意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「日本初上陸」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「日本初上陸」という表現は「このドイツメーカーのデザインセンスのある車は、日本初上陸した高級車になります」などの文章で使われますが、「日本初上陸」の表現はどんな意味を持っているのでしょうか?

「日本初上陸」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

日本初上陸

Meaning-Book
「日本初上陸」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「日本初上陸」の意味
  • 「日本初上陸」の表現の使い方
  • 「日本初上陸」を使った例文と意味を解釈
  • 「日本初上陸」の類語や類義語


「日本初上陸」の意味

「日本初上陸」という表現は、「外国の文物・人物・作品などが、日本という国に初めて国境を越えてやって来ること」を意味しています。

「日本初上陸」というのは、「今まで日本国内に無かった外国のもの・作品などが、日本に初めて到来(上陸)したり公開(開放)されたりすること」を意味している表現なのです。

  • 「日本初上陸」の読み方

「日本初上陸」の読み方

「日本初上陸」の読み方は、「にほんはつじょうりく」になります。



「日本初上陸」の表現の使い方

「日本初上陸」の表現の使い方を紹介します。

「日本初上陸」の表現の使い方は、「外国の商品・文物・人物などが、日本に初めてやってきた時」に使うという使い方になります。

例えば、「日本で未公開の多くの作品を含むバンクシー展が、日本初上陸することが決まりました」といった文章で使うことができます。

「日本初上陸」を使った例文と意味を解釈

「日本初上陸」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「日本初上陸」を使った例文1
  • 「日本初上陸」を使った例文2

「日本初上陸」を使った例文1

「日本初上陸した台湾にあるタピオカミルクティー専門店が大人気で、いつもお店の前に長蛇の列ができています」

この「日本初上陸」を使った例文は、「日本に初めてやって来た台湾にあるタピオカミルクティー専門店が大人気で」という意味を持つ文脈で、「日本初上陸」の表現を使っています。

「日本初上陸」を使った例文2

「アメリカで若者を中心に強い支持を集めているアパレルメーカーのブランドが日本初上陸しました」

この「日本初上陸」を使った例文は、「日本初上陸」という表現を、「アメリカで若者に支持されているアパレルメーカーのブランドが日本に初めて到来して売られ始めた」という意味合いで使用しています。



「日本初上陸」の類語や類義語

「日本初上陸」の類語や類義語を紹介します。

  • 「初めての来日」【はじめてのらいにち】
  • 「本邦初公開」【ほんぽうはつこうかい】

「初めての来日」【はじめてのらいにち】

「日本初上陸」という表現は、「外国の商品・作品・人物などが初めて日本に来日してやってくること」を意味しています。

「来日」というのは、「日本に来ること・日本を訪問すること」を意味している表現です。

その意味合いから、「日本初上陸」とよく似た類語(シソーラス)として、「初めての来日」を指摘できます。

「本邦初公開」【ほんぽうはつこうかい】

「本邦初公開」という表現は、「この国(我が国・日本)で初めて、大勢の人が見られるようにおおやけの場に開放されること」を意味しています。

この意味から、「本邦初公開」の表現を、「日本に初めて外国のものがやってくること」を意味する「日本初上陸」の類義語として解釈することができます。

icon まとめ

この記事で説明した「日本初上陸」の表現には、「外国の商品・作品・文物・人物などが、日本に初めて到来すること」などの意味があります。

「日本初上陸」の類語・類義語として、「初めての来日」「本邦初公開」などがあります。

「日本初上陸」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。