意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「特別視」とは!意味や使い方!類語も解釈

「特別視」という表現は「魅力的な彼女はクラスの中でも特別視されていました」などの文章で使われますが、「特別視」の表現はどんな意味を持っているのでしょうか?

「特別視」という表現の「意味・読み方・使い方・類語や言い換え・例文と解釈」について、詳しく解説していきます。

特別視

Meaning-Book
「特別視」とは!意味や使い方!類語も解釈>


目次

  • 「特別視」の意味
  • 「特別視」の表現の使い方
  • 「特別視」の類語や言い換え
  • 「特別視」を使った例文と意味を解釈


「特別視」の意味

「特別視」という表現は、「普通(一般的)ではない特別な存在やものとして見ること」を意味しています。

「特別視」というのは、「普通の人・もの(標準的な人・もの)とは区別されたものとして見ること」「普通(並)ではない特別な存在として注目して意識すること」を意味している表現なのです。

  • 「特別視」の読み方

「特別視」の読み方

「特別視」の読み方は、「とくべつし」になります。



「特別視」の表現の使い方

「特別視」の表現の使い方を紹介します。

「特別視」の表現の使い方は、「普通(標準的)とは区別される格別な要素を持った存在・人物・人として見られる場合」に使うという使い方になります。

例えば、「特別視されることには、メリットだけではなくデメリットもあります」といった文章で使用することができます。

「特別視」の類語や言い換え

「特別視」の類語や言い換えを紹介して、その意味を説明していきます。

  • 「特別扱い」【とくべつあつかい】
  • 「異端視」【いたんし】

「特別扱い」【とくべつあつかい】

「特別視」という表現は、「普通の人・もの(一般的な人・もの)とは区別された特別な人・ものとして見て扱うこと」を意味しています。

「特別扱い」には、「普通や標準とは区別されたものとして扱うこと(処遇すること)」という意味合いがあります。

その意味合いから、「特別視」という表現は、「特別扱い」という類似の表現で言い換えることが可能なのです。

「異端視」【いたんし】

「異端視」という表現は、「ある集団内における標準的なもの・人(一般的なもの・人)とは異なる特殊なもの・人と見なすこと」「好ましくない普通ではないものとして、排他的に見たり対応したりすること」を意味しています。

この意味から、「異端視」という表現を、「普通ではないものとして見たり意識したりすること」を示す「特別視」とよく似た意味を持つ類語として解釈できます。



「特別視」を使った例文と意味を解釈

「特別視」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「特別視」を使った例文1
  • 「特別視」を使った例文2

「特別視」を使った例文1

「IQ170の彼は幼い頃から圧倒的な学習能力を持っていて、学校でも地域でも特別視されていました」

この「特別視」を使った例文は、「特別視」という表現を、「学校でも地域でも標準的な知能・知性とは区別された存在として見られていた」という意味を持つ文脈で使っています。

「特別視」を使った例文2

「特別視されるだけの多くの人を強く惹きつける天性の魅力が、彼女には備わっていたのです」

この「特別視」を使った例文は、「普通の人とは区別して見られるだけの(意識されるだけの)」という意味合いで、「特別視」という表現を使用しています。

icon まとめ

この記事で紹介した「特別視」の表現には、「普通の人・もの(平均的な人・もの)とは区別されたものとして見ること、意識すること」などの意味があります。

「特別視」の類語・類義語として、「特別扱い」「異端視」などがあります。

「特別視」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。