意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「紛れる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「紛れる」という表現は「自然の景色を見ながら散歩をしていると気が紛れます」などの文章で使われますが、「紛れる」にはどのような意味があるのでしょうか?

「紛れる」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

紛れる

Meaning-Book
「紛れる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「紛れる」の意味
  • 「紛れる」の表現の使い方
  • 「紛れる」を使った例文と意味を解釈
  • 「紛れる」の類語や類義語


「紛れる」の意味

「紛れる」という表現は、「異なるものと入り混じって(一緒にごちゃまぜになって)、区別がつかないこと」を意味しています。

「紛れる」という言葉には、「他のものと入り混じっていて区別が難しい状況を利用すること、その状況に乗じること」の意味合いもあります。

更に、「嫌な気分が紛れる」の文章のように、「他の物事に心を奪われて、悲しみなどの嫌な感情を一時的に忘れること」という意味も持っています。

  • 「紛れる」の読み方

「紛れる」の読み方

「紛れる」の読み方は、「まぎれる」になります。



「紛れる」の表現の使い方

「紛れる」の表現の使い方を紹介します。

「紛れる」の表現の使い方は、「他のものと入り混じって区別がつかない時」「他のものとごちゃまぜになった状況を利用する時」「ある物事に心をとらわれて、嫌な感情などを一時的に忘れる場合」に使うという使い方になります。

例えば、「群れに紛れた一頭のニホンザルを識別することは難しいのです」「闇夜に紛れて卑劣な犯罪を繰り返していました」「ドライブをすると気が紛れます」といった文章で使うことができます。

「紛れる」を使った例文と意味を解釈

「紛れる」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「紛れる」を使った例文1
  • 「紛れる」を使った例文2

「紛れる」を使った例文1

「逃亡した犯人が、大勢の人たちの中に紛れてしまったため、簡単には見つけにくくなりました」

この「紛れる」を使った例文は、「紛れる」という表現を、「逃亡した犯人が、大勢の人たちの中に入って混ざり、区別がつかなくなったため」という意味合いで使っています。

「紛れる」を使った例文2

「失恋して落ち込んでいましたが、友人たちと一緒に遊びに出かけたことで、だいぶ気持ちが紛れました」

この「紛れる」を使った例文は、「失恋で落ち込んでいた気持ちをだいぶ忘れられました(失恋の心理的な痛手がだいぶ和らぎました)」という意味を持つ文脈で、「紛れる」という表現を使用しています。



「紛れる」の類語や類義語

「紛れる」の類語や類義語を紹介します。

  • 「区別がつかない」【くべつがつかない】
  • 「忘れる」【わすれる】

「区別がつかない」【くべつがつかない】

「紛れる」という表現は、「異なるものと入り混じって区別がつかなくなること」「はっきり判別できなくなること」を意味しています。

その意味合いから、「紛れる」と良く似た類語(シソーラス)として、「区別がつかない」という表現を上げることができます。

「忘れる」【わすれる】

「紛れる」という言葉は、「他の物事に意識をとらわれて、悲しみや抑うつ、怒りなどの嫌な気持ちを忘れること」という意味合いを持っています。

この意味から、「紛れる」と近しい類似の意味を持つ類義語として、「忘れる」という表現を指摘することができます。

icon まとめ

この記事で紹介した「紛れる」の表現には、「他のものと入り混じって区別がつかなくなる」「他の物事に気を取られてやるべきことが疎かになる」「他のことに心を奪われて、嫌な気持ちを忘れる」などの意味があります。

「紛れる」の類語・類義語として、「区別がつかない」「忘れる」などがあります。

「紛れる」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。