意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「目視」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「目視」という表現は「目視でその自動車にパンクやオイル切れがないことを確認しました」などの文章で使われますが、「目視」にはどのような意味があるのでしょうか?

「目視」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

目視

Meaning-Book
「目視」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「目視」の意味
  • 「目視」の表現の使い方
  • 「目視」を使った例文と意味を解釈
  • 「目視」の類語や類義語


「目視」の意味

「目視」という表現は、「自分の目で、直接的に対象(もの・人・物事)を見ること」を意味しています。

「目視」というのは、「機器を使って対象をデータとして見たり伝聞(人づて)で聞いたりするのではなく、きちんと自分の目で物事(対象)を見ること」を意味している表現なのです。

  • 「目視」の読み方

「目視」の読み方

「目視」の読み方は、「もくし」になります。



「目視」の表現の使い方

「目視」の表現の使い方を紹介します。

「目視」の表現の使い方は、「物事(もの)や人物を、実際に自分の目で見て視認する時」「データ・伝聞に頼らずに、直接的に対象を自分の目で見る場合」に使うという使い方になります。

例えば、「本当にその距離から事件現場を目視することができたのでしょうか?」といった文章で、「目視」という表現を正しく使うことができます。

「目視」を使った例文と意味を解釈

「目視」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「目視」を使った例文1
  • 「目視」を使った例文2

「目視」を使った例文1

「未確認飛行物体(UFO)をこの付近で目視した証言がありますが、その証言の信憑性には怪しい部分もあります」

この「目視」を使った例文は、「目視」という表現を、「未確認飛行物体(UFO)をこの付近で、自分の目で直接的に見たという証言」の意味を持つ文脈で使用しています。

「目視」を使った例文2

「人間が目視できる距離はそんなに長いものではないので、望遠鏡が必要なケースがあります」

この「目視」を使った例文は、「人間が実際に自分の目で見て確認することができる距離は、そんなに長いものではないので」という意味合いで、「目視」の表現を使っています。



「目視」の類語や類義語

「目視」の類語や類義語を紹介します。

  • 「視認」【しにん】
  • 「目撃」【もくげき】

「視認」【しにん】

「視認」という表現は、「もの・人物などの対象を、自分の目(視覚・視力)を使って認識すること」「対象・物事を自分の目で見て認識すること」を意味しています。

それらの意味から、「視認」という表現を、「自分の目で実際に対象を見ること」を示す「目視」と、ほぼ同じ意味合いを持つ類語として考えることができます。

「目撃」【もくげき】

「目撃」という言葉は、「ある物事・事件などが起こった現場に自分が居合わせて、実際に(直接的に)その物事を見ること」を意味しています。

この意味から、「物事・人物などを実際に自分の目で見ること」を示す「目視」と類似の意味を持つ類義語として、「目撃」という表現を指摘できます。

icon まとめ

この記事で説明した「目視」の表現には、「自分の目で直接的に対象を見ること」「データ・風聞に頼らずに、実際に自分の目で視認すること」などの意味があります。

「目視」の類語・類義語として、「視認」「目撃」などがあります。

「目視」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。