意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「あけすけ」の意味とは?方言?使い方や例文を紹介!

世の中には、自分のことを、あまり語りたがらない人と、正反対に、家族構成から私生活、夫婦げんかの顛末まで、Aさんのことなら、誰もが、何でも知っている、詰まるところ猫の名前の由来までも、知っているというほど、自分をさらけ出す人と、正に、十人十色です。

あけすけ

Meaning-Book
「あけすけ」の意味とは?方言?使い方や例文を紹介!>


目次

  • 「あけすけ」の意味とは?
  • 「あけすけ」の言い換え
  • 「あけすけ」の言葉の使い方
  • 「あけすけ」の例文
  • 「あけすけ」の語源
  • 「あけすけ」を使った言葉
  • 「あけすけ」は何処の方言


「あけすけ」の意味とは?

開けっぴろげで、包み隠しのないこと、また、その様子やあり様をいいます。

ものを言うにも、隠すことなく、遠慮をすることもなく、はっきりと表すことやその様を言います。

普通は、押さえて、表には出さない欲望や感情なども、隠さず表現する「露骨」という言葉に、よく類似した意味をもつ言葉だとも言えます。



「あけすけ」の言い換え

  • 「開けっ広げ」
  • 「ざっくばらん」

「開けっ広げ」

戸や窓が、すっかり開け広げられて、全開の状態になっていることや、その様子を表す言葉です。

そのことから転じて、自分の心中や物事を包み隠さずに、全てを明らか、オープンの状態にすること、また、そのような様子を表す言葉です。

「何事?」

「見ての通り、大掃除よ」

「だからといって、ここまで開けっ広げることは、ないやろうに」

「ざっくばらん」

遠慮や気取りがなく、率直な様子で、もったいぶったり、格好を付けたりするところもなく、素直にありのままの心情を表している様子を指している言葉です。

見てくれ通りの何者でもない、裏表のない正直な生き方や姿勢を指していますが、何より見栄をはったり、飾ったりのない、素のままの生き方や話し方のさまを言います。

「D課長のざっくばらんな対応に、緊張がすぐにほぐれて、気持ちよい相談ができた」

「あけすけ」の言葉の使い方

そのまま名詞の形で使っても、助詞の「な」「に」を加えることで、形容詞的に使っても、比較的使いやすい言葉です。

基本、様子を表す言葉ですから、性格や人柄を表すような時に、使います。

もちろん、前後の文によって、長所にも短所にも変化します。



「あけすけ」の例文

  • 「あけす」の例文1
  • 「あけす」の例文2
  • 「あけす」の例文3

「あけす」の例文1

曾祖父のお祝いに、みんなで集まった際に、叔父がいくら身内とは言え、あまりにも(あけすけ)なので「たいがいに、しときい」と、思わず怒鳴ってしまった。

「あけす」の例文2

B子さんが、気さくで(あすけな)性格だというのは分かるけど、嫁としてはもう少し控えめな所も欲しい気がします。

「あけす」の例文3

さほどのことでもなかったのに、みんなの前で、(あけすけに)叱責されたので、さすがに頭にきて、「なら、言いますけど」と、一言言い換えしてやったら、マジでびびっていた。

「あけすけ」の語源

漢字では「明け透け」と書きます。

昔、「ものを明るみにだす」という意味で「明ける」という言葉が使われ、初めは、開いた間から、向こうが透けて見えるような状態を表していた言葉なのですが、隠すことなくという意味が加味されてきました。

また「開け」「仕切りを取り除く」ということを表し、「透け」は、「向こうのものが見える」ということをいうので、それらのことを合わせて「あけすけ」となったとする説もあります。

「あけすけ」を使った言葉

末尾に助詞を加えることで、いろんな言葉が、出来てきます。

  • 「あけすけな人柄」
  • 「あけすけな女性」
  • 「あけすけな質問」
  • 「あけすけな性格」

「あけすけな人柄」

飾りっ気のない、素のままで発言し、行動する、野性味豊かな人が連想されます。

ただ、日頃からの単刀直入なものの言い方が、周りにどう受け止められているかについては、注意を忘れないことが、大切です。

「あけすけな女性」

ずけずけと自分の意見を述べ、細かなことにはこだわらない、男性的な行動力をもったある面では、たくましい女性像が、作られてきます。

女性にありがちな、些細なことに拘泥して、悩んだり、落ち込んだりといったことが少なく、「明日は、明日の風が吹く」的人生観で、常に、前向きに行動するポジティブな女性を指す言葉です。

「あけすけな質問」

30過ぎの女性に、既婚か未婚かを問うようなデリケートな問題に関しては、配慮をして尋ねるのが普通ですが、それをいきなり「独身?」と、尋ねるような、デリカシーの全くない質問の仕方や内容のことをいいます。

「あけすけな性格」

あけっぴろげで、飾りっ気がなく、包み隠しのない姿勢や態度で接してくれる性格です。

しかし、自分の性格がオープンなだけに、人の気持ちをおもんばかる点が、不十分と言うより、そんな気持ちは、持ち合わせていないといった方が正解で、真正面から付き合うと、疲れを感じてくる傾向のある性格です。

「あけすけ」は何処の方言

大阪弁のような雰囲気をもっていますが、あけすけな言葉や態度の人が、比較的大阪に多いというイメージがあるだけで、どこの方言でもない標準語です。

icon まとめ

最近、あけすけな物言いをする人が、増えたように思えます。

SNSなどの発達によって、話し言葉や感嘆符、スタンプなどで事が済むようになってきたので、相手の気持ちや想いを、推しはかるとか、相手の立場に立って考える、といったことが少なくなりました。

いわゆる「タメ」の関係での会話が、横行しています。

あけすけも、くったくがなく、裏もないような気がして、すっきりしますが、やはり、考えは薄い気がします。

女性もどこかしらミステリアスな面があってこそ、真の魅力が出てくるように思えます。

あけすけな面も大事ですが、相手を思いやる心は、もっと大事です。