意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「意識改革を促す」とは!意味や使い方!例文も解説

「意識改革を促す」という表現は「意識改革を促すことで、現場の雰囲気が良くなりました」などの文章で使われますが、「意識改革を促す」にはどのような意味があるのでしょうか?

「意識改革を促す」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類語や言い換え」について、詳しく解説していきます。

意識改革を促す

Meaning-Book
「意識改革を促す」とは!意味や使い方!例文も解説>


目次

  • 「意識改革を促す」の意味
  • 「意識改革を促す」の表現の使い方
  • 「意識改革を促す」を使った例文と意味を解釈
  • 「意識改革を促す」の類語や言い換え


「意識改革を促す」の意味

「意識改革を促す」という表現は、「会社や役所などの組織において、物事・他者に対するメンバーの意識(考え方)を変えることを促進すること」を意味しています。

「意識改革を促す」というのは、「会社組織において、物事・他者・自分に対する考え方や価値観を、良い方向に改めることを推進すること」を意味している表現です。

  • 「意識改革を促す」の読み方

「意識改革を促す」の読み方

「意識改革を促す」の読み方は、「いしきかいかくをうながす」になります。



「意識改革を促す」の表現の使い方

「意識改革を促す」の表現の使い方を紹介します。

「意識改革を促す」の表現の使い方は、「組織において、物事・他者に対するメンバーの意識や考え方をポジティブに変えることを促進する場合」に使うという使い方になります。

例えば、「社長は社員に意識改革を促すべきです」といった文章で使えます。

「意識改革を促す」を使った例文と意味を解釈

「意識改革を促す」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「意識改革を促す」を使った例文1
  • 「意識改革を促す」を使った例文2

「意識改革を促す」を使った例文1

「組織のリーダーが意識改革を促すことができれば、メンバーの仕事に対する意欲は高まります」

この「意識改革を促す」を使った例文は、「意識改革を促す」の表現を、「組織のリーダーがメンバーの仕事・他者に対する考え方や価値観を、ポジティブな方向に変えることを促進できれば」という意味で使っています。

「意識改革を促す」を使った例文2

「闇雲に意識改革を促すだけでは、傾いた経営を立て直すことは難しいでしょう」

この「意識改革を促す」を使った例文は、「無目的に、メンバーの意識・考え方を良い方向に変えることを促進するだけでは」の意味合いで、「意識改革を促す」の表現を使用しています。



「意識改革を促す」の類語や言い換え

「意識改革を促す」の類語や言い換えを紹介して、その意味を解説していきます。

  • 「自己改革を促進する」【じこかいかくをそくしんする】
  • 「認識の転換を促す」【にんしきのてんかんをうながす】

「自己改革を促進する」【じこかいかくをそくしんする】

「意識改革を促す」という表現は、「組織において、それぞれのメンバーに自分自身の意識・認識・考え方を変えるように勧めること」を意味しています。

「自己改革」には、「自分を良い方向に改める」の意味合いがあります。

その意味から、「意識改革を促す」の表現は、「自己改革を促進する」という表現に言い換えることができます。

「認識の転換を促す」【にんしきのてんかんをうながす】

「意識改革を促す」という表現は、「会社などにおいて、メンバーの物事や他者に対する認識(捉え方)の転換を促進すること」を意味しています。

この意味合いから、「意識改革を促す」という表現とよく似た意味を持っている類語として、「認識の転換を促す」の表現を上げられます。

icon まとめ

この記事で解説した「意識改革を促す」の表現には、「会社などの組織において、メンバーの意識・考え方・価値観を良い方向に改めることを進める」などの意味があります。

「意識改革を促す」の類語・言い換えとして、「自己改革を促進する」「認識の転換を促す」などがあります。

「意識改革を促す」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。