意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「沈痛」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「沈痛」という表現は「あの時の母親が見せた沈痛な表情が、いつまでも私の脳裏に残っていました」などの文章で使われますが、「沈痛」にはどのような意味があるのでしょうか?

「沈痛」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

沈痛

Meaning-Book
「沈痛」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「沈痛」の意味
  • 「沈痛」の表現の使い方
  • 「沈痛」を使った例文と意味を解釈
  • 「沈痛」の類語や類義語


「沈痛」の意味

「沈痛」という表現は、「何か大きな失敗(挫折)・喪失・加害(被害)を経験したりしたことが原因で、とても強い悲哀・心配を感じて胸(心)を痛めること」を意味しています。

「沈痛」というのは、「何らかの失敗・喪失体験などが引き金になって、非常に深い悲しみ・不安(心配)に沈んで、心理的苦痛を感じること」を意味している表現なのです。

  • 「沈痛」の読み方

「沈痛」の読み方

「沈痛」の読み方は、「ちんつう」になります。



「沈痛」の表現の使い方

「沈痛」の表現の使い方を紹介します。

「沈痛」の表現の使い方は、「何か大きな失敗・喪失・加害(被害)などを経験したことが原因となって、とても強い悲哀・心配を感じて胸を痛めている場合」に使うという使い方になります。

例えば、「私はあの人の人生を台無しにしてしまったという罪悪感から、10年以上も沈痛な気持ちに苦しめられてきました」といった文章で、「沈痛」という表現を適切に使えます。

「沈痛」を使った例文と意味を解釈

「沈痛」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「沈痛」を使った例文1
  • 「沈痛」を使った例文2

「沈痛」を使った例文1

「放課後の教室で偶然に先生を見かけたのですが、沈痛な面持ちをして何かを真剣に考え込んでいました」

この「沈痛」を使った例文は、「沈痛」という表現を、「非常に深い悲しみ・不安を感じて胸を痛めているような顔つきをして」という意味合いで使っています。

「沈痛」を使った例文2

「子供を不慮の事故で亡くしてしまった親の沈痛な心情というのは、経験した人でないと分かるはずがないと思います」

この「沈痛」を使った例文は、「子供を亡くした親の、深い悲しみと苦痛を感じている痛ましい心情というのは」の意味を持つ文脈で、「沈痛」という表現を使用しています。



「沈痛」の類語や類義語

「沈痛」の類語や類義語を紹介します。

  • 「悲痛」【ひつう】
  • 「悲愴」【ひそう】

「悲痛」【ひつう】

「悲痛」という表現は、「何かで失敗・挫折・喪失を経験することで、非常に強い悲しみを感じて心を痛めること」を意味しています。

その意味合いから、「悲痛」という表現は、「とても深い悲しみ・不安を感じて胸を痛めること」を示す「沈痛」とほぼ同じような意味を持つ類語(シソーラス)として解釈できます。

「悲愴」【ひそう】

「悲愴」という言葉は、「大きな失敗(挫折)をしたり喪失を経験したりしたことなどが原因で起こる、とても悲しくて痛ましいさま・雰囲気」のことを意味しています。

この意味から、「何かの失敗・喪失が引き金になって、とても深刻な悲哀・心理的苦痛を感じること」を意味する「沈痛」の類義語として、「悲愴」という表現を上げることができるのです。

icon まとめ

この記事で説明した「沈痛」の表現には、「何かで大きな失敗をしたり喪失を経験したりして、非常に強い悲しみ・心配を感じて胸(心)を痛めること」などの意味があります。

「沈痛」の類語・類義語として、「悲痛」「悲愴」などがあります。

「沈痛」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。