意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「ありよりのあり」の意味とは?オタク用語? 例文と返し方を紹介!

ありよりのあり。

最近、こんな少し奇妙な言葉を聞くことがあります。

「なしよりのあり」ならなんとなく意味は分かるのですが、いったい「ありよりのあり」とはどういう意味なのでしょう。

前半と後半で意味が同じで、何にどうよっているのか見当もつきません。

今回はこんな不思議な言葉「ありよりのあり」について解説します。

ありよりのあり

Meaning-Book
「ありよりのあり」の意味とは?オタク用語? 例文と返し方を紹介!>


目次

  • 「ありよりのあり」の意味とは?
  • 「ありよりのあり」の関連用語
  • 「ありよりのあり」の使い方・例文
  • 「ありよりのあり」のラインの返信方法
  • 「ありよりのあり」はオタク用語?
  • 「ありよりのあり」はいつから流行っている?


「ありよりのあり」の意味とは?

「なし」要素を含まない「あり」

簡単にいうと100%完全な「あり」と言えそうです。

あえて「ありよりの」ということによって、「なし」が入り込む余地をなくしているようです。

しかし、実際にこの言葉を使っている人たちには、「100%ではないけど賛成」という意味で使っている人もいるようです。

「ありよりのあり」は基本的には「賛成」を表しますが、用いる人によってその程度に差が出る言葉といえます。



「ありよりのあり」の関連用語

同意を示す若者言葉である「ありよりのあり」ですが、その関連用語を調べてみましょう。

  • 「禿同」【はげどう】
  • 「ほんとこれ」
  • 「ありよりのなし」
  • 「なしよりのあり」
  • 「なしよりのなし」

「禿同」【はげどう】

これは「はげどう」と読む、「ありよりのあり」と同じように賛成を表すインターネットスラングです。

この言葉は「激しく同意」「激同」と略されたのち、「禿同」に誤変換されたものが定着し、用いられるようになった言葉です。

とても歴史の古い言葉で、日本でインターネット掲示板が使われるようになった当初から存在していました。

そのため現在ではすっかり死語となりましたが、今でもtwitterなどで昔を懐かしむように「禿同」を用いている人を見かけます。

「ほんとこれ」

こちらも同じく賛成を示すインターネットスラングです。

これは「ありよりのあり」とは打って変わって、意味がブレることはほぼありません。

「本当にこれのとおりだ」という、完全で強い同意を示します。

この言葉は「禿同」よりも歴史が浅く、とってかわるように登場した言葉です。

今日でもインターネットで見かける機会の多い言葉ですが、元々は匿名掲示板でネガティブな意見に同調を示す際に用いられていた言葉です。

それが最近では単なる強い同意を示す言葉として用いられるようになっています。

「ありよりのなし」

「ありよりのあり」の後半部分が「なし」に変わっています。

これはそのまま読んで理解できそうです。

「賛成か反対かで迷っているけれど、ほんの少しだけ反対」といったときに使います。

単に「反対」というと100%、議論の余地を残さない反対と取られかねませんが、こちらの言葉を用いることで譲歩の余地を示すことができます。

「反対の立場をとっているけれど、同意する部分もたくさんあります」 という姿勢を示したい際に使いやすい便利な言葉です。

ただし便利とはいえ、フォーマルな言葉ではありませんから、公の場で使うことは避けた方がよいでしょう。

特に海外の人とコミュニケーションを取る際、このような曖昧な姿勢は好まれないので注意が必要です。

「なしよりのあり」

つづいて「なしよりのあり」です。

先ほどの言葉のちょうど反対の構造をしています。

構造通り、ちょうど反対の意味を示します。

つまり「賛成の立場をとっているけれど、反対する部分もたくさんあります」 ということです。

この言葉も同じく、公の場では使わない方がよいでしょう。

単に「ありよりのなし」の対義語に思えるこの言葉、実は少し注意が必要です。

若者たちはこの言葉を少し異なったニュアンスで使っています。

それは「ほぼ反対だけど、我慢できないほどではないから賛成」 というニュアンスです。

若者たちはこの言葉を、譲歩できるかどうか、という観点から使っているようです。

人との意見の対立を避け、積極的に譲歩し、円滑な人間関係を保とうとする現代の若者らしい使いかたです。

この言葉を若者が使った際には、「ギリギリ我慢できる反対」を示している可能性があると考えたほうがよいでしょう。

賛成51%で反対49%、のようなニュアンスでこの言葉を理解していると、若者に対して大きな我慢を強いてしまう恐れがあります。

自分の意見を言うことが苦手になっている若者とのコミュニケーションは大変ですが、うまく付き合っていきたいものです。

「なしよりのなし」

最後に「なしよりのなし」です。

今回の主題「ありよりのあり」とちょうど逆になった構造をしています。

