意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「仕える」とは!意味や使い方!例文も解説

「仕える」という表現は「私は秘書として長年にわたって社長に仕えてきました」などの文章で使われますが、「仕える」の表現はどのような意味を持っているのでしょうか?

「仕える」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類語や言い換え」について、詳しく解説していきます。

仕える

Meaning-Book
「仕える」とは!意味や使い方!例文も解説>


目次

  • 「仕える」の意味
  • 「仕える」の表現の使い方
  • 「仕える」を使った例文と意味を解釈
  • 「仕える」の類語や言い換え


「仕える」の意味

「仕える」という表現は、「目上の人(上位者・主人)のそば近くにいて、その人のために奉仕すること」「人間を超えた神仏のために奉仕すること」を意味しています。

また「仕える」という言葉には、「官職に就いて公共のために働くこと・公的機関に勤めること」といった意味合いもあります。

  • 「仕える」の読み方

「仕える」の読み方

「仕える」の読み方は、「つかえる」になります。



「仕える」の表現の使い方

「仕える」の表現の使い方を紹介します。

「仕える」の表現の使い方は、「自分よりも目上の相手の近くにいて奉仕する場合」に使うという使い方になります。

例えば、「ご主人様に仕えている時には、楽しいこともあればつらいこともありました」といった文章で使用できます。

また「仕える」の表現には、「お役所に仕えています」のように、「公的機関に勤めている時」に使うという使い方もあります。

「仕える」を使った例文と意味を解釈

「仕える」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「仕える」を使った例文1
  • 「仕える」を使った例文2

「仕える」を使った例文1

「20年以上も社長に仕えてきましたので、社長が何を考えているのかは表情や態度で分かります」

この「仕える」を使った例文は、「仕える」という表現を、「20年以上も社長のそば近くにいて奉仕してきたので(社長のために働いてきたので)」という意味を持つ文脈で使っています。

「仕える」を使った例文2

「日本史でよく知られている平安時代の藤原氏は、朝廷に仕える身分の高い役人として活躍していました」

この「仕える」を使った例文は、「朝廷(公的機関)に勤める身分の高い役人として」という意味合いで、「仕える」という表現を使用しています。



「仕える」の類語や言い換え

「仕える」の類語や言い換えを紹介して、その意味を説明していきます。

  • 「付き従う」【つきしたがう】
  • 「勤める」【つとめる】

「付き従う」【つきしたがう】

「仕える」という表現は、「目上の人のそば近くにいて、付き従って尽くすこと」を意味しています。

「付き従う」の言葉には、「目上の人や身分が高い人のそば近くに付いて、その人の指示命令に従うこと」の意味合いがあります。

それらの意味から、「仕える」という表現は、よく似た意味を持つ「付き従う」という表現に言い換えることが可能なのです。

「勤める」【つとめる】

「仕える」という表現は、「公的機関・役所に所属して勤めること」「官職に就いて公共のために奉仕すること」を意味しています。

この意味合いから、「仕える」と近しい類似の意味を持っている類語として、「勤める」という表現を上げられます。

icon まとめ

この記事で解説した「仕える」の表現には、「目上の人のそば近くにいて、その人のために奉仕して働くこと」「公的機関などに所属して勤めること」などの意味があります。

「仕える」の類語・類義語として、「付き従う」「勤める」などがあります。

「仕える」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。