っている人は、どれだけいるのでしょうか?

感覚的に理解しているつもりで会話の中で、使っているかもしれません。

某電気メーカーのスローガンで「インスパイア・ザ・ネクスト(Inspire the Next)」という表現を使っている会社もありますので、テレビのコマーシャルで耳にする機会もあってか、頭の中に無意識のうちに刷り込まれているかもしれません。

この「インスパイア」は、どのような意味があり、どんな場面で使われる言葉なのでしょうか?

インスパイア

Meaning-Book
「インスパイア」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!>


目次

  • 「インスパイア」の意味とは?
  • 「インスパイア」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「インスパイア」の言葉の使い方
  • 「インスパイア」を使った例文
  • 「インスパイア」とパクリの違い
  • 「インスパイア」を使った言葉
  • 「インスパイア」とパクリの違い


「インスパイア」の意味とは?

ビジネスシーンでも日常生活でも、自分の周りで「インスパイア」という言葉が環境使われることが多いのではないかと思います。

だからこそ、「インスパイア」の意味を詳しく理解しておきたいものです。

ただ、「インスパイア」は、使い方によってニュアンスが異なって来ることもある言葉です。

「インスパイア」は、「in(中へ)」「spirare(息、息吹)」が組合わさり、「思想や生命などを吹き込んだり、感化、啓発、鼓舞、または奮い立たせたり、ひらめきや刺激を与えたりすること」という意味があります。

「インスピレーション」の動詞形というとかなり理解が早いかもしれません。

「思想や感情を吹き込む」ということは、普段の生活やビジネスの場面では、あまり体験することがないように思われるかもしれません。

しかし、意外と自分が気付かないだけで、身近なところで「インスパイア」に関わることがあるものです。

例えば、映画でも見事なテーマ曲がヒットすることがありますが、この時の主題歌や曲は、「映画の本編にインスパイアされている曲」と言われたりします。

「インスパイア」が最も相応しいのは、絵画でしょう。

世界的に有名な画家のタッチに大きな影響を受けた人が、「インスパイアされた」おいう表現で評価されることがあります。

このことから、今では「インスパイア」「影響を受ける」という意味合いで使われるカタカナ語の言葉です。



「インスパイア」の類語や言い換え・似た言葉

では、「ひらめきや刺激を与えたりすること」の意味を持つ「インスパイア」は、他にどのような類義語があるでしょうか?

  • 「感化」
  • 「啓発」
  • 「触発」

「感化」

「感化」が類義語として、すぐに思い浮かべることができる言葉でしょう。

「人に影響を与えて、心、行いを変えさせること」という意味があります。

「あの人は、すぐに他人に感化されやすい」

「ドクターの考えに感化されて、若い研修医は、見違えるように変わった」

このような形で使われます。

「啓発」

「啓発」とは、「無知の人を教え導き、その目をひらいて、物事を明らかにさせること」となり、「自己啓発セミナー」というような表現で目にすることがあるでしょう。

「触発」

「触発」には、「ものに触れて爆発、発動すること」「それがきっかけとなって急に衝動、感情などを誘発すること」というような意味があります。

「僕は彼の作品に触発されて、自分でももう一度、絵を描こうと思い始めたのです」というような表現で使われます。

「インスパイア」の言葉の使い方

「インスパイア」は、「インスパイアされる」と言った形で使われることが多いのですが、これは芸術分野などで大きな影響を受けたアーティストが、その思想やテーマに沿って作品を作ることを意味していることが多いです。

これは、小説やなどでも、創作関係など、クリエイティブな仕事や活動で「インスパイアされる」が用いられることも少なくありません。

このように「インスパイア」「?される」という受身の形で使われることが、多いことが分かります。

その一方で、「インスパイアする」となると、「誰かを感化する」「鼓舞する」という意味合いが色濃く出てきます。



「インスパイア」を使った例文

「インスパイア」は、時々使われるカタカナ語です。

どのようなシチュエーションで使われるが、例文を詳しく見て行くことにしましょう。

  • 「インスパイア」の例文1
  • 「インスパイア」の例文2
  • 「インスパイア」の例文3

「インスパイア」の例文1

「この作品は、あの先生の思想からインスパイアを受けて作られた作品ですが、決して真似たものではないと判断できる」

著名な画家の作品は多くの人に多大な影響を与えることがよくあります。

しかし、その影響を受けて描かれた絵画が、単純に真似て描かれたものなのか、触発されて描かれたものなのかは、見た人が判断するものなのかもしれません。

「インスパイア」の例文2

「今回展示する絵画は、何れも海外文化からインスパイアを受けて作られた作品ばかりです」

芸術作品は、日本独自の作品も数多く残されていますが、海外からの新たな文化の影響を受けて作られた作品もたくさんありますね。

「インスパイア」の例文3

「今回ノミネートされた映画は、30年前に大ヒットしたあのSF映画の監督にインスパイアされて作られた作品です」

映画でも、過去の作品や大監督の考えに影響を受けた作品がたくさんあります。

例えば、日本の黒澤監督。

彼は、多くの映画監督に多大な影響を与えていることでも有名です。

「インスパイア」とパクリの違い

「インスパイア」に似ている言葉として、「パクリ」が引き合いに出されることがあります。

「パクリ」とは、「人のアイディアや創作物を、真似て同じものを作ることや、その作品を利用すること」を意味しています。

人気の高い絵やイラストを完全にコピーして、描いたり、小説でもストーリーの展開を全く同じにして書き上げることも、「パクリ」と断定されます。

ただ、「パクリ」を定める基準が曖昧なために、どこまでが、「パクリ」と決めつけるか難しいところがありすが、この「パクリ」で指されると、社会的な信用は失墜することは間違いありません。

「インスパイア」を使った言葉

「インスパイア」を使っている言葉を持つ少し見ていきます。

  • 「インスパイアは日常的」
  • 「小説にインスパイアされる」

「インスパイアは日常的」

「インターネット社会になってから、数多くの情報が溢れ返っているために、インスパイアは日常的に起っても、全く不思議ではありません」

インターネットの普及のおかけで、色々なことを簡単にスピーディーに知ることができるようになりました。

それだけに「インスパイアされる」機会がとても増えています。

「小説にインスパイアされる」

「さっき読み終えた小説にインスパイアされて、そのテーマの延長線上で僕なりの作品を作ってみることにしたのです」

このように小説に「インスパイアされる」ことで、新しい若い小説家が生まれて来ますね。

「インスパイア」とパクリの違い

インスパイアされるということは、高いクオリティを目指している芸術家の人であれば、とても大切な観点なのかもしれません。

その一方で、難しいことは、有名な画家が残してきた作品にインスパイアされて、その作品の全く同じにトレースすると、これはインスパイアではなくて、模倣と判断せれてしまいます。

いわゆる「パクリ」ですが、「インスパイア」との境界線がとこなのかは、とても微妙で難しいのが現状です。

しかし、いくら模倣された作品と見やれやすい作品でも、その作品に感銘を受けた人がいれば、それはまたそれで、新たに人を「インスパイア」することになるので、作品の価値は、見た人の判断基準で決まることが多いのはないでしょうか。

icon まとめ

ある種の「インスパイア」を受けて、新しい作品を創ることは、アーティストを中心に決して珍しいことではありません。

むしろごく普通のことと受け止められています。

これは、芸術だけでなく、モノづくりでもよ同様です。

「インスパイアした」作品が、辿ってきた歴史や思想をしっかりと踏まえたうえで作られることがほとんどです。