これは譲歩の余地がない100%の反対を示す言葉です。

公の場では使うべきではないし、使い道も特にない言葉ですが、親しい間柄で、冗談交じりに用いるのは楽しいかもしれません。

ただし「なし」という言葉を2回続けている以上、これは強い否定を表すので、使われた人によってはとても不快に感じる恐れがあります。

親しい間柄であっても、インターネットスラングに慣れていない人への使用は注意が必要です。

「ありよりのあり」の使い方・例文

使い方が難しい「ありよりのあり」ですが、若者たちがどのような場面でこの言葉を使っているのか調べてみました。

  • 「ありよりのあり」の例文1

「ありよりのあり」の例文1

使い道がイマイチよく分からない「ありよりのあり」ですが、ここでは例文で使い方を確認してみましょう。

親しい間柄で用いられる言葉ですので、会話形式で紹介したいと思います。

「今週末は晴れるようだから、遊園地に行かない?」

「楽しそうだけど、疲れがたまっているからありよりのなしかな」

「じゃあ、近所のカフェはどう?」

「ありよりのあり」

このようにフランクに使う言葉です。

もし親しい人にこれらの言葉を使われても、決しておちょくっているわけではないので、怒らずに受け止めましょう。



「ありよりのあり」のラインの返信方法

ラインをしている際に「ありよりのあり」と相手からメッセージがきた場合、どのように返信すればよいのでしょうか。

相手はあなたに「賛成」を表すと同時に、あなたとの「親密性」を確認したがっているのです。

ですから、「おちょくってるの?」などと怒ったりせずに受け止めてあげましょう。

このようなラインに対する返信方法ですが、例えばこんな返信もよさそうです。

「ありよりのなしよりのありよりのあり?」と聞き返す

蟻(アリ)のスタンプを送ってみる

梨(ナシ)のスタンプを送ってみる

これらはいずれも、ちょっとした笑いが生まれそうです。

笑いがあるとコミュニケーションはとても円滑になります。

上手にネットスラングを用いることは、友好関係を築くよい手段と言えます。

「ありよりのあり」はオタク用語?

「ありよりのあり」がネットスラングであることを解説しました。

では、「ありよりのあり」はオタク用語なのでしょうか。

そうとも言えるし、そうとも言えません。

なぜなら、「ありよりのあり」は何かしらの漫画、アニメ、ゲームを発祥とする言葉ではなく、インターネット上でのコミュニケーションから自然に発生した言葉だからです。

インターネットはオタクだけが使っているわけではないので、単にインターネット発祥だからとオタク用語だとは決められません。

実際にこの言葉を使っているのは主に大学生です。

LINEやtwitterを頻繁に利用する大学生がこの言葉を生み出したようですが、twitterのヘビーユーザーはオタク文化と親和性が高いです。

日常生活ではあまり目にしないような漫画、アニメの話題がtwitterで大きく拡散されているのをよく見かけますが、それがtwitterユーザーとオタク文化の結びつきを示しています。

ですから「ありよりのあり」はtwitterのヘビーユーザーが生み出し、twitterのヘビーユーザーはオタク文化に慣れ親しんでいる。

という事実から、「ありよりのあり」はオタク用語であると言えるかもしれません。

日常生活であまり使われない言葉で、どのような人たちが使っているのか分からないのがインターネットスラングです。

さらにはその発祥すらも分からないことが多いので、あるインターネットスラングがオタク用語なのか、そうでないのかの判断はとても難しいものとなっています。

ただし、オタクっぽいと思われたくない人は使わない方がよいのは確かです。

「ありよりのあり」はいつから流行っている?

最近インターネット上でよく見かける「ありよりのあり」ですが、いつ頃から流行っているのか調べてみました。

はっきりとした発祥は分かっていませんが、「ありよりのあり」という言葉は2015年にはすでに存在していたようです。

当時からすでに大学生を中心に使われていたようで、大学生が生み出した言葉である可能性が高いといえます。

言われてみれば、語感にどことなく捻くれた感じがあり、大学生っぽくも感じます。

また、この言葉は本質的に「ぼかし表現」であると言えるので、はっきりとした言動を避ける現代の若者らしくもあります。

このようなぼかし表現は過去にも「微妙」「イマイチ」といった形で若者に使われましたが、若者は人と対立することを避ける傾向にあるようです。

言われてみると、人と対立することを嫌ってぼかした表現をすることは若者に限らず、日本人にありがちかもしれません。

icon まとめ

「ありよりのあり」を調べてきましたが、ここでまとめましょう。

「ありよりのあり」は100%完全な同意を示すが、「あり」をぼかした表現。

人との対立を避ける若者たちが生み出して、主にインターネット上で用いられる。

「なしよりのあり」の意味はブレるので注意が必要。

以上で「ありよりのあり」の解説は終了です。

もしこの言葉を目にすることがあったら、ぜひこの記事の内容を役立ててください。