意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「悪評」とは?意味や使い方!例文や解釈

「悪評」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「悪評」という言葉の理解を深めていきましょう。

悪評

Meaning-Book
「悪評」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「悪評」とは?
  • 「悪評」の表現の使い方
  • 「悪評」を使った言葉と意味を解釈
  • 「悪評」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「悪評」の反対語
  • 「悪評」の類語や類義語・言い換え
  • 「悪評」の英語と解釈


「悪評」とは?

「悪評」とは、悪い評判、悪い批評という意味になります。

  • 「悪評」の読み方

「悪評」の読み方

「悪評」と書いて「あくひょう」と読みます。



「悪評」の表現の使い方

「悪評」とは悪い評判、批評のことを言います。

使い方としては「悪評が立つ」「悪評を買う」「この作品は悪評だった」という風になります。

意味合いからしていい意味はありませんので、批判的な内容になることが多いと解釈しておきましょう。

「悪評」を使った言葉と意味を解釈

「悪評」を使った言葉や言い回しをいくつか紹介していきます。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「悪評を買う」
  • 「悪評が立つ」
  • 「悪評が多い」

「悪評を買う」

「悪評を買う」とは自分の言動が元となり、悪い評判となる、悪感情を持たれるという意味になります。

「正直に発言したことで悪評を買うこととなった」「あなたは何でも、はっきり言い過ぎるから悪評を買うのよ」「正しいことを主張すれば、不正をやっている連中から悪評を買うことになるのさ」などと使います。

「悪評が立つ」

「悪評が立つ」とは悪い評判が出てきて、広く知れ渡ることを言います。

「どうしてこんな悪評が立つような真似をしたんだ」「日頃の行いが悪く、悪評が立つのは自業自得である」「アイドルは、一度この手の悪評が立つとどうにもならない」などと使います。

「悪評が多い」

「悪評が多い」とは悪い評判、噂が多いという意味になります。

「この商品は悪評が多いが、実際使ってみたらその理由がわかった」「悪評が多いけれど、私はこれ美味しいと思うなあ」などと使います。



「悪評」を使った例文や短文など(意味を解釈)

それでは「悪評」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「悪評」を使った例文1
  • 「悪評」を使った例文2

「悪評」を使った例文1

「あの会社、悪評ばかりで常に求人が出ているね」

「悪評」とは悪い評判のことを言います。

ブラック企業の場合、入っても人がどんどん辞める為、悪い評判も増えていきます。

そして人が常に不足する為年中求人が出ているという現象も起こるのです。

理由もなくずっと求人が出ている場合は何か人が続かない理由があるのです。

「悪評」を使った例文2

「一度、悪評が立つと消えるのには相当の時間がかかる」

「悪評」とはその人の印象を悪くさせるような内容です。

それが事実かどうかは別として一旦「悪評」が出てしまいますと、それを信じてしまう人も一定数いるのです。

またその「悪評」が忘れ去られる、消えるまでにはある程度の時間がかかるのです。

「悪評」の反対語

「悪評」の反対語とはどのような言葉になるのでしょうか。

明確な反対語がない場合は意味合いから当てはまる言葉を探してみましょう。

  • 「好評」【こうひょう】
  • 「好意的意見」【こういてきいけん】

「好評」【こうひょう】

「好評」とは評判が良いこと、良い評判という意味になります。

「これは好評みたいだよ」「好評をいただいております」などと使います。

「好意的意見」【こういてきいけん】

「好意的意見」とは好意を持っている考えのことを言います。

「彼は君の作品に対して好意的意見を述べていたよ」「多くの好意的意見をいただいたことは嬉しい」「好意的意見が多かったが、なかには厳しい意見もあった」などと使います。

「悪評」の類語や類義語・言い換え

言葉の意味が理解できましたところで、「悪評」の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「汚名」【おめい】
  • 「悪名」【あくめい】
  • 「札付き」【ふだつき】
  • 「酷評」【こくひょう】
  • 「悪い評判」【わるいひょうばん】

「汚名」【おめい】

「汚名」とは不名誉な評判のことを言います。

「こんな汚名を着せられたままで終わるものか」「何がなんでも汚名返上するつもりだ」などと使います。

「悪名」【あくめい】

「悪名」とは悪い評判、良くない噂のことで「あくみょう」とも言います。

「あの社長は、悪名高いことでみんなに知られている」「悪名で有名になるなんて絶対に嫌だ」という風に使います。

「札付き」【ふだつき】

「札付き」とは悪い意味での定評があること、知れ渡っていることを言います。

「あいつは札付きの悪だから、絶対に近づくな」「札付きの悪者にされた」「いつの間にか札付きの厄介者扱いさ」などと使います。

「酷評」【こくひょう】

「酷評」とは手厳しい批評のことを言います。

「私の力作は、あいつから酷評された」「酷評されたことを根に持っているらしい」「どの雑誌、新聞からも私の新作は酷評されていた」などと使います。

「悪い評判」【わるいひょうばん】

「悪評」を簡単な言葉に言い換えますと「悪い評判」ということになります。

意味は同じですから「悪評」が難しい言葉だと思うならば「悪い評判」と使うといいでしょう。

「あの店は悪い評判ばかりだ」「あの歯科医院は昔は良かったが、今は悪い評判が増えているようだ」「悪い評判を流されて悔しい」などと使います。

「悪評」の英語と解釈

悪評 meaning in english

「悪評」という言葉は英語ではどのように言い表すのでしょうか。

英語では“a bad reputation”(批判)、“unfavorable criticism”(批評)という英単語を使います。

例文は“a person with a bad reputation”(悪評のある人)、“get a bad reputation”(悪評を買う)、“The movie was unfavorably criticized”(その映画は悪評だった)となります。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「悪評」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。


関連語



関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。