意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「またとない機会」の意味とは?類語、使い方や例文、対義語を紹介!

「またとない機会」の意味や読み方を紹介します。

さらに「またとない機会」の類語や使い方を紹介して行きます。

またとない機会

Meaning-Book
「またとない機会」の意味とは?類語、使い方や例文、対義語を紹介!>


目次

  • 「またとない機会」の意味とは?
  • 「またとない機会」の類語や言い換え
  • 「またとない機会」の使い方
  • 「またとない機会」を使った例文
  • 「またとない機会」を逃さないコツ


「またとない機会」の意味とは?

「またとない機会」という言葉を耳にする事があります。

例えばテレビのショッピングチャンネルなどで「またとない機会です!お見逃しなく」などという、キャッチフレーズを耳にするかもしれません。

そこで、気になるフレーズのひとつ、「またとない機会」とはどのような意味なのかを紹介します。

  • 「またとない機会」の意味

「またとない機会」の意味

「まとない機会」「またとない」「機会」の二つの言葉がくっついてできた言葉です。

「またとない」「二度とない」という意味で、「機会」「思いがけない出会い」を意味します。

つまり「またとない機会」は、「二度と訪れないような思いがけない出会い」という意味になります。

テレビショッピングで「またとない機会」というキラーフレーズが使われるのは、このチャンスを逃したら、この商品と、この販売価格では二度と出会えないかもしれないという意味があるからです。

