意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「低級」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「低級」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「低級」という言葉の理解を深めていきましょう。

低級

Meaning-Book
「低級」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「低級」の意味
  • 「低級」の表現の使い方
  • 「低級」を使った例文と意味を解釈
  • 「低級」の類語や類義語


「低級」の意味

「低級」とは、レベル分けをした時に低い状態にあるものを言います。

価値、品位などが良くないとされるものに使います。

  • 「低級」の読み方

「低級」の読み方

「低級」の読み方は、「ていきゅう」になります。



「低級」の表現の使い方

「低級」の表現の使い方を紹介します。

「低級」とは、等級を定めている場合は、低いものを言う言葉です。

一般的には価値、品位、レベルが良くないもの全般に使います。

しかし人に対して、使うことは差別的な言葉となりますし、表向きは使いません。

「低級」「高級」に対して反対の言葉となりますのでそれも併せて覚えておきましょう。

物の価値を決める時は「高級」な方がいいとされることが多いかもしれません。

しかし価格面などで考えた時はあえて「高級」ではなく「低級」の方が、買いやすいというメリットもありますので、必ずしも悪い意味ばかりではないのです。

例えば「高級グルメ」に対しての「B級グルメ」という言葉がありますが、これはようするに高いものではなく安くて美味しいものという意味ですから「低級」であっても悪い意味ではなくむしろ低単価、庶民的でありながらおいしいという褒め言葉でもあるのです。

「低級」を使った例文と意味を解釈

「低級」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「低級」を使った例文1
  • 「低級」を使った例文2

「低級」を使った例文1

「セレブな彼からしたら、低級な趣味と言われるかもしれないが、お金の負担が少ないし、何より僕は楽しいのだ」

お金がかからない、価値や品位が高くないといった趣味のことを「低級な趣味」と言い表しています。

しかし、何をもって「高級」「低級」と決めるかはそれぞれの価値観によって違ってきますので、はっきりとした位置づけがあるわけではありません。

「低級」を使った例文2

「何でも高級品がいいわけじゃない、低級な商品の中にも素晴らしい物はあるしそれを探すのもまた面白い」

品物の価値、価格が高いものは一般的に「高級品」と呼ばれます。

一方で価値がそれほどない、安価である、粗末な作りといった物は「低級品」と言われるのです。

しかし高ければいいわけではないという考え方もあるということを例文は言い表しているのです。



「低級」の類語や類義語

「低級」の類語や類義語を紹介します。

  • 「三流」【さんりゅう】
  • 「下等」【かとう】

「三流」【さんりゅう】

「三流」とは一流、二流に続いての階級を示している言葉です。

程度、物の価値、質などに対して使う言葉ですが、とても悪い、劣っているということになります。

「ずっと続けているというだけで、レベルは三流です」「これはどこにでもある単なる三流品だ」などと使います。

「下等」【かとう】

「下等」とは、品質、品性が低く劣っているという意味で「上等」に対して反対語となります。

「上等」が褒め言葉となることを考えますと「下等」とは良くない言葉であるということがわかります。

「下等な人間にはなりたくない」「扱っているのは下等な品ばかりだが、なかなか味わいがあって面白い店で気に入っている」

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「低級」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。