意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「目撃」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「目撃」とは、「現場に居合わせて実際に自分の目で見ること」を意味する言葉です。

「目撃」「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類語(シソーラス)や類義語」について、詳しく説明していきます。

Meaning-Book
「目撃」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「目撃」とは?
  • 「目撃」の表現の使い方
  • 「目撃」を使った例文と意味を解釈
  • 「目撃」の類語や類義語


「目撃」とは?

「目撃」という表現は、「現場に居合わせて実際に自分の目で見ること」を意味しています。

「目撃」というのは、「対象とする人物・物事・場面などを、実際に自分の目で知覚して見ること」を意味する表現なのです。

  • 「目撃」の読み方

「目撃」の読み方

「目撃」の読み方は、「もくげき」になります。



「目撃」の表現の使い方

「目撃」の表現の使い方は、「対象とする人物や物事を実際に自分の目で見た場合」に使うという使い方になります。

例えば、「殺人事件の目撃情報がまったく出てこないので、犯人の捜査が思うように進みませんでした」といった文章において、「目撃」という表現を使うことができます。

「目撃」を使った例文と意味を解釈

「目撃」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「目撃」を使った例文1
  • 「目撃」を使った例文2

「目撃」を使った例文1

「交通事故の悲惨な現場を目撃したことが、小さい子供のトラウマになって車を怖がるようになってしまいました」

この「目撃」を使った例文は、「交通事故の悲惨な現場を実際に目にしたことが、小さい子供のトラウマ(心的外傷)になって、それから車を怖がるようになってしまった」ということを意味しています。

「目撃」を使った例文2

「どんな些細な情報でも構わないので事件に関する目撃証言を手に入れることが、事件解決への第一歩につながります」

この「目撃」を使った例文は、「どんな小さな情報でも構わないので、その事件に関する実際に現場を見たという証言を手に入れることが、事件解決への第一歩につながる」ということを意味しています。



「目撃」の類語や類義語

「目撃」の類語・類義語について、分かりやすく解説していきます。

  • 「生で見る・目の当たりにする」
  • 「遭遇する・居合わせる」

「生で見る・目の当たりにする」

「目撃」の類語・類義語として、「生で見る・目の当たりにする」があります。

「目撃」という言葉は、「対象となるものを実際に生で見ること」「現場を実際に目前にすること、目の当たりにすること」を意味しています。

それらの意味から、「目撃」とほとんど同じ意味を持つ類語として、「生で見る・目の当たりにする」を上げられます。

「遭遇する・居合わせる」

「目撃」の類語・類義語には、「遭遇する・居合わせる」があります。

「目撃」という表現は、「実際にその現場に居合わせて見ること」「その現場の出来事に遭遇して見ること」を意味しています。

それらの意味から、「目撃」と近しい類似の意味を持つ類義語として、「遭遇する・居合わせる」を指摘することができます。

icon まとめ

「目撃」という言葉について解説しましたが、「目撃」には「現場に居合わせて実際に自分の目で見ること」などの意味があります。

「目撃」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「生で見る・目の当たりにする」「遭遇する・居合わせる」などがあります。

「目撃」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。