意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「補填」の意味とは?類語、対義語や使い方、例文を紹介!

「補填」の意味や読み方、類語を紹介します。

さらに「補填」を使った例文を紹介して行きます。

補填

Meaning-Book
「補填」の意味とは?類語、対義語や使い方、例文を紹介!>


目次

  • 「補填」の意味とは?
  • 「補填」の読み方
  • 「補填」の類語や言い換え
  • 「補填」を使った例文


「補填」の意味とは?

「補填」という言葉の意味や、読み方をご存知でしょうか。

日常会話よりも、ニュースなどで使われる事が多い言葉です。

ビジネスシーンでも頻繁に登場しますので、意味や読み方をきちんと把握しておきましょう。

  • 「補填」の意味

「補填」の意味

「補填」という言葉を、耳にした事があるでしょうか。

日常生活で「補填」という言葉を使ったり、耳にする事は少ないと思いますが、テレビやネットニュースなどで見たり聞いたりする事はあるでしょう。

国の経済や運営、企業の財政問題などを取り扱ったニュースでは、「補填」という言葉が良く登場します。

新聞を「補填」という漢字がにぎわす事も多いはずです。

「補填」は、損害を「補填」する、赤字を「補填」するなど、お金に関するニュースで使う事が多い言葉です。

不足を補って埋めるという言葉には「補充」「補完」など、似たような言葉がいくつもありますが、お金に関する不足を埋めようとする時は、「補填」という言葉がふさわしいです。

また「補填」には不足したものを、他のもので補うという意味も含まれています。

例えば自動販売機のAというジュースがなくなった時に、足りなくなった分のAというジュースで埋め合わせる時には「補填」という言葉はふさわしくありません。

「補充」「補完」という言葉の方が適切でしょう。

また「補充」という言葉は、欠員を補充するなど、人に対して使う事が多い言葉でもあります。

「補填」は、足りなくなったもの、特にお金関係の物を、他のもので補うという意味が強いです。

そのため「地方財源が苦しくなったので、国の財源で補填する」という例文のような使い方をされます。

「地方のお金が足りない」だから「国のお金で埋め合わせる」というようなケースで、「補填」という言葉が良く使われます。



「補填」の読み方

「補填」「ほてん」と読みます。

難しい読み方ですので、間違えずに読めるように、またこの機会に漢字を間違わずに書けるようになりましょう。

「補填」「填」は埋めるという意味があります。

そのため「補填」「不足分を埋める」という意味があります。

また「填補」という言葉があります。

「填補」の文字が逆になった言葉ですが、意味は同じです。

ただし読み方に注意してください。

「補填」「ほてん」ですが、「填補」「てんぽ」と読みます。

「ほ」「ぽ」になり、間違えやすい部分ですので気を付けてください。

「補填」の類語や言い換え

次に「補填」の類語や言い換えた言葉を紹介していきます。

「補填」はニュースやビジネス用語として登場する機会が多く、硬い印象のある言葉です。

そこで同じ意味を持ちながら、印象が柔らかく伝わりやすい言葉をいくつか紹介します。

  • 「埋め合わせる」【うめあわせる】
  • 「カバー」【かばー】

「埋め合わせる」【うめあわせる】

「埋め合わせる」という言葉は「補填」と同じような意味で、誰が聞いても意味が通じやすい言葉です。

損失を補うとか、不足を補う事を「埋め合わせる」といいます。

また補填と同じように、「足りない部分を他のもので補う」という意味も含まれています。

例えばバイト先がとても忙しい時、本来はシフトに入っていない日に、呼び出しが掛かる事があります。

このような時は、バイト先の店長が「ありがとう。今度埋め合わせするからな」などと言って、労をねぎらう事が多いです。

この場合は、休みだったはずの日に働かせてしまったから、別の日に休みを取らせる、または休日に働くことになった精神的苦痛に対して、食事などをおごる事で補うなどの「埋め合わせ」をする事になります。

また「埋め合わせる」という言葉と同じ意味を持つ言葉に、「穴埋め」という言葉もあります。

例えばAというバンドのベース担当がケガをしてしまった場合、「穴埋め」でBというバンドのベースがAのベースを兼任する事があります。

「穴埋め」という言葉にも、「補填」と同じように、足りない部分を別のもので「埋め合わせる」という意味が含まれています。

「カバー」【かばー】

損失や足りない部分を埋め合わせるという意味の言葉に「カバー」という言葉があります。

「補填」「埋め合わせる」という言葉と同じ意味の言葉ですが、より一般的に使われる言葉です。

例えば新人社員が取引先で商談をする時に、先輩社員が付き添って商談を見守る事があります。

新入社員が力不足で、商談がとん挫するのを防ぐために、先輩社員がついています。

これは新入社員の実力不足を、先輩社員の力で「補填」「埋め合わせ」をする意味があります。

そして、このケースでは「先輩社員が新入社員をカバーする」と表現する事ができます。

「地方の予算不足を、国の予算でカバーする」とか、「人数不足を気合でカバーする」など、様々な場面で使える便利な言葉です。

「補填」「補充」「補完」などの使い分けに迷った時は、「カバー」という言葉を使うと間違いないでしょう。



「補填」を使った例文

「補填」を使った例文を見る事で、「補填」を文章に自然に組み入れる方法を知りましょう。

そこで「補填」を使ったいくつかの例文を紹介します。

例文をチェックするうちに、「補填」を使いこなせるようになるかもしれません。

  • 「補填」を使った例文1
  • 「補填」を使った例文2

「補填」を使った例文1

会社勤めをしている人、企業のプロジェクトに参加して仕事をしている人は、「補填」という言葉を耳にしやすいでしょう。

例えば、あるプロジェクトに参加をしている時、資金不足の問題が起こったとします。

この時の様子を「補填」という言葉を使った例文にして見てみましょう。

「私が参加しているプロジェクトは、思ったよりもお金がかかる事が分かった。このままでは資金不足に陥り、プロジェクトがとん挫してしまうだろうと参加者の誰もが思った。そこで、同時に進行していた別のプロジェクトをいったん中止して、その予算を資金不足に『補填』する事になった」という感じになります。

「Aのプロジェクトの資金不足を、Bのプロジェクトの資金で『補填』する」という例文で、不足分を別のもので埋め合わせるという「補填」の特徴が出ています。

「補填」を使った例文2

日常的なシーンでも「補填」という言葉を使う事ができます。

例えばお小遣い制のサラリーマンは、何かとお金が足りなくなる事が多いでしょう。

そんなサラリーマンのお金をやりくりする様子を、例文にして見てみましょう。

「日曜日に会社の同僚とゴルフをする事が急に決まった。しかし、ゴルフをするためのお金の余裕など、お小遣い制の私にはない。仕方なく次の週のランチ代でゴルフ代を『補填』する事にした。来週は水を飲んで空腹をしのごう」という感じです。

お小遣いのやりくりではありますが、あえて「補填」という言葉を使って、面白味を出しています。

また個人のお小遣いであっても、国の経済と同じくらい重要で切実なのは事実です。

icon まとめ

「補填」という言葉は、テレビやネットのニュースで耳にする言葉ですが、日常生活で頻繁に使う言葉ではありません。

そのため「補充」「補完」との区別がつきにくいかもしれません。

「不足分のお金を、別の資金源で埋め合わせる」時に使いたい言葉です。

これを機会に「補填」という言葉を使いこなし、ビジネスシーンで役立ててください。

また個人のお金を管理する時も、「補填」という言葉を使うと重要なイメージになります。

「補填」という言葉を使うと、お小遣いの管理が楽しくなるかもしれません。