意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「独立自尊」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「独立自尊」という表現は「独立自尊の信念を持つ人物であったため、どんな相手にも卑屈な態度は取りませんでした」などの文章で使われますが、「独立自尊」にはどのような意味があるのでしょうか?

「独立自尊」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

独立自尊

Meaning-Book
「独立自尊」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「独立自尊」の意味
  • 「独立自尊」の表現の使い方
  • 「独立自尊」を使った例文と意味を解釈
  • 「独立自尊」の類語や類義語


「独立自尊」の意味

「独立自尊」という表現は、「他者に依存せずに自らの実力で物事をこなして、自分の尊厳・価値観を保っていること」を意味しています。

「独立自尊」というのは、「他者に何かを頼ることなく自分の能力で自立・独立することで、自らの尊厳・信念を確立しているさま」を意味している表現なのです。

  • 「独立自尊」の読み方

「独立自尊」の読み方

「独立自尊」の読み方は、「どくりつじそん」になります。



「独立自尊」の表現の使い方

「独立自尊」の表現の使い方を紹介します。

「独立自尊」の表現の使い方は、「何かを他者に依存することなく、自分の責任と能力で自立して物事をこなし、自尊心(プライド)を保っている場合」に使うという使い方になります。

例えば、「今の世の中で独立自尊を成し遂げるためには、まず自らの実力と生活力を十分に高める必要があります」といった文章で使用することができます。

「独立自尊」を使った例文と意味を解釈

「独立自尊」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「独立自尊」を使った例文1
  • 「独立自尊」を使った例文2

「独立自尊」を使った例文1

「独立自尊の精神を持っている人物は、他人から突然裏切られたとしても心が折れてしまうことはありません」

この「独立自尊」を使った例文は、「独立自尊」という表現を、「他者に頼ることなく自分の力で自立し、自尊心を保つだけの精神を持っている人物は」という意味合いで使っています。

「独立自尊」を使った例文2

「独立自尊の理念を掲げて生きていくことができれば、人間関係に振り回されず精神的に豊かな人生を送ることができるでしょう」

この「独立自尊」を使った例文は、「自分ひとりで自立して尊厳を守る理念を掲げて生きていくことができれば」という意味を持つ文脈で、「独立自尊」の表現を使用しています。



「独立自尊」の類語や類義語

「独立自尊」の類語や類義語を紹介します。

  • 「自主独立」【じしゅどくりつ】
  • 「独立独歩」【どくりつどっぽ】

「自主独立」【じしゅどくりつ】

「自主独立」という表現は、「他者の援助や保護を求めることなく、自分自身の実力と覚悟で自立していること」「他者に依存しない自立した精神で物事に当たるさま」を意味しています。

それらの意味から、「自主独立」の表現を、「他者に頼らず独立して、自らの尊厳を保つ」を示す「独立自尊」とよく似た意味を持つ類語として解釈できます。

「独立独歩」【どくりつどっぽ】

「独立独歩」という言葉は、「他者に依存することなく自分の足(力)で立って、自分の道を前進すること」「自分の実力で独立して、誰にも頼らずに自らの信念に従って生きるさま」を意味しています。

その意味合いから、「他者に頼らずに自分の力で自立して、自らの尊厳・信念を守ること」を示す「独立自尊」の類義語として、「独立独歩」という表現を指摘することができます。

icon まとめ

この記事で説明した「独立自尊」の表現には、「他者に何かを依存することなく自分の能力で自立して、自尊心・信念を維持していること」などの意味があります。

「独立自尊」の類語・類義語として、「自主独立」「独立独歩」などがあります。

「独立自尊」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。