意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「戒め」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

「戒め」の意味と読み方を紹介します。

さらに「戒め」の類語や「戒め」を使った例文を紹介して行きます。

Meaning-Book
「戒め」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!>


目次

  • 「戒め」の意味とは?
  • 「戒め」の類語や言い換え
  • 「戒め」の類語や言い換え:「注意」
  • 「戒め」の類語や言い換え:「説教」
  • 「戒め」の類語や言い換え:「懲らしめる」
  • 「戒め」を使った例文


「戒め」の意味とは?

「戒め」という言葉を見たことがあるでしょうか。

例えば厳しい教えがあるような家で育った人や、しつけが厳しい事で有名な学校に通った経験がある人は、「戒め」という言葉を良く耳にしたり目にしたりした経験があるかもしれません。

「戒め」「いましめ」と読みます。

読み方が難しい漢字ですので、間違えないように注意しましょう。

「戒め」は、「あやまちがないように注意する」という意味の言葉です。

家ごとの「戒め」は、「家訓」などと呼ばれる事もあります。

「笑顔を大切にする」「嘘をつかない」など、人生を生きる上で大切な事をまとめたものを「戒め」と呼び、目に見える場所に貼ったり、毎朝、言葉に出すようなルールのある家もあります。

会社では「社訓」と呼ばれて、会社員としての「戒め」を学び、間違った行動をとらないために役立てたりします。

また自分に対してではなく、誰かに対して「あやまちがないように注意をする」時に、「戒め」を使う事があります。

このような場合は「懲らしめる」という意味が強くなります。

例えば、学校の生徒が授業中に寝ている事を発見した教師は、「戒め」つまり「懲らしめる」ために、廊下に立たせる事があります。

体育会系の部活では、気を抜いていた部員に対して「戒め」として、校庭を走らせる事があります。

もちろん、現在の状況では「戒め」と称して子供を「懲らしめる」行為は、パワハラや虐待と呼ばれますので、注意が必要です。

いずれにせよ、「戒め」という言葉を使う時は、自分や自分以外の人が間違った行動をしないように、あやまちをおかさないように注意を促す行動を表現したい時に使います。



「戒め」の類語や言い換え

続いて「戒め」という言葉の類語や、似たような意味の言葉に言い換えた例をチェックしてみましょう。

「戒め」に含まれる意味が、類語等をチェックする事で、より鮮明になるのではないでしょうか。

「戒め」の類語や言い換え:「注意」

「戒め」は、自分や誰かがあやまちをおかさないように、「注意する」という意味があります。

つまり「戒め」の中には「注意」という言葉が含まれています。

「注意」という言葉は、あまりにもメジャーな言葉なので、他の言葉に言い換えようと考えた事もないかもしれません。

「注意」をかみ砕いて表現すると、「気を付けるように教える」という意味になります。

例えば、増水している川の近くを歩いている子供がいたら「増水しているから危ないよ」とか、「川の流れが速いから、川に落ちたら流されてしまうよ」などと「気を付けるように教える」と思います。

