意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「立ち話」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「立ち話」という表現は「知り合いとお店の前で会って立ち話をしていたら、30分も話し続けてしまいました」などの文章で使われますが、「立ち話」の表現はどんな意味を持っているのでしょうか?

「立ち話」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

立ち話

Meaning-Book
「立ち話」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「立ち話」の意味
  • 「立ち話」の表現の使い方
  • 「立ち話」を使った例文と意味を解釈
  • 「立ち話」の類語や類義語


「立ち話」の意味

「立ち話」という表現は、「椅子などに座らず、立ったままの状態で話すこと」を意味しています。

また、「立ち話」という言葉は、「深刻な内容の長話ではなく、立ったままでも話せるような軽い内容や趣旨の話」といった意味合いも持っています。

  • 「立ち話」の読み方

「立ち話」の読み方

「立ち話」の読み方は、「たちばなし」になります。



「立ち話」の表現の使い方

「立ち話」の表現の使い方を紹介します。

「立ち話」の表現の使い方、「その相手と、座らずに立った状態のままで軽く話すような場合」に使うという使い方になります。

例えば、「昨日もその友人と帰りがけに立ち話をしました」などの文章で使えます。

また「立ち話」という表現には、「立った状態のままでも話せる程度の軽い内容の話」を指して使うという使い方もあります。

例えば、「立ち話で済みますので、少しお付き合いください」といった文章で使われます。

「立ち話」を使った例文と意味を解釈

「立ち話」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「立ち話」を使った例文1
  • 「立ち話」を使った例文2

「立ち話」を使った例文1

「昨日の放課後は、クラスの友達と下駄箱の前で30分ほど立ち話をしてから帰りました」

この「立ち話」を使った例文は、「立ち話」という表現を、「クラスの友達と下駄箱の前で、30分ほど立った状態のまま話をしてから帰った」という意味を持つ文章で使っています。

「立ち話」を使った例文2

「立ち話でも十分に説明できる内容なので、今お伝えしてもそんなに長い時間はかからないと思います」

この「立ち話」を使った例文は、「立った状態のまま軽く(短く)話しても十分に説明できる内容なので」という意味合いで、「立ち話」の表現を使用しています。



「立ち話」の類語や類義語

「立ち話」の類語や類義語を紹介します。

  • 「雑談」【ざつだん】
  • 「簡単な話」【かんたんなはなし】

「雑談」【ざつだん】

「雑談」という表現は、「特別に重要な内容ではないとりとめのない会話」「当たり障りのない話題を元にして軽く話すこと」を意味しています。

その意味合いから、「雑談」という表現を、「立ったままでも話せる程度の軽い内容の話」を示す「立ち話」の類語として解釈できます。

「簡単な話」【かんたんなはなし】

「立ち話」という言葉は、「座らずに立ったままでも話せる程度の軽くて短い簡単な話」のことを意味しています。

「簡単な話」という表現は、「難しくない分かりやすい内容の軽い話」「シリアスではない気楽に話せる内容の話」という意味合いを持っています。

これらの意味から、「立ち話」と類似の意味を持つ類義語として、「簡単な話」を指摘できるのです。

icon まとめ

この記事で解説した「立ち話」の表現には、「座らずに立ったまま話をすること」「立ったままでも話せるような軽くて短い内容の話」などの意味があります。

「立ち話」の類語・類義語として、「雑談」「簡単な話」などがあります。

「立ち話」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。