意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「遺伝子レベルで好き」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

人との出会いは、とても人生を豊かにしてくれますが、出会いは、その人の一生を大きく左右するかもしれない可能性を秘めています。

それは男女の関係でも同じことですね。

男性は好みの女性を目の前にすると、やは男の本能が目覚めるのでしょう。

しかし、女性から見ると、独特の匂いで生理的に無理と拒まれることも少なくありません。

これは女性の人に限らず、男性も好みの女性なのかどうかを判断する大きな基準となっています。

遺伝子レベルで好き

Meaning-Book
「遺伝子レベルで好き」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!>


目次

  • 「遺伝子レベルで好き」の意味とは?
  • 「遺伝子レベルで好き」の類語や言い換え
  • 「遺伝子レベルで好き」の使い方
  • 「遺伝子レベルで好き」を使った例文
  • 「遺伝子レベルで好き」に関連する言葉


「遺伝子レベルで好き」の意味とは?

「どうしてだろう?不思議と彼の匂いを嗅ぐと何だか落ち着いた気持ちになるの。」

そんなことを言う女性がいます。

このように「匂い」「香り」がとても気になって、堪らず「好きになっちゃった。」 という異性に出会ったことがあるのではないでしょうか?

そうなのです。

実は、人は本能的に相手が好きかどうかを「匂い」で判断しているという考え方があるのです。

この考え方は、「彼の匂いが好きなの。」

という場合もありますし、彼女の匂いに惹かれてしまったというケースもあるのです。

理屈では表現できない、あるいは言葉では表せないように、どうしようもなく惹かれ合う男女は、まさに「遺伝子レベルで好き」という感情が先に来ているわけです。

まるで、テレビドラマのタイトルのような表現なのですが、現実に起こっていることなのです。

世の中には、一目惚れで結ばれるカップルもたくさんいますね。

そのメカニズムは、しっかりと存在するのです。

その人の仕組みとの1つとして挙げられるのが、彼女「匂い」です。

例えば、女性が男性の「匂い」で、自分とは全く異なる遺伝子を嗅ぎ分けて、惹かれてしまうということが実際にあります。

自分と全く違ったタイプの遺伝子があるために、強い子孫を残スという本能的に惹かれて、一目惚れになっていくけです。

まさに動物的な行動パターンです。

男性にも自分が必死に手に入れた物については、それを必死に守ろうとする傾向や習性があるのですが、これも引き合う遺伝子が大きく影響しているのかもしれません。

人には、「恋愛遺伝子」と呼ばれる「HLA遺伝子」というものが存在しています。

この遺伝子は、タイプが異なる程度がとで大きければ、男女はとても強く惹かれ合います。

この遺伝子の相性を見極める1つの行動としてあるのが、人間な無意識に使っている匂いを嗅ぐことです。

何と匂いによって遺伝子の違いを嗅ぎ分けて、本能的に「好きかどうか」の判断をしているのです。

「言葉では言えないけど、何故か彼の匂いを嗅いでいると、安らぐ。」 ということは、このような理由があるのです。

そんな匂いによって、異性との出会いには、恋愛的な感情があるはずなのですが、本能的に相手に対する好き・嫌いの判断基準となっているのです。

「彼の匂いが好き。」という女性が自分の目の前に現れたなら、それは、決して変な事ではなく、ごく自然なことなのです。

逆に匂いで、生理的に拒絶されることもあるので、どうしようもないのかもしれませんね。



「遺伝子レベルで好き」の類語や言い換え

では、「遺伝子レベルで好き」を言い換えるなら、どんな言葉になるでしょう?

