意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「インフルエンサー」の意味とは?類語や使い方、例文を紹介!

10年でビジネスモデルの成功事例は、大きく変わって来ました。

インターネットの普及・拡大で、ビジネスのパターンが変化してからです。

今でこそ、「働き方改革」などと銘打って、労働環境が大きく変わってきていますが、それだけではありません。

TwitterやInstagram、ブログなどのSNSを駆使して、新たなビジネスが生まれているのです。

インフルエンサー

Meaning-Book
「インフルエンサー」の意味とは?類語や使い方、例文を紹介!>


目次

  • 「インフルエンサー」の意味とは?
  • 「インフルエンサー」の類語や言い換え
  • 「インフルエンサー」の使い方
  • 「インフルエンサー」の言葉を使った例文
  • 「インフルエンサー」の基準


「インフルエンサー」の意味とは?

このようなビジネスの大きな変化の中で、「インフルエンサー」という言葉が生まれてきました。

これは、SNSを活用した新たなマーケティング手法やプランニングとして、現在のビジネスモデル・ビジネス手法の中で、最も注目を集めているものではないでしょうか。

おそらく、インターネット時代の中でも最先端のプランニングと言っても差し支えがないのが、「インフルエンサー」です。

ネット上でも、「インフルエンサー」の言葉をよく目にすることが多いのですが、その意味をきちんと正しく知っている人が意外と少ないものです。

なんとなくぼんやりと理解しているつもりでも、詳しく理解できている人が多くないかもしれません。

「インフルエンサー」の語源は、「影響」「感化」「作用」の意味を持つ“Influence”を語源とした言葉です。

「他の人々や一般社会に大きな影響力を及ぼす人や事物のこと」を意味しています。

また、そのような影響を与えることができる人が発信する情報は、企業が活用して宣伝することが多くなっているのですが、これを「インフルエンサー・マーケティング」と呼んでいます。

これも企業側からすると、新たなマーケティング戦略と位置付けられているのです。

SNSを中心として、コンシューマーメディアやその媒体が、情報伝達の中心となっているのが、ネット時代の特徴ですが、多くのフォロワーを持っているオピニオンリーダー的たな人を指すケースが多いのが、実態です。

テレビや雑誌に出てくる有名人、すなわち芸能人やスポーツ選手などの名の通った有名人が、インフルエンサーとなっていたのが始まりでしたが、インターネットの利用形態で、ブログやソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などのソーシャルメディアが普及して一般化してからは、ネット上でコンシューマー(消費者)の購買意欲を高め、意思決定に大きな影響を与える人達が、「インフルエンサー」とするケースが増えているのです。

「インフルエンサー」と呼ばれる彼らが行っていることは、ブログ上で日記やコンテンツをアップして配信、そして、多く人達からページビュー(PV )を獲得する「ブロガー」や動画共有で大きな効果を生み出すYouTubeなどを媒体に圧倒的人気を集めています。

特に「ユーチューバー」やInstagramで多くのフォロワーを集めている「インスタグラマー」が典型的な「インフルエンサー」となるでしょう。

ブログ中には、数千から数万と多くの読者を持つカリスマ的なブロガーがいます。

その人達が発信した情報は、実に数十万人単位で拡散していき、ある意味、スピーディーで巨大な宣伝効果を持つようになっています。

これが契機で、拡散した情報を元に、購買行動に影響を与えるようになったのです。

企業側では、この動きに着目して、インフルエンサーを活用した宣伝、いわゆる「インフルエンサー・マーケティング」に取り組むようになっていったのです。

しかし、大きな影響力・発言力を持つ「インフルエンサー」でも、しょせんは個人。

その言動をスポンサーとなる企業の思惑だけで、コントロールするようなことができないのです。

その結果、「インフルエンサー」のメッセージによっては、製品のブランドイメージを損なう可能性もあることから、手放しで活用できるマーケティング手法と言えないのが、現実です。

まさに諸刃の剣とも言えるのです。

時として、「インフルエンサー」と企業との関係によっては、ステルスマーケティングになりうる危険性もなりうるリスクも少なからずあるのです。



「インフルエンサー」の類語や言い換え

「インフルエンサー」を明確に指し示する意義を挙げることは、意外と難しいのですが、次のような言葉で表現することになるでしょう。

  • ネット界で影響力を持つこと
  • 100万人単位のフォロワーを持つこと
  • SNSを活用した情報発信を行うこと

「インフルエンサー」の使い方

「インフルエンサー」の使い方としては、インターネットで、多くの人に何らかの影響を及ぼす時や、その状態をきぎょうか活動に結び付ける時に使うことになるでしょう。



「インフルエンサー」の言葉を使った例文

では、「インフルエンサー」を使った例文を見ていきましょう。

  • 「インフルエンサー」の例文1
  • 「インフルエンサー」の例文2
  • 「インフルエンサー」の例文3

「インフルエンサー」の例文1

有名なユーチューバーの人達は、インフルエンサー・マーケティングを取り入れるのに、とても大きな力を発揮してくれるも人達と言える。

「インフルエンサー」の例文2

Instagramを武器に活躍しているインフルエンサーは、そのコメント欄に「可愛い」「最高にいいね。」

などのコメントが多数寄せられているので、フォロワーの興味をしっかりと惹くような内容になっています。

「インフルエンサー」の例文3

Twitterで有名な芸人としては、芸能活動のツイートが大半ですが、時としてビジネス的なツイートも多くて、有効なインフルエンサー・マーケティングとなります。

時にドキっとするような内容ばかりですが、身近なニュースや流行りそうなグッズを紹介してくれるのが、多くの人の共感を呼んでいるのかもしれませんね。

「インフルエンサー」の基準

多くの人への、影響力を持つ「インフルエンサー」の基準とは何でしょうか?

