意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「悪い噂」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「悪い噂」という表現は「婚約者の悪い噂を聞いて心配になってきました」などの文章で使われますが、「悪い噂」にはどのような意味があるのでしょうか?

「悪い噂」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

悪い噂

Meaning-Book
「悪い噂」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「悪い噂」の意味
  • 「悪い噂」の表現の使い方
  • 「悪い噂」を使った例文と意味を解釈
  • 「悪い噂」の類語や類義語


「悪い噂」の意味

「悪い噂」という表現は、「その人物・組織(企業)に関して世間で言いふらされている悪評」「その人物が悪い人(間違ったこと・悪事・裏切りをしている人)なのだと世の中で言われている風評」を意味しています。

「悪い噂」というのは、「その人物や組織の行為・性質・前歴・出自などが悪いもの(好ましくないもの)であるとして世間で言いふらされている悪評」のことを意味している表現なのです。

「悪い噂」は、「個人・会社・組織・出来事が悪いものであるとする悪評」について使える言葉です。

  • 「悪い噂」の読み方

「悪い噂」の読み方

「悪い噂」の読み方は、「わるいうわさ」になります。



「悪い噂」の表現の使い方

「悪い噂」の表現の使い方を紹介します。

「悪い噂」の表現の使い方は、「ある人物・会社について、世の中で言われている行動・履歴・性質・性格・道徳観などを否定する悪い内容の話」を意味して使うという使い方になります。

例えば、「あの怪しい団体には以前からカルトではないかという悪い噂があるのでやめておきなさい」といった文章で使用できます。

「悪い噂」を使った例文と意味を解釈

「悪い噂」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「悪い噂」を使った例文1
  • 「悪い噂」を使った例文2

「悪い噂」を使った例文1

「どんなに悪い噂がささやかれていても、私はその彼と別れる気持ちにはなれずにいました」

この「悪い噂」を使った例文は、「悪い噂」という表現を、「周囲でどんなに彼の行動・性格・倫理観(浮気)について好ましくない内容の話がささやかれていても」という意味で使っています。

「悪い噂」を使った例文2

「この会社は従業員をパワハラや過労で自殺に追い込んだブラック企業ではないかという悪い噂が飛び交っていました」

この「悪い噂」を使った例文は、「世の中でこの会社はブラック企業ではないかという悪い内容の風評が飛び交っていた」という意味を持つ文脈で、「悪い噂」の表現を使用しています。



「悪い噂」の類語や類義語

「悪い噂」の類語や類義語を紹介します。

  • 「悪評」【あくひょう】
  • 「好ましくない風評」【このましくないふうひょう】

「悪評」【あくひょう】

「悪評」という表現は、「ある人物・集団・出来事などについての悪い評判」「ある物事についてマイナスに評価する悪い内容の批評」を意味しています。

その意味合いから、世間における悪い内容の評判を示す「悪い噂」と良く似た意味を持つ類語(シソーラス)として、「悪評」を指摘できます。

「好ましくない風評」【このましくないふうひょう】

「悪い噂」という表現は、「世間の人々に言いふらされている好ましくない内容の風評・伝聞」のことを意味しています。

「風評」とは、「世間で言われている噂話・批評」を意味する言葉です。

これらの意味から、「好ましくない風評」という表現を、「その人物・組織について言いふらされている悪い内容の風評」を示す「悪い噂」の類義語として理解することができます。

icon まとめ

この記事で説明した「悪い噂」の表現には、「その人物や組織の行動・性質・前歴・出自などが悪いものだとして世の中で言いふらされている悪評」などの意味があります。

「悪い噂」の類語・類義語として、「悪評」「好ましくない風評」などがあります。

「悪い噂」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。