意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「熱戦」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「熱戦」という表現は「今年の夏も高校野球の全国大会で、各校が熱戦を繰り広げてくれました」などの文章で使われますが、「熱戦」にはどのような意味があるのでしょうか?

「熱戦」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

熱戦

Meaning-Book
「熱戦」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「熱戦」の意味
  • 「熱戦」の表現の使い方
  • 「熱戦」を使った例文と意味を解釈
  • 「熱戦」の類語や類義語


「熱戦」の意味

「熱戦」という表現は、「選手・観客(応援)・会場の雰囲気や会場に、熱のこもっている戦い・試合(勝負)」のことを意味しています。

「熱戦」というのは、「選手と観客(応援のサポーター)が熱気を帯びていて興奮している試合・勝負」のことを意味している表現なのです。

  • 「熱戦」の読み方

「熱戦」の読み方

「熱戦」の読み方は、「ねっせん」になります。



「熱戦」の表現の使い方

「熱戦」の表現の使い方を紹介します。

「熱戦」の表現の使い方は、「選手・観客(会場)が熱気を帯びて興奮している勝負・試合」のことを指示して使うという使い方になります。

例えば、「双方のチームの選手たちが後悔することのない熱戦を期待したいと思います」といった文章で、「熱戦」という表現を適切に使用することができます。

「熱戦」を使った例文と意味を解釈

「熱戦」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「熱戦」を使った例文1
  • 「熱戦」を使った例文2

「熱戦」を使った例文1

「サッカーのワールドカップでは、数え切れないくらいの国民感情がぶつかり合う熱戦が繰り広げられます」

この「熱戦」を使った例文は、「熱戦」の表現を、「サッカーのワールドカップでは、数え切れないくらいの国民感情がぶつかり合う形で、熱気を帯びた興奮する試合が繰り広げられる」という意味を持つ文章で使用しています。

「熱戦」を使った例文2

「先週の熱戦で選手たちは全力を出し切っていたので、今日の試合ではいつもよりも選手の動きが極端に悪くなっていました」

この「熱戦」を使った例文は、「先週、熱のこもった本気でぶつかり合う勝負・試合で、選手たちは全力を出し切っていたので」という意味合いの文章で、「熱戦」という表現を使っています。



「熱戦」の類語や類義語

「熱戦」の類語や類義語を紹介します。

  • 「白熱した試合」【はくねつしたしあい】
  • 「激闘」【げきとう】

「白熱した試合」【はくねつしたしあい】

「白熱した試合」という表現は、「会場の雰囲気・選手(観客)の感情などが、極度に熱を帯びていて興奮した試合」のことを意味しています。

この意味から、「選手・観客に熱気があってエキサイトしている戦いや試合」のことを意味する「熱戦」とよく似た類語(シソーラス)として、「白熱した試合」という表現を指摘することができます。

「激闘」【げきとう】

「激闘」という表現は、「実力がせめぎ合っていて本気でぶつかる激しい戦い」「勢いがあって激しく戦うこと」を意味しています。

その意味合いから、「激闘」という表現を、「熱のこもった激しい戦い」のことを示す「熱戦」の類義語として上げることができます。

icon まとめ

この記事で紹介した「熱戦」の表現には、「選手や観客が熱気を帯びてぶつかり合う激しい戦い・試合」などの意味があります。

「熱戦」の類語・類義語として、「白熱した試合」「激闘」などがあります。

「熱戦」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。