意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「適度」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「適度」という表現は「適度なレベルの問題で練習してから本番の試験に臨みたいと思います」などの文章で使われますが、「適度」にはどのような意味があるのでしょうか?

「適度」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

適度

Meaning-Book
「適度」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「適度」の意味
  • 「適度」の表現の使い方
  • 「適度」を使った例文と意味を解釈
  • 「適度」の類語や類義語


「適度」の意味

「適度」という表現は、「物事・行為・状態の程度がちょうど良いこと」を意味しています。

「適度」というのは、「物事・行為の程度が過大でもなく過小でもなくてほど良いこと」「物事が行き過ぎていなくてちょうど良いさま」を意味している表現なのです。

  • 「適度」の読み方

「適度」の読み方

「適度」の読み方は、「てきど」になります。



「適度」の表現の使い方

「適度」の表現の使い方を紹介します。

「適度」の表現の使い方は、「物事・行為・状態の程度が、行き過ぎておらずちょうど良い場合」に使うという使い方になります。

例えば、「適度な温度で管理していないと、花を咲かせたり実をつけたりする前に、植物は途中で枯れてしまいやすいのです」といった文章で使用することができます。

「適度」を使った例文と意味を解釈

「適度」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「適度」を使った例文1
  • 「適度」を使った例文2

「適度」を使った例文1

「糖尿病の人で血糖値を改善したいのであれば、適度な運動と栄養バランスの良い食事を心がけることが何よりも大切になってきます」

この「適度」を使った例文は、「過剰でも過小でもないちょうど良い程度の運動と栄養バランスの良い食事を心がけることが何よりも大切になってくる」という意味合いで、「適度」の表現を使用しています。

「適度」を使った例文2

「何のストレスもない人生は退屈すぎて無意味に感じてしまうので、私は適度な緊張と試練のある人生を敢えて望んでいるのです」

この「適度」を使った例文は、「適度」という表現を、「私は(強すぎも弱すぎもしない)ほど良い程度の緊張と試練のある人生を敢えて望んでいる」という意味を持つ文脈で使っています。



「適度」の類語や類義語

「適度」の類語や類義語を紹介します。

  • 「適当」【てきとう】
  • 「中ぐらい」【ちゅうぐらい】

「適当」【てきとう】

「適当」という表現は、「ある状態・目的などにちょうど良く当てはまること」「分量・物事の程度などがいい加減で程よいこと」を意味しています。

その意味合いから、「適当」という表現は、物事の程度がちょうど良いことを示す「適度」とほぼ同じような意味を持つ類語(シソーラス)として指摘できます。

「中ぐらい」【ちゅうぐらい】

「中ぐらい」という言葉は、「物事・行為の程度が極端ではなくて、普通(人並み)であること」を意味しています。

この意味から、物事・行為の程度がほど良いことを示す「適度」の類義語として、「中ぐらい」という表現を上げられるのです。

icon まとめ

この記事で解説した「適度」の表現には、「物事・行為・状態の程度が、(過大でも過小でもなくて)ちょうど良いこと」などの意味があります。

「適度」の類語・類義語として、「適当」「中ぐらい」などがあります。

「適度」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。