意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「余白」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「余白」という表現は「その教授は読んでいる書籍の余白に、思い浮かんだことのメモを書く癖を持っていました」などの文章で使われますが、「余白」にはどのような意味があるのでしょうか?

「余白」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

余白

Meaning-Book
「余白」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「余白」の意味
  • 「余白」の表現の使い方
  • 「余白」を使った例文と意味を解釈
  • 「余白」の類語や類義語


「余白」の意味

「余白」という表現は、「文字・絵図などが書いてある紙面において、何も書かれていない白く残っている部分」「Word・Excelなどのページの欄外にある空白の部分」を意味しています。

その意味から転じて、「余白」には「他の何かができたり何かに変わったりする可能性を残している余剰の部分」「まだ結果が決まりきっていない何にでもなれるような可能性・余裕」という意味合いもあります。

  • 「余白」の読み方

「余白」の読み方

「余白」の読み方は、「よはく」になります。



「余白」の表現の使い方

「余白」の表現の使い方を紹介します。

「余白」の表現の使い方は、「文字・絵・図などが書いてある紙面で、何も書かれていない真っ白な部分」を指示して使うという使い方になります。

また「余白」という表現は、「まだ決まっていない他の何かにもなれる可能性がある部分」といった意味でも使うことができます。

例えば、「旅行に出かける時には、心の余白を持っているほうが楽しめるものです」といった文章で使うことができます。

「余白」を使った例文と意味を解釈

「余白」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「余白」を使った例文1
  • 「余白」を使った例文2

「余白」を使った例文1

「まだ学生でかなりお金に困っていた頃には、チラシの余白をメモ帳代わりに使っていた時期もありました」

この「余白」を使った例文は、「チラシの端の何も書かれていない真っ白な部分を、メモ帳代わりに使っていた」という意味合いで、「余白」という表現を使っています。

「余白」を使った例文2

「気持ちに余白があったからこそ、私は離婚して傷ついていた時期でも、最愛の人になる今の彼と出会うことができたのだと考えています」

この「余白」を使った例文は、「余白」という表現を、「気持ちに他の何かになれるような余剰の部分(まだ決まっていない部分)があったからこそ」という意味を持つ文脈で使用しています。



「余白」の類語や類義語

「余白」の類語や類義語を紹介します。

  • 「欄外」【らんがい】
  • 「余地」【よち】

「欄外」【らんがい】

「欄外」という表現は、「紙面の文字・絵・図面などが記されている枠(欄)の外側の白い部分」「記事の枠組みの外にある空白」を意味しています。

その意味合いから、「欄外」という表現を、「余白」と類似の意味を持つ類語(シソーラス)として解釈できます。

「余地」【よち】

「余地」という表現は、「まだ全てが決まっていなくて、物事をさらに行うことができる余裕・可能性」のことを意味しています。

「余白」という言葉には、「結果が決定していなくて、他の何かになったり変わったりすることもできるという可能性・余裕」の意味合いがあります。

それらの意味から、「余白」と良く似た意味を持っている類義語として、「余地」という表現を上げられるのです。

icon まとめ

この記事で解説した「余白」の表現には、「文字・絵などが掲載されている紙面(ページ)において、何も記されていない真っ白な部分」などの意味があります。

「余白」の類語・類義語として、「欄外」「余地」などがあります。

「余白」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。