これはまさに「注意」という言葉の典型例といえるでしょう。

そのままでは失敗してしまいそうな行為をしている人、トラブルを起こしそうな人に対して、「気を付けるように教える」のが、「注意」という言葉です。

「注意」をかみ砕いた状態で言えば、「戒め」「あやまちをおかさないように、気を付けるように教える行為」となります。



「戒め」の類語や言い換え:「説教」

「説教」も間違った事をしないように教えるという意味で「注意」「戒め」にとても似ている言葉です。

ただし「説教」という言葉を使う時は、「堅苦しい」注意に限定されます。

子供が親から怒られる時に「説教が始まった」と感じる時は、「堅苦しい」状況がセットになっています。

例えば応接間に呼ばれて、親と子供が正座をして向かい合っている様子は、まさに「堅苦しい」といえる状況でしょう。

学校の先生にその場で注意を受ける時は、「叱られた」とか「怒られた」と生徒は感じるはずです。

廊下を走っているのをみつかって、その場で怒鳴られた場合は、「説教をされた」と感じないかもしれません。

しかし「後で職員室に来い」と言われて、本格的に指導される場合は「説教」と感じる事が多いはずです。

また「四文字熟語」「故事」などをモチーフにした注意も、「説教」と呼ばれます。

知識が豊富で、理路整然とした人が「注意」をする時に「説教」になる事が多いでしょう。

「戒め」の類語や言い換え:「懲らしめる」

「戒め」には「懲らしめる」という意味もあります。

自分以外を戒める時は「戒め」「懲らしめる」という意味になります。

子供が嘘をついた時に、「懲らしめる」意味で、食事を抜いたり、家から追い出して鍵をかけたりします。

また江戸時代など、古い時代には犯罪を犯した人を「懲らしめる」ために、市中引き回しなどを行ったケースもあります。

「懲らしめる」「懲」は、「懲罰」という言葉にも使います。

これ以上あやまった行動をしないために、言葉で注意をするだけでなく、「懲罰」をしてより強く印象に残し、二度と繰り返さないように指導する狙いがあります。

「戒め」を使った例文

「戒め」を使った例文を見る事で、「戒め」をどのように文章に入れるかを、理解できるようになるかもしれません。

そこで「戒め」を使った例文を、いくつかチェックしてみましょう。

  • 「戒め」を使った例文1
  • 「戒め」を使った例文2
  • 「戒め」を使った例文3

「戒め」を使った例文1

「戒め」には、あやまちをおかさないために、注意するという意味があります。

現在生きている人の注意だけでなく、すでに故人となった人の注意を大切にして、自分の「戒め」にしている人もいます。

例えば、すでに亡くなった父の「戒め」を守りながら生きている人がいます。

この人の様子を「戒め」という言葉を使った例文にしてみましょう。

「亡くなった父は、『いつでも笑顔でいれば、幸せはやってくる』と言っていた。私はその言葉を大切にして、辛い時に思い出すようにしています。また『誰かを裏切るような行動は絶対にするな』と父は事あるごとに言っていました。私はその言葉を『戒め』にして、誰も裏切る事無く、人との付き合いを大切にしながら生きています」という感じです。

「戒め」を使った例文2

「戒め」には「懲らしめる」という意味があります。

学校や部活動などのシーンでは、「懲らしめる」機会が多いかもしれません。

例えば野球部の監督が、ある生徒を戒めのために校庭を走らせている様子を、「戒め」という言葉を使って文章にします。

「Aは才能があるのだが、練習をサボる癖がある。このままではせっかくの才能が育たない。そこで監督である私は、Aがサボるたびに『戒め』のために校庭を走らせている。しかし最近は、パワハラや虐待に関する世間の目が厳しくなっているから、例え『戒め』のためとはいえ、厳しくし過ぎるのも問題だ」という感じです。

「戒め」を使った例文3

過去の失敗を将来の成功に活かす時、失敗は「戒め」に変わります。

そこで失敗を成功の母とした例を、「戒め」を使った例文にしてみましょう。

「私は新人だった頃に、取引先の担当者を怒らせてしまった。敬語が上手に使えずに、ため口を使ってしまったせいだ。私はこの失敗を『戒め』として、本気で敬語を学んだ。そのおかげで、取引先の印象が良くなり、営業成績もどんどん良くなった」という感じです。

誰かに言われた金言や注意を「戒め」にするだけでなく、自分の過去の失敗を「戒め」にする事も可能です。

icon まとめ

「戒め」という言葉は、少し怖い雰囲気がありますが、人生をより良くしたい人にとって大切にしたい言葉です。

自分なりの「戒め」を作って、手帳に書くなどして、毎朝見直してみると、人生が良い方向に変わっていくかもしれません。

「戒め」を怖がらずに、自分の友達にする事をおすすめします。