意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「呟かれる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「呟かれる」という表現は「明日の試合の意気込みが仲間の口から呟かれていました」などの文章で使われますが、「呟かれる」の表現はどんな意味を持っているのでしょうか?

「呟かれる」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

呟かれる

Meaning-Book
「呟かれる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「呟かれる」の意味
  • 「呟かれる」の表現の使い方
  • 「呟かれる」を使った例文と意味を解釈
  • 「呟かれる」の類語や類義語


「呟かれる」の意味

「呟かれる」という表現は、「小さな音量の声でぼそぼそと語られること」「独り言が小さな声で言われること」を意味しています。

「呟かれる」という表現には、現在では「Twitter(ツイッター)において、その人の意見・考え・感想などがツイートされること」という意味合いもあります。

「ツイート」という言葉は、「ツイッターで書き込みをしてつぶやくこと」の意味を持っています。

  • 「呟かれる」の読み方

「呟かれる」の読み方

「呟かれる」の読み方は、「つぶやかれる」になります。



「呟かれる」の表現の使い方

「呟かれる」の表現の使い方を紹介します。

「呟かれる」の表現の使い方は、「小さな声でぼそぼそと独り言が言われている時」「ツイッター上でツイートしている時」に使うという使い方になります。

例えば、「政府関連のツイッターのアカウントで、消費税増税について呟かれていました」といった文章で使うことができます。

「呟かれる」を使った例文と意味を解釈

「呟かれる」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「呟かれる」を使った例文1
  • 「呟かれる」を使った例文2

「呟かれる」を使った例文1

「休みがちな友達について、これ以上欠席日数が増えると留年の可能性もでてくると、先生の口から呟かれていました」

この「呟かれる」を使った例文は、「これ以上、友達の欠席日数が増えると留年の可能性もでてくると、先生の口から小さな声でぼそぼそ独り言が言われていた」という意味を持つ文章で、「呟かれる」の表現を使っています。

「呟かれる」を使った例文2

「アーティストが運営しているツイッターのタイムラインを見てみると、重要な情報が呟かれていました」

この「呟かれる」を使った例文は、「呟かれる」という表現を、「アーティストに関する重要な情報がツイッターでツイートされていた」という意味合いで使用しています。



「呟かれる」の類語や類義語

「呟かれる」の類語や類義語を紹介します。

  • 「囁かれる」【ささやかれる】
  • 「ツイートされる」【ついーとされる】

「囁かれる」【ささやかれる】

「囁かれる」という表現は、「小さな音量の声で言われていること」「大きな声では言えないが、関係者の間で言われているということ」を意味しています。

その意味合いから、「小さな声で独り言が言われること」を示す「呟かれる」の類語(シソーラス)として、「囁かれる」の表現を上げられます。

「ツイートされる」【ついーとされる】

「呟かれる」という表現は、「SNSのツイッターにおいて、その人の意見・感想などがツイートされること」を意味しています。

この意味から、「ツイートされる」の表現を、「呟かれる」という表現とほとんど同じ意味を持つ類義語として解釈できます。

icon まとめ

この記事で解説した「呟かれる」の表現には、「小さな声でぼそぼそと独り言が言われること」「ツイッターで、その人の意見・感想などがツイートされること」などの意味があります。

「呟かれる」の類語・類義語として、「囁かれる」「ツイートされる」などがあります。

「呟かれる」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。