意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「一心精進」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「一心精進」という表現は「若い頃から寝る間も惜しんで一心精進してこの道を極めてきました」などの文章で使われますが、「一心精進」はどんな意味を持っているのでしょうか?

「一心精進」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

一心精進

Meaning-Book
「一心精進」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「一心精進」の意味
  • 「一心精進」の表現の使い方
  • 「一心精進」を使った例文と意味を解釈
  • 「一心精進」の類語や類義語


「一心精進」の意味

「一心精進」という表現は、「自分の心(精神)を一つの物事・課題に集中して、一生懸命に励むこと」を意味しています。

「一心」「一つの事柄に心を集中すること」「精進」は元は仏教用語で「身を清めて仏道修行に励むこと」を意味しています。

「一心精進」というのは、「他のことには脇目も振らずに一つの物事だけに集中して、その物事(腕前)が上達するために努力すること」を意味している表現なのです。

  • 「一心精進」の読み方

「一心精進」の読み方

「一心精進」の読み方は、「いっしんしょうじん」になります。



「一心精進」の表現の使い方

「一心精進」の表現の使い方を紹介します。

「一心精進」の表現の使い方は、「一つの物事だけに意識を集中して、ひたすらに励む場合」に使うという使い方になります。

例えば、「一心精進するだけの覚悟がなければ、一人前の職人として大成することはできないでしょう」といった文章で使うことができます。

「一心精進」を使った例文と意味を解釈

「一心精進」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「一心精進」を使った例文1
  • 「一心精進」を使った例文2

「一心精進」を使った例文1

「私は国家試験に合格するために、一切の誘惑を断ち切って一心精進して勉強する日々を送ってきました」

この「一心精進」を使った例文は、「一切の誘惑を断ち切って、国家試験の勉強だけに心を集中させて励む日々」という意味で、「一心精進」の表現を使用しています。

「一心精進」を使った例文2

「その人が一流のシェフにまで成長できるかは、追い込まれた状況で一心精進できるかどうかにかかっています」

この「一心精進」を使った例文は、「一心精進」という表現を、「追い込まれた状況で心を料理のことだけに集中して必死に努力できるかどうかにかかっている」という意味を持つ文章で使っています。



「一心精進」の類語や類義語

「一心精進」の類語や類義語を紹介します。

  • 「一意専心」【いちいせんしん】
  • 「只管打座」【しかんたざ】

「一意専心」【いちいせんしん】

「一意専心」という四字熟語の表現は、「自分の意志(心)を一つの物事だけにもっぱら集中させること」を意味しています。

その意味合いから、「一意専心」の表現を、一つの事柄に心を集中させて努めることを示す「一心精進」の類語(シソーラス)として解釈できるのです。

「只管打座」【しかんたざ】

「只管打座」という仏教の禅宗に由来する四字熟語は、「一切の雑念を捨てて、ただひたすらに座禅を組んで座り続けること」「ただ座り続けることだけに集中すること」を意味しています。

この意味から、一つの物事だけにひたすら集中する「一心精進」と良く似た類義語として、「只管打座」の表現を指摘できます。

icon まとめ

この記事で紹介した「一心精進」の表現には、「自分の心を一つの物事だけに集中させて、上達するように懸命な努力をすること」などの意味があります。

「一心精進」の類語・類義語として、「一意専心」「只管打座」などがあります。

「一心精進」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。