意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「リーダーシップ」の意味のとは?類語や使い方、例文を紹介!

日本語には、色々な言葉があります。

その中でも、英語からカタカナへとなり、に日本語の会話の中で、普通に使われることが数遠くあります。

特にビジネスにおけるコミュニケーションでは、そのような類いの言葉が多く使われています。

「コンセンサス」「エビデンス」などの言葉を耳にすることもあるでしょう。

Meaning-Book
「リーダーシップ」の意味のとは?類語や使い方、例文を紹介! >


目次

  • 「リーダーシップ」の意味とは?
  • 「リーダーシップ」の類語や言い換え
  • 「リーダーシップ」の使い方
  • 「リーダーシップ」を使った例文
  • 「リーダーシップ」を取るため必要なもの


「リーダーシップ」の意味とは?

ビジネスシーンの中で、よく使われている言葉の中に、「リーダーシップ」があります。

組織を束ねるリーダーには、常に具体的なビジョンが不可欠だと言われていますが、「リーダーシップ」を訳すると、その意味としては、「指導力」「統率力」という内容になります。

「リーダー」は仕事の上では、「役割」のことで、この役割の要素的なことを「リーダーシップ」と定義づけることができるでしょう。

リーダーとしての役割を果たすための方法と表すこともできるかもしれません。

リーダーシップは、組織が掲げた目標や自分が立てた計画に向かってチームを束ねて導いたり、チームの内部で、仕組みや構造を維持しながら、全員を引っ張っていくことをします。

このように「リーダーシップ」は、組織を率いる能力のことを指していることになりますが、この能力は、会社の経営者など組織の代表者や政治家などの人達だけが求められる力ではありません。

他にも多くの人が、「リーダーシップ」を身に付けて、実践していく必要があります。

一方で、「リーダーシップ」は、組織や多くのメンバーの先頭に立ちながら、引っ張っていくということを考えがちですが、必ずしもそうとは言い切れません。

「リーダーシップ」の立場にある人は、色々な状況や環境でさまざまなスタイルになることもあるのです。



「リーダーシップ」の類語や言い換え

明確にできないビジョンを確立しつつ多くの人を導いていく「リーダーシップ」の類義語としては、次のような言葉があるでしょう。

  • イニシアティブ
  • 統率力【とうそつりょく】
  • 中心的役割【ちゅうしんてきやくわり】

イニシアティブ

「イニシアティブ」「リーダーシップ」に近い意味があります。

「この混迷した環境の中で、イニシアティブを取って、多くの人をあるべき方向に導いていく。」

このような使い方になるでしょう。

「イニシアティブ」「主導権」「主導」「積極的主張」「主導権を握る」「主導する」「旗振り」「自発的取り組み」「率先して」「主唱」「 牽引車となる」「機先を制する」「家督」「覇権」「跡目」「主導性」「権力」などの意味を含んだ言葉てしても使われます。

統率力【とうそつりょく】

「統率力」「リーダーシップ」と同じ意味を持つ言葉になってきます。

「彼の持ち前の統率力で、巨大な組織を見事にまとめ上げていく。」

このような時に使われる言葉です。

「統率力」は、「重量感」「無言の力」「影響力」「カリスマ性」「プレゼンス」「エッジを立てる」「求心力」「威信」「業界の実力者」「社会的力」「左右する力」「すごみ」「鶴の一声」「 幅をきかせる」「実在感」「威厳」「圧力」「発言力」「権力」「威圧感」「畏怖させる力」「統合力」「信服させる力」「勢力」「威力」「魂のこもった」「エネルギー」「貫禄」「精気」「風格」「 威勢」「気を発する」「個性」「熱意」「爆発」「 意欲」「心意気」「尊厳さ」「実体感」「重み」「 経営上のやり繰り」「リード」「采配ぶり」「 手腕にかかる」「指揮能力」「運営能力」「支配力」「引っ張る力」「技量」などの言葉に近い意味で使われることがあります。

中心的役割【ちゅうしんてきやくわり】

「中心的役割」「リーダーシップ」に近い意味があります。

「指導」「首謀」「唱導」「主導」「先導」「引っ張る」「音頭取り」「盟主」「建設的役割」「公共的役割」「管理人」「参謀役」「役目」「三役」「配役」「国際的役割」「指導的役割」「大役」「公的役割」「ロール」「主導的役割」「執事」「勤め」「手がかり」「水先案内」「ナビゲーション」「引率」「先導」「肝煎りで」「率先して」「主導」「イニシアチブを取る」「陣頭に立って」 などの言い換えとしても使える言葉としてあります。

「彼は、私達のグループの中心的役割を果たしている人です。」

これも具体的な使われ方となるでしょう。

「リーダーシップ」の使い方

「リーダーシップ」の使い方は、組織を引っ張っていく時や、指導力を発揮する時に使われることが多いです。

特に、ビジネスセミナーなどで、「リーダーシップ」をテーマとした内容でも大きく取り上げられることがあります。



「リーダーシップ」を使った例文

では、どのようなケースで使われるのか見ていくことにしましょう。

  • 「リーダーシップ」の例文1
  • 「リーダーシップ」の例文2
  • 「リーダーシップ」の例文3

「リーダーシップ」の例文1

「彼は、いかんなくリーダーシップを発揮して、あの強者ばかりが集まっているチームをまとめあげた。」

組織は、人が集まって成り立っています。

その中には、"超個性派揃い"のメンバーが集まり、まとまりのない組織やチームが時としてあるものです。

そのようなチームに対して、強いリーダーシップを発揮して、団結力を固めるのです。

「リーダーシップ」の例文2

「彼は、リーダーシップ能力が高い人だと思われていたが、結果的には何もできなかった。」

リーダーに担ぎ上げられたのは良かったのですが、いざチームが動き始めると、彼はリーダーとしての役目を果たすだけの力がなかったのです。

「リーダーシップ」の例文3

「強いリーダーシップ力を持つ彼は、多くの人の信頼を得て、引っ張って行くのでした。」

こんな使い方もあります。

「リーダーシップ」を取るため必要なもの

リーダーシップを取るためには、次のようなことが求められます。

  • リーダーとしての素質
  • チームを統率していく
  • ビジョンの実現に向けて、メンバーがモチベーションを保ちながら、意識を高めていくこと
  • 具体的な目標を設定して取り組めること

