意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「劣等感」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

職場やプライベートでの会話で「劣等感」という言葉が使われることがあります。

一体どの様な意味なのか、類語や例文なども併せて紹介します。

劣等感

Meaning-Book
「劣等感」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「劣等感」の意味
  • 「劣等感」の表現の使い方
  • 「劣等感」を使った例文と意味を解釈
  • 「劣等感」の類語や類義語


「劣等感」の意味

「劣等感」の意味は、「自分が他人よりも程度が低い存在だと思うネガティブな気持ちのこと」です。

自分に欠点がある、苦手なものがあるという意識が強く、人にはそれがないことで自分は程度が低い、劣っていると思い悩むことを言います。

実際に人はそこまで気にしておらず、人には別の部分で自分よりも劣っている部分があるのに、そのことに目が向かずにネガティブな感情に支配されている状態を表します。

自分に自信が持てず、常に人と自分を比較して評価を付ける性格の人が持つ感情です。

  • 「劣等感」の読み方
  • 「劣等感」の言葉の成り立ち

「劣等感」の読み方

「劣等感」の読み方は、「れっとうかん」になります。

日常会話でよく使われる表現ですので読み書きできる様にしておきましょう。

「劣等感」の言葉の成り立ち

「劣等感」「劣」「劣ること」という意味、「等」「段階・階級」という意味です。

「劣等」「等級や程度などが、平均的な水準よりも低いこと」という意味になり、「劣等生」という言葉に素使われ、対義語は「優等」になります。

「感」「深く心が動くこと」「ものごとに接して生じる気持ち」という意味があります。

これらの言葉が組み合わさり、「平均的な水準よりも程度が低いと深く思うこと」という意味で使われています。



「劣等感」の表現の使い方

「劣等感」の表現の使い方を紹介します。

  • 文法的な使い方
  • 人には理解できないことが多い

文法的な使い方

「劣等感」は名詞ですので、文末に使う時には動詞を伴って「劣等感を持つ・持った」になります。

対義語は「優越感」で、「自分が他人よりも優れていると思う気持ち」という意味です。

人には理解できないことが多い

「劣等感」「自分で自分を劣ったものだと思ってしまうこと」という意味です。

他人からはそう見えなくても、「顔立ちが悪い」「太っている」などと思い込んでいることもあります。

人から見て「面倒くさい」「嫌味に感じる」と思われることもあるのです。

「劣等感」を使った例文と意味を解釈

「劣等感」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「劣等感」を使った例文1
  • 「劣等感」を使った例文2

「劣等感」を使った例文1

「学生時代から運動が苦手で劣等感のかたまりだった」

学生の頃から運動が苦手で、いきいきとスポーツをしている友達を見て悲観していたことを表しています。

「劣等感」を使った例文2

「彼は背が低いことに劣等感を持っている」

男性で背が低いと見た目が引き立たないことから、酷く思い悩んでいることを表しています。



「劣等感」の類語や類義語

「劣等感」の類語や類義語を紹介します。

  • 「コンプレックス」【こんぷれっくす】
  • 「引け目」【ひけめ】

「コンプレックス」【こんぷれっくす】

「人より自分が劣っていると思うこと」で、「劣等感」の英語訳として使われています。

「引け目」【ひけめ】

「人より自分の方が劣っていると気後れすること」「自分で欠点や弱みを認識すること」という意味です。

icon まとめ

「劣等感」「自分が他人よりも程度が低い存在だと思うネガティブな気持ちのこと」という意味です。

自分でどこかが劣っていると思い込んでしまっている人に対して使いましょう。