意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「二度」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「二度」という表現は「二度、相手の自宅を訪問してインターホンを鳴らしましたがまったく応答がありませんでした」などの文章で使われますが、「二度」はどのような意味を持っているのでしょうか?

「二度」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

二度

Meaning-Book
「二度」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「二度」の意味
  • 「二度」の表現の使い方
  • 「二度」を使った例文と意味を解釈
  • 「二度」の類語や類義語


「二度」の意味

「二度」という表現は、「一度目(一回目)ではなく、二度目(二回目)」「同じ行為を二回するさま」を意味しています。

「二度」というのは、「ある物事・行為をもう一度すること」「二回目の行為をするさま」を意味している表現なのです。

また「二度」には、「温度が二度であること」「物事の程度を何段階かに分類した場合の一つの段階(二度の火傷など)」の意味合いもあります。

  • 「二度」の読み方

「二度」の読み方

「二度」の読み方は、「にど」になります。



「二度」の表現の使い方

「二度」の表現の使い方を紹介します。

「二度」の表現の使い方は、「ある物事・行為が、一回目ではなく二回目であることを示す時」に使うという使い方になります。

例えば、「彼が奇抜なファッションをして待ち合わせ場所に来たので二度見してしまいました」などの文章で使用できます。

また「二度」の表現は、「温度が二度であるさま」「物事の程度の一つの段階」という意味合いでも使うことが可能です。

「二度」を使った例文と意味を解釈

「二度」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「二度」を使った例文1
  • 「二度」を使った例文2

「二度」を使った例文1

「今日は昼間に二度寝して疲れを取ったので、深夜までの作業も頑張ることができると思います」

この「二度」を使った例文は、「二度」の表現を、「今日は昼間に二回寝て疲れを取ったので」という意味合いで使用しています。

「二度」を使った例文2

「過去の失敗を思い出すと今でも悔しいので、二度と同じ失敗をするつもりはありません」

この「二度」を使った例文は、「二回繰り返して同じ失敗をするつもりはない」という意味を持つ文脈で、「二度」という表現を使っています。



「二度」の類語や類義語

「二度」の類語や類義語を紹介します。

  • 「二回」【にかい】
  • 「再び」【ふたたび】

「二回」【にかい】

「二度」という表現は、「一回目(一度目)ではなく二回目(二度目)であること」「同じ行動をもう一回するさま」を意味しています。

その意味合いから、「二度」とほぼ同じ意味を持っている類語(シソーラス)として、「二回」という表現を上げることができます。

「再び」【ふたたび】

「二度」という言葉は、「同じ物事・行為を一度だけではなくて再びするさま」「再び(もう一度)同じ行動を繰り返してすること」を意味しています。

「再び」というのは、「もう一度・繰り返して」を意味する言葉です。

これらの意味から、「再び」という表現を、「二度」と類似の意味を持つ類義語として解釈できます。

icon まとめ

この記事で説明した「二度」の表現には、「一回目(一度目)ではなく二回目(二度目)」「同じ物事・行為をもう一度繰り返すさま」などの意味があります。

「二度」の類語・類義語として、「二回」「再び」などがあります。

「二度」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。