リーダーとしての素質

「リーダーシップ」としての資質は、とても重要な要素です。

特に、「リーダーシップ」を発揮することは、大きな成果につながっていきます。

リーダーシップを取ることができる人とは、次のような資質を持っていることが必要です。

チームを統率していく

「リーダーシップ」としての資質を考えた時に、大前提としてあることは、「チームを統率できること」になってきます。

どんなに個々のメンバーが優秀な能力を持っていたとしても、チームがまとめられなければ、「リーダーシップを持っている人」とは言えません。

しかも、この要件がリーダーシップに求められる最も基本となっていく要素です。

チームをまとめる方法も、人によってさまざまなまとめ方がありますし、自分で先頭に立って、メンバーを引っ張って行くことだけがリーダーシップとは言い切れない場合もあります。

周囲の人と意志疎通を図り協力しながら、チームのあるべき方向性を決めてすすんでいく場合もあれば、完全にサポート側に回り、縁の下の力持ちとしてチームをサポートしなから、まとめるやり方もあります。

どのような場合でも、チームのメンバーの気持ちを1つにまとめ上げて、共通の認識を持ち、目標を共有しながら、進んでいくことが重要になっていきます。

チームの形には、実にさまざまな規模がありますが、必ずしも大規模なチームを統率させなければばならないというわけではありません。

例え小さな規模のチームや組織でも、まとめることができるのであれば、高い評価を得ることができるのです。

ビジョンの実現に向けて、メンバーがモチベーションを保ちながら、意識を高めていくこと

メンバーお互いが励まし支えるような、人間関係を作ることができたなら、これは組織としては、とてもいい状態と言えます。

企業が求めるリーダーシップには、チームメンバーのモチベーションを高めることとそれを維持し続けることが求められます。

チームや組織のリーダーになることは、単にチームをまとめるだけではなく、モチベーションを高めながら、共有する目標達成のために、やる気を起こさせることも大切なことなのです。

モチベーションが上がるか下がるかで、掲げた目標が達成できるかどうか、結果が大きく変わってきます。

各メンバーのやる気が引き出せるということは、とても大きなファクターと言えるでしょう。

また、単純にチームを盛り上げて、気持ちを高揚させることになるだけでは、成功したとは言えません。

決して、それだけはありません。

その場限りの雰囲気を高めるだけではなく、長い視点で、人それぞれのモチベーションを引き出して高めて続けることが大切です。

チームの士気が高まることで、目標や計画、プロジェクトなどの成功を目指すことが可能になってきますし、これこそ企業が求めるリーダーシップの理想像であると言えます。

具体的な目標を設定して取り組めること

目標を具体的な数値やアクション計画として設定しながら、その物事に対して取り組めることも、企業が求めるリーダーシップのあり方となってきます。

個人レベルで目標を設定して行動に移して行くことも大切なことですが、チーム全体のメンバー共通の目標が設定できるかどうかが大変重要なことなのです。

個人の目標は、自分ひとりで達成を目指すことができますし、目標のレベルの設定も高くしたり、現実レベルに設定することができます。

しかし、チームの目標を決める場合は、チームが達成できるレベルに合わせて目標を設定しなければなりません。

自分の能力は元より、チームの各メンバーのスキルや能力を把握しながら、目標を設定する必要が出てきます。

そのためには、メンバー個人の力量やキャパシティを正しく的確に把握しておくことが必要になります。

上手に目標が設定できることは、チームのメンバーの状態を正しく把握して理解できているということにもなります。

このような管理能力の高さもリーダーシップを発揮するための重要なポイントとなります。

icon まとめ

リーダーシップを発揮することは、決して1人で成し遂げていくものではありません。

組織やチームという多くの人の行動が存在しています。

組織にいるメンバー1人ひとりが、意識してリーダーシップを発揮して行くことで、実現できることとも言い換えることができます。

具体的なビジョンを設定して、それに向けて、いかに行動しなければならないか、リーダーシップには、実に多くのことが求められるのです。

今や、グローバル化していく経済や企業は、先が見えない混沌とした世界情勢や混迷を続ける経済状況の中で、生き延びて発展していくために、リーダーシップの必要性を説いているのです。

企業を取り巻く環境や経済活動は、絶えず変化しているので、このような舵取りが難しい環境の中では、組織において、上司の指示命令を、待って動くだけではなく、自ら計画を立てて考えながら、行動する能動的な人材が必要になっています。

リーダーシップは、周囲の人を引き込みながら、組織を運営していくことです。

各メンバーの力が弱くても、メンバー1人ひとりが自覚しリーダーシップを発揮しながら、関係する人達の理解を得ていくことで、チーム力はさらに強みを発揮することなります。

そのためには、それぞれのリーダーシップを発揮できるような能動的な人材が必要なのです。