  • 「本能的に好き」
  • 「理屈抜きに好き」

「本能的に好き」

遺伝子は、自分の感情とは関係なく影響します。

そのことを考えると、まさに 「本能的に好き」という表現になってくるでしょう。

「理屈抜きに好き」

これも「遺伝子レベル〜」と同じような意味として使える表現です。

どんな言葉も要らなく、ともかく理屈を語る必要もなく、好きな気持ちが先に来てしまうことでしょう。

「遺伝子レベルで好き」の使い方

「遺伝子レベルで好き」を使う場面は、一目惚れや、自分では例えようのない気持ちの昂りを表現したい時に使えるのではないかと思います。



「遺伝子レベルで好き」を使った例文

では、この表現の例文を見てみましょう。

  • 「遺伝子レベルで好き」の例文1
  • 「遺伝子レベルで好き」の例文2
  • 「遺伝子レベルで好き」の例文3

「遺伝子レベルで好き」の例文1

プロポーズされた時

「抱きしめられながらプロポーズされたけど、遺伝子レベルで好きなの。」

思わずプロポーズされた彼女。

ともかく理屈抜きでの気持ちの表現です。

「遺伝子レベルで好き」の例文2

彼女に対する何気ない印象

「普段はそんなに意識しないけど、時々匂いに、ドキッとすることがあります。これって、遺伝子的に好きということかな。」

「遺伝子レベルで好き」の例文3

まさに本能的に恋に落ちる時

「男性は目で恋をして、女性は耳で恋をする」という言葉があります。

男女ともに、自分に持っていないものを相手に求める傾向があります。

男性の場合は、高いのトーンで透き通るような声に心地良さを感じて受け入れることがあるのですが、これも本能的に「遺伝子レベルで好き」ということになるのでしょう。

「遺伝子レベルで好き」に関連する言葉

  • 「遺伝子レベルで惹かれあう」
  • 「遺伝子レベルで恋している」

「遺伝子レベルで惹かれあう」

「パートナーの匂いが好きですか?」 と質問されると、どのような回答をするでしょうか? 姓名判断、星座占いなどでは、相手との相性を見ていく方法は、たくさんありますが、パートナーとしては遺伝子的に相性が合っているかどうかを調べる方法として、「匂い」が挙げられます。

相手のことを「いい匂い」とかんじるなら、それは人が本能的に相手を求めているという証拠です。

遺伝子的に惹かれ合っている可能性が強いのです。

香水やシャンプーではごまかすことができない独自の「体臭」がありますか、人はその体臭さえも嗅ぎ分けることができる動物です。

「嫌いな匂い」と思う相手なら、自分と遺伝子が近いために、考えることなく避けるのです。

思春期の女子が、父親のことを生理的に嫌うのも、この「匂い」が影響していると言われています。

女性の人は、子どもを産むことから、男性よりも嗅覚が優れており、良い遺伝子を子どもに伝えるために、「匂い」で遺伝子的に相性の良い異性を探し求めているのです。

「相性遺伝子」である「HLA遺伝子」が、人間の相性と匂いに深く関係しているのですが、この遺伝子が異なるほどに多くの種類が生まれて、強い子孫が残せるのです。

人間は本能的に、自分と異なるHLA遺伝子を持つ相手に強く惹かれるというわけですね。

「遺伝子レベルで恋している」

ある統計では、同型では、一目惚れで結婚する夫婦の離婚率は、男性20%、女性10%と極めて低い結果があります。

一目惚れのメカニズムで女性が男性の「匂い」で、自分と全く違う遺伝子を嗅ぎ分けて惹かれるということは、前述の通りでふす。

本能的に惹かれて一目惚れしてしまうのは、まさに遺伝子がなせる技と言えるでしょう。

ちなみに、男性からの一目惚れの方が、離婚率は低いとされていますが、これも子孫存続のいたずらなのでしょうか?

「遺伝子レベルで恋している」とは、このことかもしれません。

icon まとめ

男性は、「匂い」「臭い」の違いを本能的に嗅ぎ分けていると云われています。

「女性の体臭が好きなんだ。」

「自分は匂いマニア」

と言っている男性は、単なる汗やムレなどの「臭い」と認識しているのではなく、女性本来の「匂い」を好んでいるのでしょう。

遺伝子レベルで嗅ぎ分けながら、女性の"匂い"を感じているのです。

逆な「臭い」は、距離を置くための手段かもしれません。

「私の体臭は、どう思われているのかしら?」と気になる人もいるでしょう。

あるアンケート調査結果では、「自分の臭いが気になる」と答えた女性は、なんと100%近くもありました。

彼と会った時のことを思い返してみると、理解できるはずです。

仕事を終えてからのデートや、電車で吊革につかまった時の脇の臭い。

ブーツで足がムレていて、食事や自宅デートをいやがられたり。

汗からのムレなどの匂いで、彼との大切な時間を過ごしているとしたなら、彼から「生理的に無理だな。」

と思われることがあるかもしれません。

これほどまでに匂いは、男女の関係を大きく左右してしまうのです。