意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「免許返納」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

時事問題の話をしていると「免許返納」という言葉が使われることがあります。

一体どの様な意味なのか、類語や例文なども併せて紹介します。

免許返納

Meaning-Book
「免許返納」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「免許返納」の意味
  • 「免許返納」の表現の使い方
  • 「免許返納」を使った例文と意味を解釈
  • 「免許返納」の類語や類義語


「免許返納」の意味

「免許返納」は、正式には「運転免許自主返納」といい、「高齢者がまだ有効期限の残っている運転免許を差し戻すこと」という意味です。

国から交付されている運転免許の申請を取り消すことを言います。

近年、日本では高齢ドライバーが増えて、操作ミスによる人身事故が多発している為に、1988年4月に導入された制度です。

日本では運転免許が身分証明書代わりになることも多く、免許証を返却してしまうと様々な手続きがしにくくなるというデメリットが生じた為に、2002年には身分証明書の代わりに使える「運転経歴証明書」が発行される様になりました。

大物俳優も「免許返納」をしたことで話題になり、2019年の流行語大賞にもノミネートされました。

  • 「免許返納」の読み方
  • 「免許返納」を分解して解釈

「免許返納」の読み方

「免許返納」の読み方は、「めんきょへんのう」になります。

四字熟語ですが「免許」「返納」に分けて読めば難しい漢字ではありません。

「免許返納」を分解して解釈

「免許返納」「免許」「返納」が組合わさった複合語です。

「免許」とは、「ある特定の行為に対して行政から許可されること」「法令により、一般的に禁止されている行為を特定の人や場合にのみ許可すること」という意味です。

「免許」には「医師免許」「調理師免許」など数多くがありますが、「免許返納」の場合は「自動車運転免許」のことです。

「返納」とは「お金やものを元の場所や持ち主に返し納めること」という意味です。

「免許返納」「自動車運転免許を行政に返し納めること」になります。



「免許返納」の表現の使い方

「免許返納」の表現の使い方を紹介します。

  • 文法的な使い方
  • 「返納」と「返却」の使い分け

文法的な使い方

「免許返納」は名詞であり、文末に使う時には動詞を伴った「免許返納する・した」になります。

既に複合語であり、特に変化形はありません。

「返納」と「返却」の使い分け

「免許返納」「免許返却」と言われないのは、以下の様な使い分けがあるからです。

「返納」「行政から交付されているものを返すこと」という意味です。

「返却」「貸出されていたものを返すこと」という意味です。

「免許返納」を使った例文と意味を解釈

「免許返納」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「免許返納」を使った例文1
  • 「免許返納」を使った例文2

「免許返納」を使った例文1

「祖父が免許返納をした」

自分の祖父が、高齢により車の運転に不安があったので、免許を返納したことを表しています。

「免許返納」を使った例文2

「田舎で車がないと暮らせないので、免許返納は難しい」

地方で交通の便が全くない場合、免許を返納すると全く外出できなくなってしまうという問題があります。



「免許返納」の類語や類義語

「免許返納」の類語や類義語を紹介します。

  • 「自主返納」【じしゅへんのう】
  • 「運転をリタイヤする」【うんてんをりたいやする】

「自主返納」【じしゅへんのう】

「自分の意志で交付されたものを返すこと」で、「免許返納」の言い換えとして使われています。

「運転をリタイヤする」【うんてんをりたいやする】

「車の運転を引退すること」という意味です。

icon まとめ

「免許返納」「高齢者がまだ有効期限の残っている運転免許を差し戻すこと」という意味です。

制度ができた背景をよく踏まえて使う様にしましょう。