ただし、本当に「またとない機会」なのかどうかは、冷静に判断しましょう。



「またとない機会」の類語や言い換え

次に「またとない機会」の類語や言い換えを紹介します。

他の言葉で表現する事で、「またとない機会」の言葉の意味がより鮮明に見えてくるかもしれません。

  • 「絶好のチャンス」
  • 「千載一遇の機会」
  • 「ビッグチャンス」

「絶好のチャンス」

「絶好のチャンス」という言葉は「またとない機会」に似た言葉です。

例えば、髪型がばっちり決まっている日に、好きな人の隣の席に座ったとしたら、それは告白をする「絶好のチャンス」かもしれません。

「絶好」には「これ以上ない」という意味があります。

このチャンスを逃したら、次に訪れるチャンスは、その時ほど大きくないかもしれません。

もし「絶好のチャンス」が訪れたとしたら、逃さないように頑張りましょう。

「千載一遇の機会」

「千載一遇の機会」という言葉も、「またとない機会」と同じような意味があります。

「千載一遇」は、「千年に一度しか訪れないような、めったにない機会」を意味します。

かなりスケールが大きな、生きている間に出会えたらラッキーといえるようなチャンスです。

人生を送っている間に「千載一遇の機会」といえるようなチャンスに恵まれたら、それは最高の瞬間になるでしょう。

「絶好のチャンス」同様に、逃さないように最大の努力をしたいものです。

「ビッグチャンス」

「ビッグチャンス」は、「大きな機会」という言葉を英語にしたものです。

例えばプロ野球の試合で、ノーアウト満塁のような場面に恵まれる事を「ビッグチャンス」と呼びます。

「またとない機会」と言い換える事ができるでしょう。

「ビッグチャンス」で結果を出せば、ノーアウト満塁から大量得点をするように、大きな成果を手にする事ができそうです。

「またとない機会」の使い方

「またとない機会」という言葉を使うタイミングは、どのような時でしょうか。

テレビショッピングで「この商品と、この価格で出会う事は二度とないですよ」とアピールするように、聞き手の気持を煽る時に使う事ができます。

同じように仕事で取引先と商談する時に、良い条件を提示できたと思える時は「またとない機会」ですと、アピールする事で、相手にOKと言わせる事ができるかもしれません。

この場合は、本当に相手にとって良いチャンスである事が大切です。

詐欺まがいの言葉だと、相手の信用を失ってしまうかもしれないからです。

自分が本当におすすめの商品を紹介する時に、「またとない機会」という言葉を使ってアピールしてみましょう。



「またとない機会」を使った例文

「またとない機会」を使った例文を見て、具体的な使い方をチェックしてみましょう。

どのような使い方をすれば「またとない機会」が不自然にならないかを見て行きましょう。

  • 恋愛シーンで「またとない機会」を使った例文1
  • ビジネスシーンで「またとない機会」を使った例文2

恋愛シーンで「またとない機会」を使った例文1

恋愛シーンは、出会いのチャンスの連続になります。

その中には「またとない機会」と呼べるような、素敵な人との出会いがあるかもしれません。

例えば素敵な女性と知り合った時、「なんて素敵な女性だ。俺は『またとない機会』を手に入れた!」と心の中で叫ぶかもしれません。

または、「お見合いパーティが、僕にとって『またとない機会』になった」とか、「合コンに参加して良かった。

素敵な女性と「またとない機会」を得る事ができた」
などと使う事ができます。

また素敵な男性や女性を知り合いに紹介する時に、「この出会いは『またとない機会』になりますよ」などと、恋愛成就を後押しする事ができるかもしれません。

ビジネスシーンで「またとない機会」を使った例文2

ビジネスシーンも、良い出会い、悪い出会いの繰り返しです。

中には「またとない機会」と呼べるような良い出会いもあるでしょう。

例えば「この会社との出会いが、自分にとって『またとない機会』になった」とか、「取引先との商談が、『またとない機会』になり、大きな成果を手に入れる事になった」という感じです。

また自社製品やサービスを取引先にすすめる時に、「この価格での提案は、御社にとって『またとない機会』になると信じています」などとアピールする事もできます。

「またとない機会」を逃さないコツ

実生活で「またとない機会」に恵まれた時に、そのチャンスを活かすためにはどうすればいいでしょうか。

そこで「またとない機会」を逃さないコツを紹介します。

  • 「すぐに決断する」
  • 「とりあえずOKする」
  • 「準備をする」

「すぐに決断する」

「またとない機会」は、かなり条件の良い商品との出会いや、素晴らしい人との出会いである可能性があります。

コスパが素晴らしい商品や、魅力的な人は、自分以外の人にとっても価値があります。

ぐずぐずしていると、他の誰かに買われてしまったり、他の人に取られてしまう可能性があります。

「またとない機会」を目の前にしたら、「すぐに決断する」事が大切になります。

そのために、「自分が何を求めているか」を整理しておく必要があります。

自分の価値観がしっかりしていたら、「またとない機会」に遭遇した時に、すぐに決断をする事ができるので、チャンスを逃す事もないでしょう。

「とりあえずOKする」

「またとない機会」と呼べるような大きなチャンスが訪れたら、「とりあえずOKする」という方法があります。

とりあえずゴーサインを出して、またとない機会の中に飛び込んでみましょう。

大きなチャンスを取りあえず手にして、それからどう生かすかを考えてみても良いでしょう。

仕事でこれ以上ないと思えるようなオファーが来たら、とりあえず受けてみて、できるかどうか考えてみる…そのような姿勢で臨んでみましょう。

「準備をする」

「またとない機会」が訪れた時に、そのチャンスを活かすために「準備をする」事が大切です。

例えばあなたが役者なら、主役を与えられるような「またとない機会」に恵まれた時のために、役者としてのスキルを磨いておく事が大切です。

もし主役を得る事ができても、役者としてのスキルが足りなければ、大きな成果を出す事ができないかもしれません。

常に良いチャンスが来る事を信じて、準備を進めておく事が、「またとない機会」を逃さないために大切な事でしょう。

icon まとめ

「またとない機会」は、言葉を聞くだけでもワクワクしてきます。

もし「またとない機会」が訪れた時は、逃さずに、つかめるように準備をしておきましょう。

また「またとない機会」という言葉を、ビジネスや恋愛シーンで使いこなせるようになりましょう。