意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「アンバサダー」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

「アンバサダー」とは、「企業の特定のブランド・商品・サービスの熱烈なファン」「自分が大好きな商品・ブランドについて好意的なクチコミを発信してくれる層」のことです。

「アンバサダー」「意味・類語・言い換え・使い方・例文・言葉」などについて、詳しく説明していきます。

アンバサダー

Meaning-Book
「アンバサダー」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!>


目次

  • 「アンバサダー」の意味とは?
  • 「アンバサダー」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「アンバサダー」の言葉の使い方
  • 「アンバサダー」を使った例文
  • 「アンバサダー契約」とは?
  • 「アンバサダー」を使った言葉


「アンバサダー」の意味とは?

「アンバサダー“ambassador”という言葉は元々は「大使・使節・代表者」のことを意味していましたが、現在では「特定企業の商品・サービス・ブランドを応援してくれる人たちの層」のことを意味しています。

アンバサダーとは特定企業の商品・サービス・ブランドの熱烈なファンであると同時に、それらの商品・サービス・ブランドについて詳しい知識や実際の経験を持つ人たちなのです。

  • 「アンバサダー」はウェブマーケティングに活用されている

「アンバサダー」はウェブマーケティングに活用されている

アンバサダーには、ウェブマーケティングやソーシャルメディア活用(SNS活用)を中心としたマーケティングにおいて、「自分が大好きな特定の商品・サービス・ブランドについて好意的なクチコミを自ら発信してくれる人たちの層」という意味もあります。

大企業を中心にして、自社の商品・サービス・ブランドを愛好してくれている顧客の中から「アンバサダー」を認定してクチコミのマーケティング活動をしてもらう会社も増えてきているのです。



「アンバサダー」の類語や言い換え・似た言葉

「アンバサダー」の類語・言い換え・似た言葉には、どのようなものがあるのでしょうか?「アンバサダー」の類語・言い換え・似た言葉について、分かりやすく解説していきます。

  • 「サポーター(支持者)・ファン」
  • 「インフルエンサー・クチコミ」
  • 「推奨者(推薦者)・紹介者」

「サポーター(支持者)・ファン」

「アンバサダー」の類語・言い換えとして、「サポーター(支持者)・ファン」があります。

アンバサダーとは特定企業の商品・ブランドの熱烈な支持者(応援者)のことを意味していますから、その類語・言い換えとして「サポーター(企業・ブランドの応援者)」「ファン(その商品がとても好きな人)」を上げることができるのです。

「インフルエンサー・クチコミ」

「アンバサダー」の類語・似た言葉として、「インフルエンサー・クチコミ」があります。

インフルエンサーとは、インターネットやTwitterなどのSNSで大きな影響力(話題の拡散力)を持っている人のことです、Twitterやインスタグラムで数千人〜数万人以上のフォロワーを持っているような人がインフルエンサーになります。

アンバサダーはウェブマーケティングにおいて、企業の商品・サービス・ブランドをSNSのクチコミで紹介していく役割を担っているため、似た言葉として「インフルエンサー・クチコミ」が上げられます。

「推奨者(推薦者)・紹介者」

「アンバサダー」の類語・言い換えとして、「推奨者(推薦者)・紹介者」があります。

ウェブマーケティングにおけるアンバサダーとは、特定企業(特定ブランド)の商品やサービスの良さ・魅力を、より多くの人に広めていく役割を担っている人のことです。

そのため、「アンバサダー」「推奨者(推薦者)・紹介者」という言葉で言い換えることができます。

「アンバサダー」の言葉の使い方

アンバサダー“ambassador”という言葉は、英語の直訳であれば「外交使節(全権特命)の大使」の意味で使用します。

しかし、現在では「特定の商品・サービス・ブランドの熱烈なファン層(商品・サービスについて詳しい知識を持っている人たち)」「特定企業のウェブマーケティング・宣伝広報の役割を担っている顧客層」のことを指して、「アンバサダー」という言葉を使っているのです。



「アンバサダー」を使った例文

「アンバサダー」を使った例文には、どのようなものがあるのでしょうか?「アンバサダー」を使った例文について紹介しています。

  • 「アンバサダー」の例文1
  • 「アンバサダー」の例文2
  • 「アンバサダー」の例文3

「アンバサダー」の例文1

無類のコーヒー好きであることが評価されて、世界的なコーヒー企業が販売するコーヒーメーカーのアンバサダーを務めることになった。

「アンバサダー」の例文2

最近流行してきているアンバサダーマーケティングを有効活用するためには、「やらせ」と思われない「本音のファン(支持者)の声」を届けることが何よりも大切である。

「アンバサダー」の例文3

色々な企業やブランドが専門知識のあるアンバサダーを認定して販路拡大を狙っているが、アンバサダーのクチコミ効果を高めるためには、SNSを利用したウェブマーケティングについても理解しておかなければならない。

「アンバサダー契約」とは?

