意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「夢占い」の意味とは?言い換えや使い方、例文を紹介!

「夢占い」とは、どんな意味があるのでしょうか?私たちが見る夢とどう関係あり、実際に私たちの生活とどのように関係してくるのでしょうか?

今回はこの「夢占い」という言葉を調べて、正しく理解するとともに、正しく使えるようになりましょう。

Meaning-Book
「夢占い」の意味とは?言い換えや使い方、例文を紹介!>


目次

  • 「夢占い」の意味とは?
  • 「夢占い」の言い換え
  • 「夢占い」の言葉の使い方
  • 「夢占い」を使った例文
  • 「夢占い」はいつからある?


「夢占い」の意味とは?

「夢占い」とはどのような意味でしょうか?

この言葉を二つに分けて考えてみるとその意味を正しく知ることが出来ます。

まずは「夢」ですが、これは毎日私たちが寝ているときに見るものです。

その夢を記憶しているかどうかは別として、すべての人が夢を見ると言われています。

「夢」は掲げている目標、もしくは実現不可能だけど望んでいる事柄という意味もありますが「夢占い」のなかの「夢」は寝ているときに体験する感覚の事を指しています。

「夢占い」「占い」ですが、これはその夢を実際にどのように理解するかという事を示しています。

変な夢を見た時に、その意味は何だろう?と感じることはあるでしょう。

その夢の意味を解き明かすことを「占い」と表現しています。

このことから分かるように、「夢占い」とは見た「夢」を判断するという事です。

  • 「夢占い」の読み方

「夢占い」の読み方

「夢占い」「ゆめうらない」と読みます。

「夢」「ゆめ」「む」と読みますが、この場合は「ゆめ」とそのまま読みます。

「占い」「占」という漢字は「占拠する」という言葉のように「せん」とも読むことが出来ますが、「夢」と合わせる時は、「うら」と読ませます。



「夢占い」の言い換え

「夢占い」「夢」を判断することですから、「夢」という言葉を用いて様々な言い換えをすることが出来ます。

  • 「夢診断」
  • 「夢判断」

「夢診断」

実際に見た夢がどのようなものかを聞き出して、その意味を知るときにそれを診断すると表現することが出来ます。

「診断」というと「医者の診断」を思い起こしますが、「夢診断」もそれぞれの夢を診断、つまり調査して判断するという意味があります。

「夢判断」

「夢判断」「夢診断」と非常に似た意味があります。

その夢がどのような意味を持つのかを判断するからです。

その判断する作業の事を「夢占い」とも表現できますから、「夢判断」「夢占い」を正しく言い換えていると言えるでしょう。

「夢占い」の言葉の使い方

「夢占い」はもちろんのことですが、夢を見た後に使う言葉です。

夢を見た後に誰かにその夢の内容を話し、夢の意味を教えてもらったらそれは「夢占いをしてもらったと」という事になります。

実際に占い師にその夢を見てもらわなかったとしても、その夢の意味をインターネットで調べたり、夢に詳しい人に聞いたりするするなら「夢占い」をしたと言えるでしょう。

実際の「夢占い」は科学的根拠があるもの、心理学によって占うもの、伝承に基づいて占うものなどその方法は様々です。



「夢占い」を使った例文

「夢占い」という言葉を深く知る上で、いくつかの例文を考えて正しい使い方をマスターしましょう。

  • 「夢占い」の例文1
  • 「夢占い」の例文2
  • 「夢占い」の例文3

「夢占い」の例文1

「とても不思議な夢を見たけれども、夢占いをしてくれる人はいなかった」

この例文は、夢の意味を知りたかったという意味で、夢占いをしてくれる人を探したと述べています。

しかし例文にあるように、不思議すぎる夢だった故に、誰も、夢の意味を教えてくれる人、「夢占い」をしてくれる人はいなかったようです。

「夢占い」の例文2

「夢占いなんて信じてない」

この例文では「夢」を見たことは信じても「夢占い」は信じないと述べています。

もしかしたら、その「夢占い」つまり「夢の説明」が納得するものでなかったのかもしれません。

「夢占い」の例文3

「夢占いが出来るように勉強している」

「夢占い」は夢の意味を心理学の分野から勉強するなら、出来るようになる可能性があります。

もしくは第六感が優れている人は、夢のいくつかの意味を言い当てることが出来るかもしれません。

どちらにしても、この例文では「夢占い」が習得して身につくものであることを述べています。

「夢占い」はいつからある?

「夢占い」はいつの時代から存在していたのでしょうか?実際の文献は残っていませんが、人が夢を見る時にはその意味を知りたいと願う欲求がありますから、人間の初期から「夢占い」はありました。

聖書にも、夢を見て解き明かしてもらったという「夢占い」の記述も存在します。

「夢占い」が正しかったときにだけ「夢占い」という言葉を使うわけでなく、その「夢占い」が間違っていた時にも「夢占い」という言葉を使用します。

ですから、人類の歴史の中で、夢を見て、その意味を考えだしたその瞬間に「夢占い」は始まったと言えるでしょう。

icon まとめ

「夢占い」という言葉の意味、読み方、言い換える文章と例文、そして「夢占い」はいつからあるのか?という「夢占い」の歴史についても考えることが出来ました。

「夢占い」という言葉には「占い」という言葉が用いられていますが、その言葉を「診断」「判断」「解き明かし」「説明」という言葉を当てても意味が通用することからもわかるように、「夢占い」「夢」と密接に関連しており、その「夢」の内容の意味を探るものであることが分かりました。