  • 「インフルエンサー」の基準1
  • 「インフルエンサー」の基準2
  • 「インフルエンサー」の基準3

「インフルエンサー」の基準1

ブロガーは、ランキング上位に常に入っている人は、「インフルエンサー」と見なされることが多いです。

しかし、ブログでもブログのサービスによって「見る人の質」が全く異なってくるので、あくまで「インフルエンサー」の目安とすることが少なくありません。

「インフルエンサー」の基準2

「インフルエンサー」と呼ばれる人達は、写真へのこだわりが、とても強い傾向にあります。

ある調査機関によると、インフルエンサーの3割〜4割の人々がスマホだけでなく、他の機器で写真を撮影しています。

Instagramへの投稿写真は、インフルエンサーの4割近くが、スマホ以外で撮影しています。

その手段は、手持ちのiPhoneなどが6割程度で、なんと4割のインフルエンサーは、ミラーレス一眼レフなどのカメラを利用しているとのこと。

iPhoneやAndroidのカメラ画質も、デジタルカメラを凌駕するほどになっていますが、「プロの並みの写真」へのこだわりが、ユーザーの購買意欲に大きな影響力を与えているのでしょう。

「インフルエンサー」の基準3

SNSは、見る人の特徴が異なってきます。

Instagramは写真中心、Twitterは文字が中心のSNSです。

最近ではInstagramの需要が高まっていますが、上手にInstagram、Twitterの使い分けができている人も、「インフルエンサー」の特徴と言えます。

icon まとめ

最近では、インフルエンサーの持つ影響力を評価して、企業でその人達を採用する動きが高まっています。

指標としては、SNSのフォロワー数、投稿内容といくつかの項目がありますが、求める条件をクリアすると、インフルエンサーは、選考の短縮やポイント加点と優遇的な措置を受けることができます。

インフルエンサーの影響力をビジネススキルとして、企業が評価するようになっているのです。

これが、この数年で目にするようになった新しい採用スタイルと言えるわけです。

FacebookやTwitterなどのSNSは、これまで学生にとっては、企業の人事採用担当者に知られたくない存在でした。

しかし、最近ではSNSでの発信力や影響力が、自分のPRできる大きな手法のひとつとして認められきています。

これに伴って、企業はその分野で活躍できる学生を探す場としても、SNSを活用する動きが出てきているほどです。

インフルエンサー・マーケティングをある会社が、20代の人対象に行ったアンケートの中では、「インフルエンサーと呼べる基準となるフォロワー数」と問うと、6割近くの人が、1万人以上と答えた結果が出ています。

この結果からも、「インフルエンサー」と呼べるのは、フォロワー数が「1万人以上」というのが、目安になることでしょう。

業界では、フォロワーを1万人を持つ人を「インフルエンサー」と定義する見方もあれば、フォロワー数500〜5,000人と定義する会社もあります。

インフルエンサーを定義する上では、フォロワー数の下限を決めることは、かなり困難なことです。

ある一定以上のフォロワー数の情報を正確に伝える能力さえあれば、その人達こそ本当のインフルエンサーと呼ぶににふさわしいインフルエンサーなのかもしれません。

企業側が採用したい人材は、即戦力となる人達です。

「発信した情報がとても影響が大きく、そのような発信力の持つ人を採用する」ことが、企業のトレンドなのかもしれません。

この考え方に賛同する企業や人事採用担当者もかなり多くなっています。

IT系企業のみならず、色々な企業が積極的なのです。

ただし、インフルエンサーの判断基準をフォロワー数だけで決めてしまうのは、少し早計でもあります。

なんと、プロガーの中には、ツイッターのフォロワーをお金で買う人がいたり、フォロワーの中身を見ると、相互フォローのアカウントや疑わしいアカウントで、数が多いだけで、全く影響力がないという中身の陳腐な人もいるのです。

「フォロワー数=影響力」とは、限らない実態も踏まえておくことも必要なのです。フォロワー数の多さだけではなく、フォロワーの中身やデイリーに発信される内容から、その人の拡散力、パーソナリティー、考え方、採用する企業の仕事に合っているか、また、フォロワーからどのようなコメントが寄せられているのかを吟味した上で考えていくべきなのです。

それができてこそ、本当のネット戦略となるのですから。

しっかりと企業側も見極めることが大切です。

それではじめて、「インフルエンサー」の価値が高まっていくのです。