意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「悲痛」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「悲痛」という表現は「飼っていた愛犬が病気で衰弱した時には、悲痛な思いに襲われました」などの文章で使われますが、「悲痛」の表現はどのような意味を持っているのでしょうか?

「悲痛」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

悲痛

Meaning-Book
「悲痛」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「悲痛」の意味
  • 「悲痛」の表現の使い方
  • 「悲痛」を使った例文と意味を解釈
  • 「悲痛」の類語や類義語


「悲痛」の意味

「悲痛」という表現は、「非常に強い悲しみの気持ちを感じて心が痛むこと」「悲哀と苦痛に襲われるような非常につらい心理状態」を意味しています。

「悲痛」というのは、「何かを失ったことが原因で、耐えがたいほどの悲しみの感情を感じることで心が強く痛むさま」を意味している表現なのです。

  • 「悲痛」の読み方

「悲痛」の読み方

「悲痛」の読み方は、「ひつう」になります。



「悲痛」の表現の使い方

「悲痛」の表現の使い方を紹介します。

「悲痛」の表現の使い方は、「何か大きな失敗をしたり喪失を経験したりして、非常に強い悲しみと心理的な苦痛を感じている場合」に使うという使い方になります。

例えば、「大切な人との別れを経験した時には、誰でも悲痛な気持ちになるものです」といった文章で、「悲痛」という表現を正しく使用することができます。

「悲痛」を使った例文と意味を解釈

「悲痛」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「悲痛」を使った例文1
  • 「悲痛」を使った例文2

「悲痛」を使った例文1

「母親を病気で亡くしたばかりで重要なビジネスのプレゼンに参加している彼は、いつもとはまったく違った悲痛な面持ちをしていました」

この「悲痛」を使った例文は、「悲痛」という表現を、「いつもとはまったく違ったとても強い悲哀と苦痛を感じている顔つき・表情をしていた」という意味合いで使用しています。

「悲痛」を使った例文2

「自分の不注意のせいで、まだ幼い子供をはねて大怪我を負わせてしまったため、ずっと悲痛な気持ちに苦しんできました」

この「悲痛」を使った例文は、「ずっと非常に悲しくて心に痛みを感じる気持ちに苦しんできた」という意味を持つ文章で、「悲痛」の表現を使っています。



「悲痛」の類語や類義語

「悲痛」の類語や類義語を紹介します。

  • 「悲愴」【ひそう】
  • 「沈痛」【ちんつう】

「悲愴」【ひそう】

「悲愴」という表現は、「何かで大きな失敗や喪失をしたことなどが原因になって生じている、非常に悲しくて痛ましい様子・雰囲気」のことを意味しています。

この意味合いから、「悲愴」という表現を、「とても強い悲哀と苦痛を感じること」を示す「悲痛」とよく似た類語(シソーラス)として解釈できます。

「沈痛」【ちんつう】

「沈痛」という言葉は、「非常に深刻な悲しみや不安なことがあって、強く心を痛めているさま」を意味しています。

その意味から、「非常に深い悲しみの感情を感じて、心をひどく痛めること」を意味する「悲痛」と近しい類似の意味を持っている類義語として、「沈痛」という表現を指摘することができます。

icon まとめ

この記事で紹介した「悲痛」の表現には、「とても強い悲しみの気持ちを感じて、心がひどく痛むこと」などの意味があります。

「悲痛」の類語・類義語として、「悲愴」「沈痛」などがあります。

「悲痛」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。


関連語



関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。