意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「本邦初公開」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「本邦初公開」という表現は「本邦初公開となるこの彫刻作品には卓越した躍動感があります」などの文章で使われますが、「本邦初公開」にはどのような意味があるのでしょうか?

「本邦初公開」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

本邦初公開

Meaning-Book
「本邦初公開」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「本邦初公開」の意味
  • 「本邦初公開」の表現の使い方
  • 「本邦初公開」を使った例文と意味を解釈
  • 「本邦初公開」の類語や類義語


「本邦初公開」の意味

「本邦初公開」という表現は、「この国(この情報を発表している国)において、映画・映像・文章・芸術作品などが初めておおやけの場に開放されること」を意味しています。

「本邦初公開」というのは、「この国(我が国)において初めて、その作品の閲覧・観覧・使用・入場などが幅広い人たちに許されること」を意味している表現なのです。

  • 「本邦初公開」の読み方

「本邦初公開」の読み方

「本邦初公開」の読み方は、「ほんぽうはつこうかい」になります。



「本邦初公開」の表現の使い方

「本邦初公開」の表現の使い方を紹介します。

「本邦初公開」の表現の使い方は、「ある映画・映像・文章・芸術作品などが、この国で初めて大勢の人たちに開示(公開)されて見られる状態になった時」に使うという使い方になります。

例えば、「本邦初公開となるこの劇場作品(映画)には、今までになかった特殊映像技術(VFX)が惜しみなく使われていました」といった文章で、この表現を適切に使用することができます。

「本邦初公開」を使った例文と意味を解釈

「本邦初公開」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「本邦初公開」を使った例文1
  • 「本邦初公開」を使った例文2

「本邦初公開」を使った例文1

「本邦初公開となるアメリカのR18の映画を鑑賞しましたが、ショッキングな内容や表現も多いので見る人を選ぶ映画でした」

この「本邦初公開」を使った例文は、「この国で初めておおやけの場で(入場料を払って)見られるようになったアメリカのR18の映画」という意味を持つ文脈で、「本邦初公開」という表現を使用しています。

「本邦初公開」を使った例文2

「この古代ローマ帝国の時代に作られたとされる素晴らしい彫像は、本邦初公開ということです」

この「本邦初公開」を使った例文は、「この古代ローマ帝国の時代に作られたとされる素晴らしい彫像は、我が国で初めて大勢の人たちが見られるように開放されたということです」を意味しています。



「本邦初公開」の類語や類義語

「本邦初公開」の類語や類義語を紹介します。

  • 「日本初公開」【にほんはつこうかい】
  • 「我が国で初めて開放」【わがくにではじめてかいほう】

「日本初公開」【にほんはつこうかい】

「本邦初公開」という表現は、「この国で初めておおやけの場に公開・開示されたこと」を意味しています。

「本邦(ほんぽう)」という言葉は日本では「日本の国」を指示していますから、「本邦初公開」とほぼ同じ意味合いを持つ類語(シソーラス)として、「日本初公開」を上げることができます。

「我が国で初めて開放」【わがくにではじめてかいほう】

「本邦初公開」という表現は、「我が国(この国)で初めて、おおやけの場に出されて開放されたこと」を意味しています。

「開放」という言葉は、「外に向けて開くこと」「大勢の人たちに向けて開くこと(大勢の人たちが参加・使用・閲覧できるようにすること)」の意味合いを持っています。

それらの意味合いから、「本邦初公開」と近しい類似の意味を持つ類義語として、「我が国で初めて開放」という表現を指摘できます。

icon まとめ

この記事で解説した「本邦初公開」の表現には、「各種の作品・事物を、この国で初めておおやけの場に出して開放すること」などの意味があります。

「本邦初公開」の類語・類義語として、「日本初公開」「我が国で初めて開放」などがあります。

「本邦初公開」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。