意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「伝播」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「伝播」という表現は「この儒教の知識は中国大陸から半島経由で伝播しました」などの文章で使われますが、「伝播」の表現はどんな意味を持っているのでしょうか?

「伝播」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

伝播

Meaning-Book
「伝播」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「伝播」の意味
  • 「伝播」の表現の使い方
  • 「伝播」を使った例文と意味を解釈
  • 「伝播」の類語や類義語


「伝播」の意味

「伝播」という表現は、「ある物事・知識・方法などが、伝わって広まること」を意味しています。

「伝播」というのは、「ある物事・技術・習慣などが、広い範囲に伝わること」を意味している表現なのです。

また「伝播」には、「物理学的に波動が媒質の中を広がっていくさま」という意味合いも持っています。

  • 「伝播」の読み方

「伝播」の読み方

「伝播」の読み方は、「でんぱ」になります。



「伝播」の表現の使い方

「伝播」の表現の使い方を紹介します。

「伝播」の表現の使い方は、「ある物事・知識・技術などが、伝わって広い範囲へと広まる場合」に使うという使い方になります。

例えば、「関西地方から関東地方に伝播した言葉・習慣についてリサーチしています」などの文章で使うことができます。

「伝播」を使った例文と意味を解釈

「伝播」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「伝播」を使った例文1
  • 「伝播」を使った例文2

「伝播」を使った例文1

「古代から中世の時代にかけて、鉄器・刀剣の製造技術が全国に伝播していった経路を詳しく調べているところです」

この「伝播」を使った例文は、「伝播」という表現を、「鉄器・刀剣の製造技術が全国の広い範囲に伝わっていった経路を詳しく調べている」という意味を持つ文章で使っています。

「伝播」を使った例文2

「キリスト教・仏教・イスラム教といった世界宗教が、世界各地にまで伝播していった凄まじい布教の原動力には驚嘆してしまいます」

この「伝播」を使った例文は、「世界各地にまで伝わって広まっていった凄まじい布教の原動力」といった意味合いで、「伝播」という表現を使用しています。



「伝播」の類語や類義語

「伝播」の類語や類義語を紹介します。

  • 「波及」【はきゅう】
  • 「伝染」【でんせん】

「波及」【はきゅう】

「波及」という表現は、「物事・行為の影響が、波(波紋)のようにして少しずつ周囲にまで広がっていくこと」を意味しています。

その意味合いから、「物事が伝わって広まるさま」を示す「伝播」と良く似た意味を持つ類語(シソーラス)として、「波及」という表現を上げることができるのです。

「伝染」【でんせん】

「伝染」という表現は、「他の生物の体内に病原体が侵入・増殖して病気になること、感染すること」を意味しています。

また、「伝染」には「物事の状態・傾向などが、他の人・物にも伝わって類似の状態が発生すること」の意味合いもあります。

この意味から、「伝染」という表現を、「物事・知識などが広い範囲に伝わること」を示す「伝播」の類義語として解釈することができます。

icon まとめ

この記事で解説した「伝播」の表現には、「ある物事・方法が広い範囲へと伝わっていくこと」「波動が媒質の中を伝わっていく物理学的な現象」などの意味があります。

「伝播」の類語・類義語として、「波及」「伝染」などがあります。

「伝播」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。