意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「焦燥」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「焦燥」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「焦燥」という言葉の理解を深めていきましょう。

焦燥

Meaning-Book
「焦燥」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「焦燥」の意味
  • 「焦燥」の表現の使い方
  • 「焦燥」を使った例文と意味を解釈
  • 「焦燥」の類語や類義語


「焦燥」の意味

「焦燥」とは、自分の思うようにならないことに対してイライラしたり、焦りを感じることを言います。

  • 「焦燥」の読み方

「焦燥」の読み方

「焦燥」の読み方は、「しょうそう」になります。



「焦燥」の表現の使い方

「焦燥」を使った表現を紹介します。

「焦燥」とは、思うように物事が行かない時にイライラすることや、焦ることを言い表す言葉です。

またそのような感じであるということで「焦燥感」という言い回しはよく使います。

例えば「焦燥感からか、余裕のない様子」「焦燥感でまったく眠れない」という風に使います。

他には「彼は短気な性格なので、今頃、焦燥しているはずだ」「焦燥したところで、進展するわけでもないし少しは落ち着いたらどうだ」などと使います。

「焦燥」を使った例文と意味を解釈

「焦燥」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「焦燥」を使った例文1
  • 「焦燥」を使った例文2

「焦燥」を使った例文1

「そうやって、すぐに焦燥するより、今できることをしっかりしたらどうなんだ」

自分の想定していないこと、気に入らないことがあると、すぐにイライラし始めたり、焦りを見せることを「焦燥する」と言います。

しかし思うようにならないからと言ってイライラしても仕方がないわけです。

例文は、イライラする暇があれば、今自分にできることをすべきだということを伝えているのです。

「焦燥」を使った例文2

「彼女が焦燥感から、すっかりいつもの落ち着きを失っているのがわかった」

思うように、物事が運ばない時はじれったく、そのうち焦りやイライラを感じてくるものです。

そのような感じになっていることを「焦燥感」と言います。

いつもとは違う状態で、落ち着きがないということを例文は言い表しています。



「焦燥」の類語や類義語

「焦燥」の類語や類義語を紹介します。

  • 「苛立ち」【いらだち】
  • 「むしゃくしゃ」
  • 「憤懣」【ふんまん】

「苛立ち」【いらだち】

「苛立ち」とは自分の思うようにいかない時に、イライラしている気持ちのことを言います。

「すぐに苛立ちを見せるのは、未熟な証拠だ」「さすがの彼女も、心の苛立ちを隠すことができない」などと使います。

「むしゃくしゃ」

「むしゃくしゃ」とは副詞で、腹が立って心が曇っていることを意味します。

「焦燥」という言葉を簡単に言えば「むしゃくしゃ」ということになるでしょう。

「仕事の進行が遅くむしゃくしゃしている」「彼女と喧嘩してむしゃくしゃするからやけ酒だ」という風に使います。

「憤懣」【ふんまん】

「憤懣」とは、怒ってイライラすること、憤り、もだえるほどであるという意味になります。

非常に激しく腹が立ってイライラしていることがわかる言葉でもあります。

「憤懣やる方がない」という風に使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「焦燥」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。