意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「黙考」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「黙考」という表現は「図書館で読書をしながら論文のテーマについて黙考していました」などの文章で使われますが、「黙考」の表現はどんな意味を持っているのでしょうか?

「黙考」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

黙考

Meaning-Book
「黙考」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「黙考」の意味
  • 「黙考」の表現の使い方
  • 「黙考」を使った例文と意味を解釈
  • 「黙考」の類語や類義語


「黙考」の意味

「黙考」という表現は、「言葉に出さずに、黙って考え込むこと」「沈黙したままで、自分の考えにふけること」を意味しています。

「黙考」という表現は「沈思黙考(ちんしもっこう)」という四字熟語の形で使われることが多いのですが、「沈思黙考」「声を出さずに沈黙した状態で、物事・問題について深く考え込むこと」の意味合いを持っています。

  • 「黙考」の読み方

「黙考」の読み方

「黙考」の読み方は、「もっこう」になります。



「黙考」の表現の使い方

「黙考」の表現の使い方を紹介します。

「黙考」の表現の使い方は、「言葉を出さずに黙ったままの状態で、物事を考える場合」に使うという使い方になります。

例えば、「小さな頃から、空き時間を使って黙考する習慣を身につけてきました」などの文章で使うことができます。

「黙考」を使った例文と意味を解釈

「黙考」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「黙考」を使った例文1
  • 「黙考」を使った例文2

「黙考」を使った例文1

「これから自分の人生の進路をどうするのかについて、しばらく一人で黙考したいと思います」

この「黙考」を使った例文は、「しばらく一人で言葉に出さず、黙ったまま考えたいと思う」という意味を持つ文章で、「黙考」という表現を使っています。

「黙考」を使った例文2

「黙考することで問題解決の糸口がつかめることもありますが、他者に自分の考えている内容を説明する必要があるケースもあります」

この「黙考」を使った例文は、「黙考」という表現を、「話さずに黙ったまま考え込むことで」という意味合いで使用しています。



「黙考」の類語や類義語

「黙考」の類語や類義語を紹介します。

  • 「熟考」【じゅっこう】
  • 「思索」【しさく】

「熟考」【じゅっこう】

「熟考」という表現は、「物事・問題状況について、十分によく考えること」「的確な判断・選択をするために、物事について深くしっかりと考えること」を意味しています。

「黙考」の表現は、「言葉に出さずに沈黙した状態で、物事を深く考え込むこと」の意味合いを持っています。

それらの意味から、「黙考」と類似の意味合いを持つ類語(シソーラス)として、「熟考」という表現を指摘できるのです。

「思索」【しさく】

「思索」という表現は、「言葉にせずに内面で、ある物事についてあれこれと思い・考えをめぐらせること」を意味しています。

その意味合いから、「言葉に出さず黙ったまま、ある物事について考えにふけること」を示す「黙考」の類義語として、「思索」という表現を上げることができるのです。

icon まとめ

この記事で紹介した「黙考」の表現には、「言葉に出さずに黙ったまま、問題・物事を深く考えること」などの意味があります。

「黙考」の類語・類義語として、「熟考」「思索」などがあります。

「黙考」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。