意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「どんぐりの背比べ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「どんぐりの背比べ」という慣用句は、どの様な意味出使うのでしょうか。

由来や使い方なども併せて詳しく紹介します。

どんぐりの背比べ

Meaning-Book
「どんぐりの背比べ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「どんぐりの背比べ」の意味
  • 「どんぐりの背比べ」の表現の使い方
  • 「どんぐりの背比べ」を使った例文と意味を解釈
  • 「どんぐりの背比べ」の類語や類義語


「どんぐりの背比べ」の意味

「どんぐりの背比べ」の意味は、「どれもこれも平凡で、特に優れたものがないこと」です。

大勢の人やものがある時に、どれも代わり映えがせずに、ぱっと目立つ者がない状態で競い合っている様子を言います。

対象となるものがお互い似ているだけではなく、レベルもさほど高くなくて差がつかない時の表現です。

因みに居対象となるものが優れているものばかりで、どれを選んだら良いのか分からない時には「甲乙つけ難い」と言います。

  • 「どんぐりの背比べ」の読み方
  • 「どんぐりの背比べ」の由来

「どんぐりの背比べ」の読み方

「どんぐりの背比べ」の読み方は、「どんぐりのせいくらべ」になります。

「どんぐり」は漢字で「団栗」と表記するのですが、読むのが難しい為に平仮名表記にすることが多くなります。

「どんぐりの背比べ」の由来

「どんぐり」とは、「樫(かし)・楢(なら)・柏(かしわ)」などの樹木になる実の総称で、秋になると大量に地上に落ちてきます。

とにかく数が多いのですが、大きさや形はにほぼ大差がなく、どれがいい、どれが悪いと比較のしようがありません。

このことから、「突出したものがない」「比べても意味がない」というたとえとして使われる様になりました。

「大差がない」ということだけではなく、「小さすぎて比べる価値がない」というニュアンスもあります。



「どんぐりの背比べ」の表現の使い方

「どんぐりの背比べ」の表現の使い方を紹介します。

  • 文法的な使い方
  • 良い意味ではない

文法的な使い方

「どんぐりの背比べ」は慣用句ですので、文末に使う時には助動詞を伴って「どんぐりの背比べだ・である」になります。

たとえですので「まるで」「正に」などの言葉が付くこともあります。

良い意味ではない

「どんぐりの背比べ」は、「どれも大したことがない」という意味で、相手への評価が低いことを表します。

対象となる人や、その集団をまとめている人に対して言うと失礼にあたるので、注意しましょう。

「どんぐりの背比べ」を使った例文と意味を解釈

「どんぐりの背比べ」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「どんぐりの背比べを使った例文1
  • 「どんぐりの背比べ」を使った例文2

「どんぐりの背比べを使った例文1

「今年の新入社員は皆どんぐりの背比べだ」

新卒で入社した人達が、優れたところがなく、能力も良くて中級位で、特に優秀な人材がいないと言っています。

「どんぐりの背比べ」を使った例文2

「どれもどんぐりの背比べで選ぶのに苦労した」

コンペや芸術作品の審査で、どれも平凡で目立つところがなく、入賞者を決めるのが大変だったことを表しています。



「どんぐりの背比べ」の類語や類義語

「どんぐりの背比べ」の類語や類義語を紹介します。

  • 「五十歩百歩」【ごじっぽひゃっぽ】
  • 「似たり寄ったり」【にたりよったり】

「五十歩百歩」【ごじっぽひゃっぽ】

「少しばかり違っても、本質的には同じであること」という意味です。

「似たり寄ったり」【にたりよったり】

「どれもほぼ同じで差がないこと」という意味です。

icon まとめ

「どんぐりの背比べ」「どれもこれも平凡で、特に優れたものがないこと」という意味です。

多くのものがあるけれども、どれもぱっとしない時に使いましょう。