意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「熟考」とは?意味や言い換え!例文と解釈

「熟考」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「熟考」という言葉を使った例文や、「熟考」の類語を紹介して行きます。

熟考

Meaning-Book
「熟考」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「熟考」とは?
  • 「熟考」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「熟考」を使った例文や短文など


「熟考」とは?

「熟考」という言葉を知っているでしょうか。

「仕事について熟考した」経験がある人もいるでしょう。

一方で、「熟考」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「熟考」という言葉の意味を紹介します。

  • 「熟考」の読み方
  • 「熟考」の意味

「熟考」の読み方

「熟考」「じゅっこう」と読みます。

「じゅくこう」と読み間違えないように気を付けましょう。

これを機会に、「熟考」「じゅっこう」と読みましょう。

「熟考」の意味

「熟考」という言葉の意味を紹介します。

「熟考」には、「よくよく考えること」という意味があります。

「仕事を熟考する」という時は、仕事についてよくよく考えるという意味があります。

これからどのような仕事をするか、仕事の進め方をどうするか、転職などについてよくよく考える時、「熟考」するという言葉を使います。

このように「熟考」には、「よくよく考えること」という意味があります。



「熟考」の類語や類似表現や似た言葉

次に「熟考」の類語や類似表現を紹介します。

「熟考」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「沈思」【ちんし】
  • 「黙考」【もっこう】
  • 「静思」【せいし】

「沈思」【ちんし】

「沈思」には、「深く考え込むこと」という意味があります。

「仕事の方法を沈思する」という時は、仕事をどのように進めるべきか、深く考え込むという意味があります。

「黙考」【もっこう】

「黙考」には、「黙って考えること」という意味があります。

人によっては、誰かに相談し話しながら考えて行くタイプの人もいますが、黙って考えたい「黙考」タイプの人もいるでしょう。

誰もいない海辺などにレジャーシートを敷いて座り、今後のことを考えたいと思うタイプの人は、「黙考」型の人と言えるでしょう。

「静思」【せいし】

「静思」には「静かに思うこと」という意味があります。

山のテントに宿泊しながら、人生について静かに思う時の様子は「静思」と表現できます。

「熟考」を使った例文や短文など

続いて「熟考」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「熟考」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「熟考」を使った例文1
  • 「熟考」を使った例文2

「熟考」を使った例文1

「転職するかどうか、数か月かけて『熟考』する」

この例文には、現在の職場を離れて転職するかどうか、数か月かけてよくよく考えるという意味があります。

転職して他の職場に移ると、それまで慣れ親しんだ職場を離れることになります。

転職先によっては、身につけた技能を使えないかもしれません。

また現在の職場よりも悪いこともあり得るため、よくよく考えること、「熟考」することは大切でしょう。

「熟考」を使った例文2

「告白した後、返事をする前に『熟考』してくれと言った」

この例文は、好きな女性に気持ちを伝えた後で、付き合うかどうかの返事をすぐにせず、よくよく考えて欲しいと告げた場面になります。

ノリで付き合ったりせず、本当に自分のことが好きになれそうだと思った時だけ、付き合って欲しいという男性の意図が見えます。

とにかく付き合えれば何でもいいと思う男性もいれば、このように本当に自分を好きになってくれる女性とだけ付き合いたいと思う男性もいるでしょう。

女性も告白に対してすぐに返事をせず、「熟考」して結論を出すことは、良いことではないでしょうか。



icon まとめ

「熟考」という言葉について見てきました。

何かを決める前に、よくよく考える時、「熟考」という言葉を使ってみましょう。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。