意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「歳を取る」の意味とは!「年を取る」「歳を重ねる」との違い!

人は誰でも「歳を取る」ことは共通していることです。

この自然の流れに逆らうことはできませんが、肉体的に老化していっても、心の若さを保つことは可能です。

そんな「歳を取る」という言葉にスポットを当てて行きながら意味や使い方などにフォーカスしていくことにします。

歳を取る

Meaning-Book
「歳を取る」の意味とは!「年を取る」「歳を重ねる」との違い!>


目次

  • 「歳を取る」とは?意味
  • 「歳を取る」と「年を取る」の違い
  • 「歳を取る」を使った例文と意味を解釈
  • 「歳を取る」の類語


「歳を取る」とは?意味

「歳を取る」とは、「毎年、年齢が増えて行くこと」「年齢が増えて高くなっていくこと」という意味で解釈することができます。



「歳を取る」と「年を取る」の違い

「歳を取る」と同じように「年を取る」という言葉もあるのですが、この2つの表現には違いがあるのでしょうか?

「年」「歳」は、普段の日常会話の中で使われることが多い言葉ですが、これらの違いは、英語の“year”“age”に置き換えると理解しやすいでしょう。

“year”=「年」「年数」「時期」を表すケースで使うことが多く、“age”=「歳」は人や動物の年齢を数える場合に使います。

そのために、「年を取る」「年数を重ねる」「月日が経つ」という意味になりますが、「歳を取る」「年齢を重ねる」「老いる」という意味で理解することになります。

「歳を取る」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「歳を取る」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「歳を取る」を使った例文1
  • 「歳を取る」を使った例文2

「歳を取る」を使った例文1

「親父は歳を取るにつれて段々と頑固になった。俺もあんなふうに生るのだろうか?」

「歳を取る」ことで、性格が段々ときつくなってくる人が結構たくさんいらっしゃるものです。

それが男性の場合、頑固になることが多いのですが、この例文でもあるように自分も50代、60代になってくると、それだけ頑固な性格になっていく可能性かあることにショックを受けることがあります。

「歳を取る」を使った例文2

「歳を取ると記憶力が鈍って来ることは避けられない。でも、日頃から頭を使っていると、ある程度はカバーできるのです」

「歳を取る」とどうしても記憶力が低下していくことは避けられません。

どんな人でもそれは同じことなのですが、それでも頭のトレーニングをしていることで、記憶力の低下をかなり抑えることができそうです。

日頃からクロスワードをしたりしていると、ボケ防止にもなるでしょう。



「歳を取る」の類語

「歳を取る」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「歳を重ねる」【としをかさねる】
  • 「老ける」【ふける】

「歳を重ねる」【としをかさねる】

「歳を重ねる」「歳を取る」の類義語として挙げることができます。

言うまでもなく「年齢が増えて高くなっていくこと」という意味で使われます。

この語感には、人生経験を積んでいるようなニュアンスがあり、肯定的な意味で使われることが多いフレーズです。

「老ける」【ふける】

「老ける」「歳を取る」の類義語表現になり、「高齢に見え始める」という意味になります。

「老ける」「歳を重ねる」と比較して、どちらかというとマイナス的な要素が感じられる言葉かもしれません。

「老ける」=「ボケる」といったようなイメージがつきまとうからです。

icon まとめ

「歳を取る」という言葉は何気ない言葉なのですが、50代を超えてくると、肉体的な老化をかなり気にして来るかもしれません。

そのような意味では自分の人生を考えさせられる言葉でしょう。