「アンバサダー契約」というのは、企業が自社のブランドや商品、サービスを愛好してくれている顧客層の中から、主にウェブ上での宣伝広告の役割を果たしてくれるアンバサダーを選んで契約するというものです。

アンバサダー契約には、顧客に宣伝広告をしてもらう代わりに、ウェブ上のページビュー数やTwitter上のリツイート数、テレビCMの出演、商品のコンバージョン(売れた数)などに対して、一定金額の報酬が支払われることがあります。

あるいは、企業から無料サービス・特別な商品の提供が行われます。

アンバサダーとは「自分が大好きな商品・サービス・ブランドについて自発的かつ好意的にSNS上でクチコミをしてくれる顧客層」のことです。

企業は自社の熱烈なファンである顧客とアンバサダー契約を結ぶことによって、より多くの人たちに自社の商品やサービスの良さ・魅力について知ってもらうことができるのです。

「アンバサダー」を使った言葉

アンバサダーを使った代表的な言葉の意味について、分かりやすく説明していきます。

  • 「ブランドアンバサダー」
  • 「アンバサダーマーケティング」
  • 「アンバサダーホテル」

「ブランドアンバサダー」

「ブランドアンバサダー」とは特定ブランドの良さ・魅力を大勢の人たちに伝えて、そのブランド価値を高めてくれる支持者・応援者のことです。

ブランドアンバサダーには芸能人やプロスポーツ選手、業界の権威などの著名人が任命されることもありますが、現在ではブロガー、Twitterをしている人、インスタグラマー、ユーチューバーなどがブランドアンバサダーに選ばれることも増えています。

ブランドアンバサダーは著名人だけではなく、その企業ブランドが好きな一般の常連顧客やその商品の愛用者が選ばれることもあります。

ウェブ上で常連顧客・愛用者・支持者が発言して、自社の商品・サービス・ブランドについて言及するだけで一定の宣伝効果が期待できるからです。

「アンバサダーマーケティング」

「アンバサダーマーケティング」とは、自社の特定の商品・サービス・ブランドについて強い愛情と詳しい知識を持っている顧客(ファン)を、アンバサダーに任命して展開するマーケティング活動のことです。

あるいは、自社の宣伝広告を自発的にしてくれるアンバサダーをSNSで増やしていくマーケティング手法を意味します。

自社の商品やブランドに対して強い愛着・ロイヤリティー(忠誠心)を持ってくれているアンバサダーは、強制されなくても自発的に好意的なクチコミを次々に「生の声」で発信して商品(サービス)を推奨してくれます。

その結果、必然的にアンバサダーマーケティングの宣伝広告の効果とコンバージョン率(実際の購入率)は高くなっていきます。

「アンバサダーホテル」

ディズニーリゾートで有名なホテルに「ディズニーアンバサダーホテル」がありますが、アンバサダーホテルというのは「アールデコ調のデザイン設計で建設されたホテル」のことを意味しています。

アンバサダーには「大使・外交使節」の意味もありますが、1925年のパリ万国博覧会で当時の流行の建築様式であった「アールデコ」を、各国の大使が自国に持ち帰って広めたことに由来しています。

アールデコ調のデザインの特徴は直線的で幾何学模様をモチーフとしていることであり、アールデコは「装飾性の低いシンプルなデザイン」になっています。

icon まとめ

「アンバサダー」という言葉について徹底的に解説しましたが、アンバサダーには「企業のブランド・商品の熱烈なファン」「自分が大好きな特定の商品・ブランドについて自発的に好意的なクチコミを発信してくれる層」などの意味があります。

アンバサダーの類語・言い換えとしては、「サポーター・ファン」「インフルエンサー・クチコミ」「推奨者(推薦者)・紹介者」「大使・使節」などがあります。

アンバサダーを使った言葉には、「ブランドアンバサダー」「アンバサダーマーケティング」などがあります。

「アンバサダー」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。