意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「てんてこ舞い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「てんてこ舞い」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「てんてこ舞い」という言葉を使った例文や、「てんてこ舞い」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「てんてこ舞い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「てんてこ舞い」とは?意味
  • 「てんてこ舞い」の表現の使い方
  • 「てんてこ舞い」を使った例文や短文など
  • 「てんてこ舞い」の類語や類義語・言い換え


「てんてこ舞い」とは?意味

「てんてこ舞い」には、「休む暇もがなく」「とてもせわしない」「とても忙しい」という意味があります。

  • 「てんてこ舞い」の読み方

「てんてこ舞い」の読み方

「てんてこ舞い」の読み方は、「てんてこまい」になります。



「てんてこ舞い」の表現の使い方

「てんてこ舞い」の表現の使い方を紹介します。

「てんてこ舞い」は、「休む暇もがなく」「とてもせわしない」「とても忙しい」を意味します。

そこで、休む暇もなく、忙しく動き回っている人を見た時、「てんてこ舞い」という言葉を使ってみましょう。

例えば、仕事がいくつも立て込んでいて、しかも締切や納期が近いということがあるかもしれません。

いくつもの仕事を休みなく、忙しく動き回りながらこなしている様子をみたことがあるかもしれません。

このような様子を「仕事が重なり、てんてこ舞いになる」などと、「てんてこ舞い」という言葉を使って表現できます。

「てんてこ舞い」を使った例文や短文など

「てんてこ舞い」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「てんてこ舞い」を使った例文1
  • 「てんてこ舞い」を使った例文2

「てんてこ舞い」を使った例文1

「インフルエンザが流行すると、病院の中は『てんてこ舞い』になる」

この例文は、インフルエンザが流行すると、たくさんの患者が病院に行くため、病院に勤めている看護師や医師は、忙しく休む暇なく動き回ることになるという文章にあります。

このように「てんてこ舞い」には、「休む暇もなく、忙しく動き回ること」という意味があります。

「てんてこ舞い」を使った例文2

「引越しを前にすると『てんてこ舞い』になる」

この例文は、引越しを前にすると、休む暇なく、忙しく動き回ることになるという文章になります。

引越しの準備はたくさんあり、荷造りや役所への書類の提出などを、家事や仕事と同時にこなすことになります。

そのため、引越し前になると「てんてこ舞い」になる人は少なくないでしょう。



「てんてこ舞い」の類語や類義語・言い換え

「てんてこ舞い」の類語や類似を紹介します。

  • 「忙しい」【いそがしい】
  • 「暇がない」【ひまがない】

「忙しい」【いそがしい】

「忙しい」には、「多くの用事に追われて多忙である」という意味があります。

「目が回るほど忙しい」という文章は、「多くの用事に追われて、目が回りそうだ」ということを意味します。

「忙しいため、眠れない」などという使い方をします。

「暇がない」【ひまがない】

「暇がない」には「時間の余裕や、手の空いている状態が取れない様子」という意味があります。

「暇がないから、旅行に行けない」「暇がないため、デートすらできない」などという使い方をします。

icon まとめ

「てんてこ舞い」という言葉について見てきました。

休む暇もなく、忙しく動き回る様子を見た時、「てんてこ舞い」という言葉を使ってみましょう。