意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「忘れる」とは?意味や類語!例文と解釈

日常生活の中でよく出て来る言葉の1つに「忘れる」という言い回しがあります。

この言葉は誰もが知っているものですが、普段からよく耳にする表現でもあるので、多くの人は何気なく使っているかと思います。

そのために言葉の意味の重要性を軽く受け止めている人もそんなに多くはないかもしれません。

そこでここでは、この「忘れる」という言葉について、フォーカスして意味や使い方を掘り下げていくことにします。

Meaning-Book
「忘れる」とは?意味や類語!例文と解釈>


目次

  • 「忘れる」とは?
  • 「忘れる」の英語と解釈
  • 「忘れる」の表現の使い方
  • 「忘れる」を使った例文と意味を解釈
  • 「忘れる」の類語や類義語


「忘れる」とは?

「忘れる」とは、「記憶を保持したり意識に止めたりしていた事柄が頭の中で呼び起こせなくなること」「覚えていたことが思い浮かばなくなる」「うっかりして気がつかない」「うっかり物を置いてくる」「うっかりそれをしないでしまう」「気にせず思い出さないようにする」などの意味を持っています。

  • 「忘れる」の読み方

「忘れる」の読み方

「忘れる」「わすれる」という読み方をしますが、日頃からよく聞くことがある言葉なので、ここでは確認する程度でいいでしょう。



「忘れる」の英語と解釈

「忘れる」を英語で表現すると、“forget”という言葉を思い浮かべるかと思われますが、この他に“unlearn”“block”“"blank out”“"draw a blank”の言葉で訳すこともあります。

「忘れる」に意訳が多岐に渡るので、英語表現でも、様々な言葉があります。

「忘れる」の表現の使い方

「忘れる」「覚えていたことが思い出せない」「うっかりして気がつかない」「うっかり物を置いてくる」などの意味がありますが、「記憶という意識がない」という共通の意味があります。

そのために、「忘れる」が使われる場面としては、「記憶の喪失」「物の喪失」「言動の喪失」など、色々なケースで使われることになります。



「忘れる」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「忘れる」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「忘れる」を使った例文1
  • 「忘れる」を使った例文2

「忘れる」を使った例文1

「あれだけ意識していたのですが、慌てて電車を降りる時に傘を忘れそうになってしまいました」

この時の「忘れる」「物をその場に置いたままにすること」という意味になりますが、誰でもこのような経験を1度や2度はあるのではないかと思います。

雨の日に傘を持って外出したものの、「帰りの電車の中で自分の傘を置き忘れないようにしなくてはいけない」と思いつつも、他のことを考えていたために、うっかりと傘を電車の中に追い忘れそうになったことを言っています。

「忘れる」を使った例文2

「あいつはいつも約束を忘れるから、信用できないんだ」

このように評される人が、あなたの周りもいるかもしれません。

この時に「忘れる」「約束したことを忘れる」ために「約束を守れない人」ということを意味しています。

約束をいつも「忘れる」人は信用されなくなるのは当然ですが、そのような人は記憶力が悪いのではなく、その約束自体を軽く受け流している場合が少なくありません。

その結果、他人から見ると、「真剣に受け止めることができない人」というレッテルを貼られることになります。

「忘れる」の類語や類義語

「忘れる」を他の言葉で言い換えるとするなら、他にどのような言葉があるかを見ていくことにしましょう。

  • 「失念する」【しつねんする】
  • 「失くす」【なくす】

「失念する」【しつねんする】

「失念する」「忘れる」の類義語の1つとなりますが、「うっかり忘れること」の硬く表現した言葉です。

「失くす」【なくす】

「失くす」という言葉もありますが、「人が2度とそれを見つけることができない場所に置く」という意味で使われています。

icon まとめ

「忘れる」という言葉には、様々な解釈がありますが、人の「忘れる」のという行為は仕方のないことかもしれません。

しかし、ここで大事なことは「忘れる」行為が少なくなるようにメモを残して再確認する習慣を付けたり、常に行動スケジュールなどを再確認することです。