意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「いらんことしい」の意味とは?方言?使い方や例文を紹介!

催し事を企画すると、とかく運営の段階や準備の段階になって、全体と同じ歩調がとれずに、全体の動きを乱す人が、必ず出てくるものです。

そんな人物に限って、どうでもいいようなことに、妙にこだわったり、手を出したがるものです。

いらんことしい

Meaning-Book
「いらんことしい」の意味とは?方言?使い方や例文を紹介!>


目次

  • 「いらんことしい」の意味とは?
  • 「いらんことしい」の言い換え
  • 「いらんことしい」の言葉の使い方
  • 「いらんことしい」の例文
  • 「いらんことしい」の「いらん」とは?
  • 「いらんことしい」の略語
  • 「いらんことしい」は何処の方言?


「いらんことしい」の意味とは?

余計なことばかりをする人。

しなくてもよいことをする人。

ちょっかいをかける人。

するとかえって迷惑のかかることを、あえてする人。

といった意味です。

これらのことから、する必要の無いことを、わざわざやって、周りに迷惑をかける人の姿が、浮き上がってきます。



「いらんことしい」の言い換え

  • 「いたらんことせんときやい」
  • 「いらぬ世話」
  • 「いらぬお節介」

「いたらんことせんときやい」

博多弁に、ほぼ同じことを意味する言葉があります。

「いたらんこと」というのは、「いらないこと」「迷惑なこと」「つまならないこと」という意味です。

「せんときやい」は、「しないでいなさい(おきなさい)」という意味です。

「いらんことしい」が、人物像を表す言葉なのに対して、博多弁の方は、直接相手に説諭する話し言葉のようになっていますが、意味するところは同じです。

「いらぬ世話」

別に言い換えるなら「余計な世話」まさしく必要のない「いらない世話」「いらんことしい」なのです。

する必要もなければ、しない方がまだましという、邪魔以外の何者でもない世話のことを表しています。

しかし、とかくいらぬ世話やきは、世の中に多いものです。

「いらぬお節介」

お節介が好きな人も多いのですが、これが度を超すと、全体進行の邪魔になります。

だから「いらぬ」つまり、必要のないお節介のことを意味している言葉です。

しかし、このタイプの人に、地域の顔的な人が、多いことがよくあります。

そのため、夏祭りなど、若者が中心となって、改革しようとしても、いらぬ横やりならぬ「お節介」が入って、なかなかうまくいかない地域も、少なくありません。

「いらんことしい」の言葉の使い方

「いらんこと」つまりは、余計なこと、しなくてもよいことをする人という意味合いで使いますから、ある特定の個人の様子や行動に対して、価値づけをするようなニュアンスで使います。



「いらんことしい」の例文

  • 「いらんことしい」の例文1
  • 「いらんことしい」の例文2
  • 「いらんことしい」の例文3

「いらんことしい」の例文1

「Aくんは、よく気が効いて、新人とは思えない仕事ぶりだけど、少々(いらんことしい)の面があって、課内でも浮いてるところがあるようだ」

「いらんことしい」の例文2

「言わんこっちゃないがな、こうなってしもうて。だから、(いらんことしい)言うたやろ」

「すんまへん。どないしましょ」

「いらんことしい」の例文3

でかい荷物をもってエレベーターを待っていたら、B男が「少し持ちましょ」と言って、手を出してきた。

あわてて「(いらんことしい)な」と断ったのに、「大丈夫でんがな」と、荷物に触れた瞬間、バランスが崩れて、エレベーターホール一面に、荷物がころがってしまった。

「いらんことしい」の「いらん」とは?

「余計なこと」「しなくてもいよいこと」「すると迷惑がかかること」と、いったことを指しています。

「いらんことしい」の略語

  • 「いらこ」
  • 「いらち」とは

「いらこ」

「いらんことしい」の略語で、元の言葉から「いらんこ」「いらこ」と変化した上に、「いら子」とも連想されて、余計なことをする人を指す表現として、関西方面、特に大阪方面で若い人達を中心に、広がっている大阪弁です。

同様に、略語で使用されている言葉に「ふてこい」「しらこい」があります。

「ふてこい」とは「ふてぶてしい」の略語で、大胆で無遠慮なふてぶてしい態度から転じて「愛想がない」とか「可愛げがない」といった意味を表す言葉です。

「あの子、ずいぶんと、ふてこいじゃない」といった使い方をします。

「しらこい」は、見え透いていることや知っていても知らないふりをする「しらじらしい」からきた略語です。

「そんな顔して、よくも(しらこい)こと言えるねえ」などと。

使います。

「いらち」とは

「いらこ」とは、一字違うだけですが、表す意味は、全く違います。

「苛つ(いらつ)」という古語の活用形からできた言葉で、気持ちが落ち着かなくイライラする様子や、物事を早くするようにせき立てる気持ちなど、遅いといらだつ、せっかちな人のことを指す言葉です。

とかく、大阪人はせっかちで、すぐにいらついたり、「はよ、せんかい」とついつい急がせてしまって、もめ事になるのも日常茶飯事、そんな人達を「いらち」と呼びます。

「いらこ」とは、全然関係もない言葉ですが、よく似た言葉同士です。

「いらんことしい」は何処の方言?

関西圏を中心とした、特に、大阪を軸とする方言です。

ただし、博多弁の「いたらんことせんときやい」のように、言葉は、その土地の方言ですが、同じ言い回しの例は、各地にあります。

その意味では、関西だけの方言とは、言えないのかもしれません。

icon まとめ

ようやく組み上がったドミノタワーを、「いらんことしい」と言うのに、手を出して倒してしまう人、描き上がったイベントの看板を「いらんことしい」なというのに、一人で動かそうとして、地面に倒し、まだ、乾いてなかったイラスト部分を砂だらけにする人。

あげれば、切りがない「いらんことしい」の人達、反省してもくり返す、もって生まれた性格なのでしょう。